何もしない休日なのにリラックスできない!もしかしてそれ仕事中毒かも

スポンサーリンク

何もしない休日が不安。仕事が気になってリラックスできないのはなぜ?

例えば、これといってイベントのない暇な休日の空虚感。1日中スマホやテレビを見ながらゴロゴロ、ダラダラしてしまった休日の罪悪感。そして、日頃の疲労が溜まっていたせいか、休日を丸1日寝てしまい、起きたら夕方だったときの倦怠感。

せっかくの休日なのに何もしなかった!と思う時、心にモヤモヤとした不安やネガティブな想いでいっぱいになってしまうってこと、ありませんか。日曜日ぐらい休みたいと思うのは当たり前ですが、すでに心は月曜日の仕事に占められていて、何だか不安でリラックスできないことも。

何もしたくないと思いつつも、何か有意義なことをしなくてはと焦ることも、きっとあるのではないでしょうか。

▼仕事のことが気になって、日曜日は不安がつきまとって頭がうまく休まらない。暇つぶしにSNSを覗けば、友達の休日の充実ぶりばかり目について、自分との落差を感じて余計に落ち込んでしまう。(33歳・公務員)

▼二度寝して、起きてゴロゴロして気づけば午後6時。頭は痛いし、時間を無駄にしすぎて悲しくなる。でも、もうリカバリーできないし、そのままダラダラスマホ見ながら、録画したドラマ見て日曜日が終わる。案の定眠れないし、月曜は病む。ちゃんと会社に行けるか不安しかない。(26歳・会社員)

仕事に取り憑かれる休日の不安…罪悪感を感じる有給の消化

https://www.photo-ac.com/

日頃忙しくしている人ほど、休日は「有意義に過ごさなくてはいけない幻想」がリラックスを阻んでしまうものです。仕事に集中する余りワーカホリック気味になってしまうと、常に仕事の進捗状況が気になって、せっかくの休日も「こんなことやってる場合じゃない!」という焦りや不安、罪悪感につきまとわれてしまいがちです。

土日や祝日の休日とは別に、特に誰もが罪悪感にとらわれてしまうのが、有給を取った時だと言われています。有給は働いていれば当然の義務ですが、「みんな働いているのに、あなただけ休みをとってずるい」などと言われることだって珍しくありません。誰も有給を取ろうとしない会社や、職場の環境は、なかなか改善しない根深いものですよね。

▼みんなが休む祝日や日曜日は安心して休めるにしても、有給消化の休みは、「まぁ陰口叩かれるだろうなぁ」と思いつつ、わざと鈍感なふりをして「頑張って休む」。でもせっかくの休みなのに、だんだん心が重くなって全然休めない。仕事のメールが気になるし、不安すぎて、もういっそ会社に行かせてという気持ちになる。何のための有給か全然わからない。(36歳・会社員)

▼前に所属していた会社でうつ病で休職した人がいたけど、「この会社で有給を申請した人なんて初めて!」と女子社員が驚いてて絶望感じたことがあった。一心同体ワーカホリック感が半端ない会社で、サビ残も多くて死ぬかと思ったなぁ。月曜日に他の人より会社に到着が遅くなるとめっちゃ見られるし、無言で罪悪感えぐられた嫌な思い出」(30歳・専門職)

タイトルとURLをコピーしました