初心者でも大丈夫!簡単手作りスイーツのレシピ特集

スポンサーリンク

手作りスイーツは意外と簡単に作ることができる!

皆さんは、手作りスイーツを作ったことがありますか。クッキーやケーキやマフィンなど、たくさんのスイーツがありますが、どれも難しくて初心者の自分には無理だと思ってはいませんか。

手作りスイーツは、初心者でも簡単に作ることができるんです。スイーツは他の料理と違って、基本的にレシピ通りの分量を測り、レシピ通りの焼き時間等の調理時間を守れば、簡単にレシピ通りのスイーツが作れます。材料を正しく計ることができれば、それだけで手作りスイーツのだいたいのポイントが抑えられています。

今まで「自分は不器用だから手作りスイーツは作ることができない」、「初心者には難しい」などと思っていた人は、ぜひ手作りスイーツにトライしてみましょう。意外に簡単にできることに驚きますよ。

手作りスイーツを作る際に準備するものは?

計るもの

手作りスイーツを作るにあたって、必ず必要になるのが「計るもの」です。材料をきちんと計量することが、手作りスイーツを成功させるポイントになります。

この計るものは、重さを計る「はかり」が代表的です。粉類から液体類まで正確に計ることができます。また、計量カップや計量スプーンも揃えておくべき器具です。計量カップは、主に液体を量りますし、計量スプーンははかりや計量カップで計ることのできない少量のものを計るときに使います。

ふるうもの

きめ細やかなテキスチャーのスイーツを作るときに、この「ふるうもの」が必要になります。特にスポンジケーキを作るときに多用します。

ふるうものの代表は、ふるいやストレイナーでしょう。ふるう量によっては、茶漉し等も役に立ちます。また、このふるいやストレイナーは、ふるうだけでなく濾すこともできるので、よりきめ細やかなできあがりを求めるときには使うといいでしょう。

ふるうことで最終的なできあがりに差が出ますので、手作りスイーツに挑戦するときはぜひ常備しておくといいですよ。

混ぜるもの

スイーツを作る工程で必ずあるのが、混ぜることです。そのため、手作りスイーツを作るときには必ず「混ぜるもの」が必要になります。

混ぜるものは、泡立器や泡立てるものを入れるボウルが当てはまるでしょう。泡立器には、サイズがたくさんありますし手動のものからハンドミキサーにあるような自動のものもあります。最近ではスタンドアップ型のミキサーもあるので、おかし作りにはまって趣味になったという人は、そちらを購入するのもいいでしょう。

また、ボウルにもたくさんサイズがあります。作るスイーツによっては、湯煎にかけながら混ぜることもあるので、熱が伝わりやすいステンレス製のボウルや異なったサイズ等でいくつか持っていると便利ですよ。

同じく混ぜる道具としては、ヘラがあります。スイーツの生地を細かく練りたくない場合や、焼くために他の容器へ流し込む際等に使います。そこで、このヘラも併せて用意しておきましょう。

伸ばすもの

タルト生地やパイ生地を作るときや、クッキーを焼くときに必要になるのが「伸ばすもの」です。生地が均一に伸ばせるように、持ちやすいものを選びましょう。

この伸ばすものでは、綿棒が代表的ですよね。木の温もりが優しい素材のものから、中に氷水を入れることができる綿棒まで様々です。用途によってぴったりのものを探しましょう。

また、ペストリーボードもあると便利なものです。ペストリーボードは、スイーツの生地を切ったり伸ばしたりすることができる台で、まな板やカウンターのように生地がくっついてしまうことがありません。使用後には、台を洗うことができるので衛生的にもいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました