【早くて美味しい♪】圧力鍋を使った簡単&絶品レシピ特集

スポンサーリンク

圧力鍋を使えば、難しいメニューも時短&簡単♪

圧力鍋をあなたは使ったことありますか。圧力鍋の魅力は、短い時間で調理できるすぐれた調理器具になります。

カレーや肉じゃがなどの根菜類を多くつかった煮物、時間のかかる大豆の煮豆、ご飯をたくのにも給水時間を除くと電気炊飯器で炊くよりも短い時間で調理することができるのが、圧力鍋の凄さです。圧力が下がるまでのあいだ、他の調理をすることができるので、便利で簡単で効率よくお料理が進むでしょう。

そして、普通の鍋ではできない料理も、圧力鍋を使うことでレパートリーが増えるのも嬉しいでしょう。調理時間が短いことと重複しますが、硬い素材にも圧力が加わることで短い時間で、柔らかく味もしみやすくなるのが特徴です。

牛すじを使った料理などが手軽に作れて、魚料理も煮付けも簡単に作ることができるので重宝しちゃうことでしょう。圧力鍋の種類によっては、蒸すためのカゴがセットされている商品もあり蒸し料理にもチャレンジすることができます。

煮込み料理だけというイメージある「圧力鍋」ですが、今では多くのレシピができてお料理の幅が格段に広がることは間違いないでしょう。

そして圧力鍋の魅力に気がつくと虜になっていて、毎日のお料理が楽しくなるでしょう。圧力鍋でおかず以外にもご飯をたくこともできたりします。そして、ガス代が節約できることです。

調理時間が短くなるということは、それだけガスをつけている時間が短いということになるため、少しの時間でも短くなると月で見ていくと節約につながっているのです。IHでも同じ理由で電気代が節約になりますよ。

このように、圧力鍋を一度使い始めると毎日のお料理が楽しくて、レパートリーがどんどん増えて、お料理上手になれるでしょう。

圧力鍋の基本的な使い方は?

https://www.photo-ac.com/

圧力鍋を使ったことがないひとは、まず使い方から覚えていきましょう。そんなに難しいことはないので、ポイントをつかんでおけば圧力鍋が手放せなくなるでしょう。圧力鍋で美味しく簡単にお料理を作っちゃいましょうね。

はじめに、材料を入れて「蓋を正しくセットする」ことが大切です。材料は大きくカットしても大丈夫です。

そして次に「火にかけます」ここで火加減は、鍋底からはみ出ない程度の強火にかけて加熱していきましょう。

そのあとは、「加圧後、弱火にする」ことです。または、レシピによっては火を消しましょう。ピンが上がり始めることで、圧力鍋の中に圧力がかかっていることを示しています。このピンが上がって少し経過すると蒸気が出てくるでしょう。

その蒸気に揺らされてオモリが勢いよく振れはじめると、火を弱めてレシピに応じた時間加熱をしましょう。

その次は「放置する」です。火を止めたあとでも、圧力鍋の中では、圧力を保っているので、中ではまだグツグツと材料を煮てくれているようです。圧力を示すピンが上がったままシューシュー音がしている間は、蓋を開けずに圧力が下がるのを待つことです。

音がなり止んだら圧力が低下したサインになります。最後は蓋を開けましょう。以上が圧力鍋の基本的な使い方になります。

レシピによってはこのあとに味付けをするので、基本さえおさえておけばなんでも作ることができるでしょう。

圧力鍋で料理をする際の注意点

圧力鍋を使うときに注意する点がいくつかあります。間違った使い方をしてしまうと、大やけどや事故にもつながるのでしっかりと注意点もみておきましょう。

圧力鍋は普通の鍋とは異なり、内部に圧力をかけて調理するのでいくつか需要な部品があります。その部品に不備があれば、うまく調理できなかったり事故の原因にもなり得ます。

調理前の圧力鍋の点検ポイントをまとめましたのでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました