車に乗るのが怖い!?初心者でもリラックスして運転を楽しむヒント

新型コロナウイルスの影響で、クルマでの通勤を見直す動きが広がり、教習所やペーパードライバー研修に通うアラフォー世代が急激に増えました。大人になって通う教習所は、仕事との両立で苦労しますが、晴れて運転免許を手にした感動も大きいものです。しかし、ドライブに慣れるまでには時間がかかり、車に乗るのが怖くなることもあるのではないでしょうか。そこで、運転初心者のためにドライブ慣れのアイデアやヒントをご紹介します。これであなたもリラックスして運転できますよ。

公開日:    最終更新日:

教習所に通う会社員も激増中。車の運転の初心者ならではの悩みとは?

https://www.pexels.com/

コロナウイルスの蔓延はまだ止まる気配がありません。そんな中、少しでも感染リスクを減らすため、満員電車よりも自動車での通勤を見直そうという動きが広がっています。都会では今まで必要のなかった免許も必然的に必要になり、教習所や、ペーパードライバー研修に通うアラフォー世代も急激に増えています。

芸能人の教習所通いも度々目撃されています。大人になって通う教習所には苦労がいっぱいですが、晴れて手にした運転免許は嬉しいもの。

しかし、若葉マーク(初心運転者標識)をつけたドライバーの中には、緊張してドライブを楽しめない、車に乗ると思うとブルーになってしまうという人も少なくありません。しかし、大変な思いをして教習所に通ってやっと取った免許です。いつかは誰しも慣れて行きますが、特に初心者の間はうまくドライブに慣れていくための、さまざまな工夫も必要になるでしょう。

運転初心者が陥りがちな運転ブルー

https://www.photo-ac.com/

コロナ禍で満員電車に乗りたくないし、企業によっては全員車通勤司令が出たところもあるようです。免許がないなんて言ってられない人は教習所に通い、また、若い頃に免許は取ったものの何年、何十年も乗ってないペーパードライバーということもあるでしょう。

38歳で運転免許に挑戦し、最短18日コースで車の免許を取った、ライターのムギ助さんにお話を聞いてみました。ムギ助さんはAmazon Kindleで『アラフォー★ムギ助の自動車学校ドタバタ通学日記』 を出版され、その内容が共感を呼び、大変人気です。

会社員の車の運転免許取得は意外と大変

https://www.photo-ac.com/

「都会では車より電車が断然便利で早くて安いんですよね。車を持っていても駐車場代が毎月3万~5万かかりますし、渋滞に巻き込まれるし、維持費はかかるし非効率で免許を取らずにいる人、車を持たない人も結構多いんです。でも、新型コロナの流行で急にアラサー、アラフォーで免許を取りに行く人が増えていますよね。仕事をしながら教習所通いで、学科教習と実技教習をこなさねばならないのは、ほんとにキッツイですよ。私も38歳で自動車教習所に通いましたが、20日足らずであるにも関わらず、何年も「修行」したみたいな気分になりました」(ムギ助さん)

ムギ助さんによると、アラサー、アラフォーが運転免許を取得するためには以下のような方法があるそうです。

・毎日仕事が終わった後に教習所に通う

・週末を利用して週2日教習所に通う

・時間が確保できるなら、連休や有給を使って最短18日で通う

https://www.photo-ac.com/

「AT車で14日間、MT車で16日間と、もっとも効率よく免許を取るのは泊まり込みの「合宿免許」ですが、これはほとんどが学生メインのため、アラサー、アラフォーが若者に混じって合宿するのはかなり厳しいでしょう。これに変わるものとして、私は2週間で免許取得を目指す「超短期コース」に決めました。

教習所の休みを除いた18日間、毎日、朝から晩まで学科教習と技能教習をびっちり受けることになりますが、有給を使って通う会社員やフリーランス、主婦の方も多かったですよ。しかし、1日詰め込み型の学科教習は椅子でお尻や腰が痛くなるし、友達がいるわけでもないので緊張感がすごいです。「歳を取ると、自動車学校に通うの大変だよ」と言われる理由を実感しますよ(笑)。でも、芸能人でもアラフォーで運転免許を取った人は結構います。明石家さんまさんは34歳で取得、堺雅人さんは32歳、杉本彩さんは46歳で取得。カンニングの竹山さんも光浦靖子さんも42歳で取得しています。運転免許を取る年齢は関係ないと思ってがんばりました」(ムギ助さん)

ムギ助さんの教習の日々をつぶさに綴った『自動車学校ドタバタ通学日記』にはかなり詳しく自動車教習所の様子が書かれていますので興味のある方は一読してみてはいかがでしょうか。

そして、苦労の末に獲得した車の運転免許。これからは教習所の経験を活かして堂々と大人ドライブを楽しめます!

車の運転が怖い。初心者が陥りがちなドライブ・ブルー問題

https://www.photo-ac.com/

やっとの思いで免許を取ったのに、運転初心者がまずぶち当たる壁。それは「運転への恐怖感」ではないでしょうか。

18日間という最短コースで免許を取得したムギ助さんも、最初の数ヶ月は緊張しすぎて車を運転すると思うと急に暗い気持ちになったそうです。

「無事、免許を手にしましたが、今まで慣れていたのは助手席にブレーキのある教習車だけ。父の車で、いよいよ一人ドライブだと意気込みましたが、車種が違うとエンジン始動からサイドブレーキまで、教習所の車とは別物です。乗り慣れた教習車と違って、車体の重量をもろに感じてビビるんですよね。少しだけ走らせてみましたが、車両感覚が全くつかめず、動悸が止まらなくなりました(笑)。せっかく免許を取ったのに、車の運転が怖くて乗りたくない。でも、乗らなきゃ意味がないという、完全なドライブ・ブルー状態に陥っていましたね」(ムギ助さん)

運転初心者のドライブ・ブルーは弱点を克服すれば大丈夫

https://www.photo-ac.com/

免許とりたての運転初心者が必ず陥るドライブ・ブルーとは、ムギ助さんが言うように、「せっかく免許を取ったのに、車の運転が怖くて乗りたくない。でも、乗らなきゃ意味がない」というジレンマ状態のこと。この運転恐怖の時期は運転初心者なら誰でも感じるものです。

車に慣れれば自然と消えて行く恐れなので、心配しすぎないことも大切です。まずは、自分の運転の弱点を見つけて、ジレンマを克服できるよう、地道な練習と努力を重ねていくしかありません。

運転初心者が陥りがちなジレンマ①車の車庫入れができない

https://pixabay.com/

運転の初心者がいちばん頭を悩ませる問題が、車庫入れではないかと思います。こればかりは、車の動きを頭に入れ、勘を磨き、かつ慣れるしか方法がありません。慣れてしまえば何ということのない操作です。

「車庫の壁に激突したらどうしようという気持ちが働いて、なかなかうまく車庫入れができません。ぶつからないように確認しながら、モタモタしていると他の車が来てしまい、慌てて近所を一周し、改めて車庫入れ。こんなことばかりやっています。

ようやく車を車庫に入れることができても、車体が斜めにな っていて、それをまた調整するため疲労困憊です」『アラフォー★ムギ助の自動車学校ドタバタ通学日記』より

家族の車の「車庫入れ係」をすることでムギ助さんは毎日車庫入れの練習をしていたようです。そして経験値が上がればそれだけ上達することも実感し、10日ほどで「車庫入れ」ができるようになったとありますよ。今、車庫入れで悩んでいる方も、10日がんばれば、自然に身につくと思ってがんばってみてくださいね。

運転初心者が陥りがちなジレンマ②駐車場に入れるのが怖い

https://www.photo-ac.com/

どこかに出かけても、駐車場に入れるのが苦手て出かけられない、という状態に陥るのも運転初心者が陥りがちな悩みですよね。ほとんど満車状態になった駐車場、一台分だけ空いていても、ぶつけてしまうのが怖くて、スムーズに入れることができません。

そんな時は、多少遠くても無理せずに停められる場所、空いている場所を探しましょう。空いた場所を見つけたらパーキングの練習だってできますよ。

初心者経験談▼

カーナビを信用していたのに、慣れない道で袋小路に入り込んでヤバかった。狭い道をそろそろとバックで戻るしかなくて生きた心地がしなかった。免許とりたてで試練ありすぎ。駐車場も苦手で会社に行くのがつらい。(36歳・専門職)

運転初心者が陥りがちなジレンマ③トンネルや立体交差が怖い

https://pixabay.com/ja/

トンネルや立体交差を通るときにドキドキするという人も多いようです。特に長いトンネルを使う郊外や高速道路では避けては通れないことも多いでしょう。

運転初心者は、トンネルの中などで車両感覚や平衡感覚を失って、どこを走っているのかわからなくなるという人も少なくありません。

ムギ助さんは、トンネルで車両感覚を失いそうになるのを克服するため、ダッシュボードに蓄光テープで車道の白線に沿って目印をつけたと著書に書いていましたが、とてもいいアイデアだと思います。

運転席に座って、目印が丁度左の白線に沿って見えている限りは、自分がまっすぐに走れているとわかるのです。 こうすることで運転に安心感が生まれ、トンネル内の平衡感覚や恐怖感も消えていくことでしょう。何事も工夫しながら弱点を克服して快適なドライブをしたいものですね。

運転初心者が陥りがちなジレンマ④事故を起こすのではないかと不安

関連記事