結婚式や披露宴をしたくないカップルが急増中!本当にそれでいい?

スポンサーリンク

結婚式も披露宴もしたくないカップルが急増中!

一生に一度しかないであろう、人生の節目でもある結婚。最近は離婚率も上がってきているので、一生に一度という感覚すら古いと言われるかもしれませんが、5回も10回も人生で経験することではないですし、やはり、自分にとっても、そのご家族にとっても特別な瞬間には違いないですよね。

「結婚するんだ♡」と友人などに話したら、「結婚式は?披露宴はするの?」と当然のように聞かれることでしょう。

https://www.pexels.com/ja-jp/

しかし、「絶対に披露宴も結婚式もしたくない」という【ナシ婚】カップルがここ数年で急増しています。

その理由はカップルによってさまざまです。もちろん、義務でもありません。しかし、これまでの日本では当然のように執り行われてきた結婚式や披露宴をしたくない・やらないというのは、本当に後悔しないのでしょうか?

周りから、結婚式だけでもしたら?など、大切な思い出として残さないかと提案されるカップルも多いようです。

結婚式や披露宴をしたくない人としたい人の違いはなに?

素敵なウェディングドレスを着て、可愛いチャペルで結婚式♡和装の白無垢で落ち着いた挙式♡そんな女性の幸せに、幼い頃から憧れていたという女性も多いのではないでしょうか?
結婚式のその日1日は、その場の主人公です。人生でも、とっておきの思い出の1日になりますよね。そんな女性の夢のひとつでもあるような、結婚式や披露宴をしたい人としたくない人には、どういった違いがあるんでしょう?

結婚式をしないという選択肢があるorない

https://www.pexels.com/ja-jp/

そもそも、結婚式や披露宴はするのが当たり前だと思っていて、しないという考えがなかったという方も多いんですよ。両親もやったし、結婚する=必ずする当然の儀式だと思っていたため、自然と式の話をしたというカップルもたくさんいます。一種の世間体のようなものでしょうか。
一方したくないカップルは、結婚式をしないといけないという考えを持っていません。結婚式そのものに対する価値観が違うのですよね。

みんなに祝福して欲しいor見せつけたくない

https://www.pexels.com/ja-jp/

これまでお世話になった人、親しい友人などに、自分の晴れの舞台をしっかり見てほしい、結婚をする自分の成長を祝福してほしいという意見も多いんです。結婚は人生の大きな節目でもあるので、門出を祝ってもらいたいというのは頷けますよね。

しかし、したくないカップルは、幸せを見せつけるような儀式という感覚を持っていて、人を招いてまで祝ってもらうのはちょっと…という価値観を持っています。

結婚式を親孝行と思うor思わない

https://www.photo-ac.com/

結婚式や披露宴を執り行うのは親孝行のひとつだという意見があります。これまで育ててくれた両親に、けじめとして自分も一人前になった、家庭持ちになった姿を見せて喜ばせたいという意見のカップルです。

しかしもちろん、したくないカップルが決して親不孝ということではありません。十分いつも親不孝しているカップルもいますし、婚式よりも結婚してからの姿、幸せな生活を見てもらうことで十分ではないかと考えています。

タイトルとURLをコピーしました