【アラフィフからの恋】50代からの恋愛の始め方、楽しみ方

人生100年と言われる現代。アラフィフ世代は、やっと折り返し地点が見えてきたころです。この先まだ長いのですから、これからも、さまざまな人に出会います。恋に落ちることがあっても、不思議ではありません。決して特別なことではない、50代からの恋愛の始め方について考えていきます。

公開日:    最終更新日:

まずはアラフィフ女性のライフスタイルから

https://www.pakutaso.com/

20,30代で結婚や出産を経験した女性ならば、そろそろ子供が自立し始め、親の手が、かからなくなる頃でしょう。今までセーブしてきた仕事に完全復帰できたり、パートの時間を増やしたり、自分の人生を充実させることを考えるようになるでしょう。やっと自由に使える時間ができて、心にも余裕が出てくる頃でしょうか。

また、独身のままで、仕事に打ち込んできた女性もいます。女性は、どうしても出産、子育てなどを考えると、途中でキャリアが途切れがちです。周囲の手助けのおかげで、育児と仕事を両立させて乗り越えていく女性もいますが、それが難しい女性もたくさんいます。

結婚、出産を諦めて、仕事を選ぶことも、すばらしい人生の選択です。

結婚生活に終止符を打った、親の介護が始まった、という人もいるでしょう。子供を抱え、シングルマザーになることを選んだ女性や、初めての介護にあたふたして、恋愛どころではない、という気持ちの女性もいるはずです。

様々な環境のなかで生活し、活躍するアラフィフ女性。きっと、それぞれが悩みを抱えながらも、毎日の生活を、忙しく過ごしているはずです。

アラフィフだし、恋愛なんて無理…と考えていませんか?

https://www.pakutaso.com/

50代だから、といって恋愛を諦めていませんか。年齢と恋愛は、無関係でなんかありません。独身である限り、恋のチャンスはいつでもあります。

「アラフィフの女性に誰が振り向くのよ!」

「恋愛って年齢じゃないでしょ(笑)」

という声が聞こえてきそうです。

でも、実際は、そうでもないのです。素敵なアラフィフ女性がたくさんいて、実際に今、恋愛中という方も多くいらっしゃるのです。

職場では、仕事を一生懸命に取り組み、趣味の集まり、スポーツクラブなどで、自分の生活も充実させ、しかも若々しい。恋愛対象として見てしまう男性がいても、不思議ではありません!

さらに、「美魔女」という言葉もあるように、見た目と年齢にギャップのある女性が多くいます。50代でも、30代に見えるような女性だっています。見た目が若くなると、気持ちまで若々しくなります。見た目が若ければ、誰にでも恋のチャンスがある、という訳ではないですが、何かに一生懸命な姿が、男性の目を引きつけているのではないでしょうか。

もちろん離婚歴があっても、独身であれば、恋愛のチャンスはあります。

子供のために、一生懸命仕事をしている姿、自分が生活を支えなければいけないという責任感。そんな強さを持つ女性を応援したくなる人が現われることもあります!

若い頃とは違う!アラフィフならではの恋愛の楽しみ方

少し、前置きが長くなってしまいましたが、そろそろ本題に入りましょう!

始めてできた彼氏。ドキドキの人生初デート。結婚への道のり。若い頃は、恋愛の経験が少ないからこそ、初めてづくしのことでも、無茶なことでも平気でできた。そんな若い頃を過ごした方も多いでしょう。

そして今、悲喜こもごもの経験をして、アラフィフを迎えました。もう若い頃のような、何もかもが初めて、という恋愛はできないし、したくないかもしれませんね。

では、そんなアラフィフ世代の恋愛の楽しみ方はどのようなものなのでしょうか。ここでは、実際に恋愛中の女性に登場いただいて、生の声をご紹介しましょう。

優しい言葉のプレゼントをもらいました!(48歳 会社員)

https://www.pakutaso.com/

私は、現在、課長代理という立場です。短大を卒業して、入社。勤続28年。自分が部下を持つ立場になるなんて、想像もしていませんでした。今までに、多くの人と仕事をしてきました。そんな中、現われたのが、私が今、好意を寄せている30代前半の男性です。

数年前に異動してきた彼。いろいろと仕事で関わるうちに、打ち解け、さまざまな仕事を一緒にこなしてきました。とても真面目で、控えめな性格であるものの、パソコンスキルが高い彼。私が苦手とするエクセルやパワーポイントの資料作成を彼から申し出てくれることがよくあり、頼りになる部下の一人でした。

昨年の冬、私はインフルエンザにかかり、数日間、会社を休んでしまいました。

久しぶりに出社した日、彼は仕事の報告のために私のところに来て、こう言ったのです。

「体調大丈夫ですか?寂しかったです」

周りに誰もいなかったのですが、そう聞こえたとき、私は、驚いたやら、嬉しいやら、どんな表情だったのでしょう。自分でも分かりません。

「心配してくれて、ありがとう。大丈夫」

と、笑顔で答えるのが精一杯でした。

寂しかったです、という言葉にどんな意味が込められているのか、はっきりさせようという気持ちにはなりませんでした。そのまま素直に受け止め、私は、温かなプレゼントをもらったような、そんな気持ちを感じて、心から嬉しくなりました。

今も、彼と毎日、仕事をしています。上司と部下という立場には、変わりありません。けれども、たまに想像してしまいます。10歳若かったら彼とつき合うのに、とか、つき合ったらどこに行こうかなぁ、とか。ほんと50歳を前にして、私、どうしたんだろう?自分でも苦笑いしてしまいます。けれども、少しも嫌じゃない。今は、彼が近くにいるだけで、内心、ドキドキしている私です。

私はもう、子供は産めないし、老化もはっきりと進んでいます。彼には、ふさわしい女性と幸せになってほしい、と願っています。

彼が私に関心がなくなる日も来るでしょう。その時は、ありがとう、と素直に言えるなぁ。そう思いながらも、いつまでも、彼と一緒に仕事をしていたい気持ちでいっぱいです。

「50歳、若いね」と言われる場所に出会いがあった!(50歳 看護師)

https://www.pakutaso.com/

私は、看護師です。女性が多く、不規則な勤務時間ですし、職場での出会いがなくって、この年齢になっても独身、という人もゴロゴロいます(笑)。今は、自分で買ったマンションに一人暮らしです。

そんな私が始めたのが、俳句。若い頃は、おばさんの趣味って感じしかなかったのに、自分が本当におばさんになったら(笑)、575という短い文字に込められた思い、っていうのを感じるのが素敵だなぁと思い、カルチャーセンターの小さな俳句教室に通うことにしました。

60、70代の女性が8人ほど、男性が2人の小さな教室。みんなに、

「50歳なんて、若い、若い!」

と言われ、何だか嬉しい気持ちがして。ストレスいっぱいの職場と全く違って、本当に居心地のいいところなんです!

そこで、出会ったのが、62歳のAさん。初めての印象は、上品なおじさま、という感じ。Aさんは定年退職後にこの教室に通い始めたらしく、初心者同士、親しくなりました。Aさんは、早くに奥さまに先立たれ、一人で仕事と子育てをこなしてきた、と教えてくれました。

半年過ぎた頃、教室の帰りに、みんなでお茶をして、その帰り、Aさんにこう言われました。

「あなたのように、若い方に声をかけるのは、勇気が要りますが、私と一緒に過ごす時間を作っていただけませんか?」

その時は、本当にビックリして

「えっ!!」と叫んでしまいました!

けれども、すぐに

「ありがとうございます。ぜひお願いします!」

と、お応えしました。

50歳になって、もう恋愛のチャンスなんてない、と諦めていたのに、本当にこの展開は、予想もしていませんでした。

今は、二人で食事をしたり、お酒を飲みに行ったり。彼は知識が豊富なので、話してて、本当に楽しいんです。

先はどうなるか分からないけれども、今がとっても楽しいです!

関連記事