女性に多いインポスター症候群。自分の過小評価から抜け出す方法

キャリアも名誉もあるのに自信がない?『インポスター症候群』の辛さ

誰の目から見ても成功して輝いているのに、いつも自信がなくて不安。経験豊かなリーダーとして周囲に賞賛されると「自分なんか運が良かっただけ。

特別なことをしたわけじゃない・・・」と急にネガティブな気持ちに襲われてつらくなるという人がいます。

まさかあの人が自信がないなんて、そんなの嘘でしょう?と誰もが思う人ほど、自分を過小評価する『インポスター症候群』にかかりやすいと言われています。

『インポスター症候群』は自力で成功を手に入れ、周囲も認める実力を持っているにもかかわらず、本人が実力や実績を疑ってしまう兆候がみられる現象です。

周りから評価されても、自分には評価に値する資格などないと過小評価するため、「自分は人をあざむく、まるでインポスター(詐欺師)だ」と自責の念にかられる傾向が強いことから、インポスター症候群と名付けられています。

『インポスター症候群』は、特に有能な女性や社会で成功した人ほどかかりやすい現象として知られています。

実力があって社会的な成功もしているというのに、自分自身の成功や達成を実感できないのは、本人にとって本当につらいことです。

『インポスター症候群』は例えるなら、オアシスを求めて砂漠を延々と彷徨い続けることにも似ています。

オアシスは自分の足元にあるというのに、それに気づくことができず、「自分はこのままではダメだ」「やっぱりオアシスを探すなんて荷が重い」と、さまざまな葛藤や不安に襲われ、頭を抱えてしまって動けなくなってしまうのです。

『インポスター症候群』は70%の人が一度は経験するもの

『インポスター症候群』は精神障害などではなく、誰もが経験するところから『インポスター体験』とも言われています。

特別なことではなく、男女ともに経験する人は多いこととして知られており、70%の人々が人生で少なくとも一度は『インポスター症候群』を経験すると言われています。

あなたがもし、夢や目標を達成したにも関わらず、それを喜ぶ気分になれず「こんなのまぐれだ、ただ運が良かっただけなんだ」と自分自身の実力を過小評価して自信を失う状態にあるなら、『インポスター症候群』を疑ってみることが大切です。

日本ではまだあまりこの症候群は有名ではありませんが、海外ではアカデミー賞受賞俳優のトム・ハンクス、エマ・ワトソン、ジョディ・フォスターなど、自ら『インポスター症候群』であることに言及している有名人はとても多いのです。

プロフェッショナルも陥る『インポスター症候群』

https://www.pexels.com/ja-jp/

周囲から見ると成功者で、豊かな才能に恵まれ自信満々に見えている人でも『インポスター症候群』に陥ると内面では苦しみもがいている状態になってしまいます。

『インポスター症候群』に陥ると自分自身の成功や実力を正当に評価できなくなるため、自信をなくし、仕事の行きづまり感が強まり、新しいゴールを達成したり、新たなチャンスに挑戦しようという気持ちが失われていきます。また、ネガティブで臆病になり、自分自身を追い詰めてしまうことも少なくありません。

実際には、本人が自分のことをインポスター(詐欺師)だと思い込んでいるだけであって、地道な努力や実力で勝ち取った功績を非難する人はいません。

しかし、本人が「自分には実力がない」と思い込んでしまうため、周りが自分を褒めるほど不安が大きくなってしまいます。

スクリーンやテレビで華々しい活躍をする俳優や芸能人、作家、歌手など、常にトップニュースに出てくるような有名人の中にも、『インポスター症候群』で苦しんでいる人はいるはずです。

そして、バリバリ実力を発揮して起業したり、その功績を認められて会社で昇進が決まった女性たちにも、『インポスター症候群』に陥ってつらい気分でいる人が大変多くなっていると言われています。

タイトルとURLをコピーしました