インテリアは配置が命!インテリアをレイアウトするときに知っておきたい6つのこと

どんな部屋であっても、インテリアの配置で印象がガラリと変わります。といっても、レイアウトの勉強をしていないとどうに配置していいかも分からず悩んでしまいますよね。今回は「せっかく一人暮らしを始めたからにはおしゃれにインテリアを配置したい」と思っている人必見の、インテリアのレイアウトのルールをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

家具配置のポイントは6つ!

https://pixabay.com/ja/

家具を新調しても、部屋にどのように配置すればいいのかわからない、狭い部屋を広く見せたい…などお部屋に関する悩みは様々なものがあります。

まずは家具を配置するための基本ルールを覚えて、自分の生活スタイルにあったお部屋作りをしてみましょう!

今回ご紹介するポイントは全部で6つ。

「動線」「視線」「空間」「統一感」「一点集中」「遠近法」

言葉で見ると難しそうに感じますが、そんなに堅苦しいものではないんですよ!

基本の6つのポイントを意識して配置するだけで、部屋を広く見せることができたり、生活感を感じさせない部屋にすることができるんです。

家具配置のポイント➀動線

部屋の中で、どのような動線で移動するのか

家具の配置を決める際に、一番最初考えて頂きたいのが「動線」です。

日常生活の中でどのような動線を作れば生活しやすいのか、を考えてみて下さい。

例えば、部屋の入口からソファの前を通り、キッチンへ向かう時にどのような動線を作るのか、というようなイメージです。

目的の場所へ行くときに、いちいち家具の間の狭い通路を通ったり、迂回してりしていると、余計なストレスを感じてしまいます。

できるだけスムーズに、短い距離で目的の場所へ行けるよう「動線」を考えましょう。

人が通るためのスペースも意識する

https://pixabay.com/ja/

人が歩くためには通路になるスペースを確保する必要があります。

人が多く集まる場所はゆったりとしたスペースにしたり、あまり通らない場所は少し通路を狭くしてみたり…と実際の暮らしをイメージして、シミュレーションをしてみましょう。

◆平均的な人の肩幅◆

肩幅 ・・・ 約50cm
正面で歩く場合 ・・・ 55~60cm
2人がすれ違う場合 ・・・ 110~120cm

上記を配置の参考に、平面図にそれぞれの位置を書き込んでみるとイメージしやすいかと思います。

また、椅子を引いたり、引き出しを開けたりするスペースも考えると、よりストレスフリーで快適なお部屋になりますよ!

◆椅子を引く際◆

椅子を引いて座る場合 ・・・ 50cm
椅子を引いて後ろを人が通る場合 ・・・100cm

家具配置のポイント②視線

人の視線を意識してレイアウトする

https://pixabay.com/ja/

部屋を広く見せたり、生活感を感じさせないインテリアに大切なのが「視線」です。部屋を広く見せたい場合、視線の抜けをつくることがポイントになります。

部屋に入ってすぐに家具などの障害物があると、視線がそこで遮断されてしまいますよね。視界を遮るものは入り口付近に置かずに、視界の隅に来るような場所(部屋のコーナーや壁際)へ配置すると良いでしょう。

また、窓の外に視線を誘導するように家具を配置すれば、狭い部屋でも開放感を演出することが出来ます。

◆家具は低めのものでそろえるとより効果的◆

部屋が狭い場合、背の高い家具を置くだけで圧迫感のある印象になってしまいます。なるべく家具は背の低いもので統一すると、視線の「抜け」が生まれてすっきりとした印象になります。

また、家具の色合いも黒などの濃い色ではなく、白や淡色を選ぶと良いでしょう。

家具配置のポイント③空間

家具をまとめて置くことで、床を広く見せる

https://pixabay.com/ja/

広々とした空間を作るためには、床を広く見せることも大切です。部屋のコーナーや壁際を上手く利用することで、床を広々と見せるように家具を配置しましょう。

また、部屋の広さに対する家具の分量をきちんと考えて配置することも重要です。

一般的に、家具の占有面積が床面積の3分の1程度になるのが理想とされています。
(6畳間なら、2畳分の家具の量ということになります。)

インテリアショップで見たときはそんなに大きく感じなかった家具も、自分の部屋に入れてみると意外と大きかった…ということもありますので、サイズをちゃんと確認してから購入するようにしましょう。

家具配置のポイント④統一感

家具の色・高さ・奥行をそろえて統一感を出す

https://pixabay.com/ja/

お部屋の印象を決めるのに必要不可欠なにが「統一感」です。統一感を出すには4つのポイントがあります。

【1】家具の素材と色で、インテリアのベースを決める

インテリアの第一印象を決めるのは、色づかいと言われています。
部屋の中でメインとなる家具の色は、同じ色で揃えるのはインテリアの基本。

【2】家具のシリーズを揃える

テイストが同じ家具を選ぶことも重要です。お気に入りの家具を見つけたら、他の家具も同じテイストのものを選ぶと良いでしょう。

メーカーによっては、シリーズで販売されている家具があるので、同一シリーズで揃えると必然的に統一感のあるインテリアになります。

【3】高さを合わせて全体の印象をまとめる

家具の高さを合わせるとよりまとまった印象になります。

【4】お部屋のテーマカラーを合わせる

インテリアを考える際、お部屋全体のテーマカラーを決めておくようにしましょう。ソファーの張地やカーテンの色、布団カバーを選ぶ際にテーマカラーが決まっていれば検討しやすくなります。

今現在の家具で統一感を出したい!という方は、色や高さの同じ家具はそのまま使用し、テイストの合わない家具は思い切って、ロールスクリーンやパーテーションで隠してしまうのも1つの手です。

その際、柄物や派手な色のものは空間の中で浮いてしまうので、無地かナチュラルカラー、または壁紙と同系色のロールスクリーンやパーテーションを選ぶようにしましょう。

家具配置のポイント⑤一点集中

「フォーカルポイント」を利用して部屋を印象的に

https://pixabay.com/ja/

部屋に入った瞬間にパッと視線がいく場所を「フォーカルポイント」といいます。フォーカルポイントに素敵な絵を飾ったり、家具を置いてお気に入りの雑貨をかざったりすると、インテリアがより印象的になります。

また、ソファーから見える壁は常に目に入る場所です。広い壁面には大きめの絵を飾って、立体的に見せるとフォーカルポイントにもなるので、お気に入りの絵を飾ってみても良いですね。

注意点は、フォーカルポイントを曖昧にしない事。色々なものをゴチャゴチャと置くと、視線が移りやすく、「一点集中」ではなくなってしまいます。

これをメインにみせたい!という物や、テーマを決めてフォーカルポイントをはっきりさせることで、空間にメリハリが生まれます。

家具配置のポイント⑥遠近法

遠近法を駆使して奥行を演出してみよう

風景がなどの絵を描く時に、近くに見えるものを大きく、遠くに見えるものは小さく書きますよね。この遠近法をインテリアでも取り入れることで、部屋を広くみせたりすることが出来るんです!

遠近法というとなんだか難しそうに感じますが、目線の方向に沿って家具の高さを低くしていくだけで奥行感を出すことができます。

狭い部屋を広く見せたい!という方は遠近法を意識して家具の配置を決めてみて下さい。

レイアウトで部屋の印象を変えてみよう!


http://girlydrop.com/

家具を配置する際の6つの基本ルールをお伝えしましたが、このポイントを意識してみるだけでも、インテリアの幅が広がっていくと思います。

今の部屋の雰囲気を変えたい!という方もまずは、基本ルールを今の部屋で当てはめて考えてみて下さい。

現状のインテリアで、どこの配置に問題があるのか、どこを直せば部屋を広く見せることができるのか…など、修正点をきちんと把握しておけば模様替えもスムーズに進みます。

基本中の基本!レイアウトを考える前の採寸

関連記事