上司の嫌味で気持ちが落ちる…気分が晴れる仕返しはある!?

どのくらいの人が上司のことで悩んでる?

嫌味たっぷりの、尊敬できない上司に悩まされているあなた。そんな上司にあたってしまうと、毎日が大変ですね。嫌な上司のことが頭に浮かび、職場への道のりも重くなるでしょう。頭の中は、上司という存在に対するマイナスイメージ、いつか仕返しをしてやりたいという気持ちで渦巻いているかもしれません。

さて、あなたのように上司に対する悩みを持つ人はどのくらいいるのでしょうか。

日本最大級の転職支援サイトを運営しているエン・ジャパン株式会社が2019年に行ったアンケート結果を参考にしてみましょう。転職支援サイト『エン転職』のユーザー、11,286名から回答を得ています。

いくつもの質問がある中で、こういう質問がありました。

「困った上司のもとで働いたことがありますか?」

その回答に、なんと85%の人が、「ある」と答えているのです。しかも、30代、40代になると、9割の人が経験していた、というのです。

具体的には、「人によって態度を変える」、「いざというときに部下を守らない」、「指示、指導が曖昧」などの理由が挙げられています。

多くの方が、上司の不満を抱いていることが分かります。仕返しをしたいと思っている人も多いはずです。あなただけではありません。心を強く持って下さい!

参考:
1万人が回答!「上司と部下」意識調査―『エン転職』ユーザーアンケート―

残念だけど…上司は選べない!

https://www.pakutaso.com/

あなたに嫌味たっぷりの上司。なんでこんな上司に当たってしまったのか…。自分の不運を嘆いているかもしれません。

そう、上司は選べない…。組織で働くのならば、どうしようもないことですね。どんな上司にあたるか。それはもう、運としか言いようのないところだと言えるでしょう。

かといって、じっと我慢する訳にはいきません。この先、上司に嫌味を言われながら仕事を続けるのかぁ、と思うと気も滅入りますし、合わない上司と仕事をしていると、仕事のモチベーションが下がったり、職場の雰囲気が悪くなったり、いい影響はないでしょう。

上司と離れるのも解決方法のひとつですが、他の部署に異動を願い出ても、すんなり希望が通るとは、限りません。また、転職を考えたりするかもしれませんが、たとえ職場が変わったとしても、また嫌な上司にあたる可能性もありますし、今の仕事内容が好きならば、転職は止めた方がいいでしょう。

さて、嫌味たっぷりで、気の合わない上司と、どうつき合っていきましょうか。上司が異動するのを、心待ちにしますか。なかなかその時は、来ないかもしれませんね…。

思い切って、上司に嫌味を言うのを止めるように、考え方、態度などを改めてもらうように直談判しますか。

それができたら、苦労しないですよね…。上司があなたの申し出に同意し、「すまなかった」と言動や態度を改めるのが理想的かもしれませんが、人に変わってもらうって、そう簡単ではありません。「上司に盾突くとはなんだ!」と、逆に仕返しをされたりして、職場に居づらくなるかもしれません。

なんで上司は嫌味を口にするの?

では、そもそも、上司はなぜあなたに嫌味を言い続けるのでしょうか。

毎日顔を合わせる職場。誰だって気持ちよく過ごしたいと思うのが、当たり前ではないでしょうか。

 「顔を見るだけで、ウザい!」

「今日も嫌味言われそう…」

長時間過ごす職場の居心地が悪いと、本当にストレスになりますね。

なぜ上司が嫌味を言いたくなるのか。その背景を探っていきましょう。

日々のストレスのはけ口?

https://www.pakutaso.com/

あなたが上司からの嫌味で悩んでいるように、上司が課長ならば、部長、部長ならば役員クラスの重役から、同じように嫌味を言われているのかもしれません。上司の心にたまったイライラ。そのストレスのはけ口として、あなたのような、嫌味を言いやすい部下に仕返しをしているのかもしれません。

もし、上司が理想の上司ならば、こう思うはずです。

「自分が言われて嫌なことは、絶対に部下にはしないでおこう」と。

それができないならば、残念な上司としか言えないでしょう。

相手の気持ちが理解できない、残念な上司…

https://www.pakutaso.com/

ズバリ、精神的に幼いのかもしれませんね…。部下が自分の思う通りに仕事ができないことに、腹を立てる。部下の失敗にカッとなって、嫌味を言ってしまう。相手の気持ちを考える前に、思ったことを、パッと言ってしまう。嫌味を言うと、自分はスッキリするかもしれませんが、言われた人が不快な気持ちになります。少し考えれば、分かることですが、我慢ができないのです。

上司は、部下を育てることも大きな仕事です。余計な一言が、部下を傷つけていることに気づいていない上司は、歳は重ねているものの、精神的な幼さが残る、残念な人なのです。

タイトルとURLをコピーしました