「一人っ子」&「一人っ子ママの子育て」あるあるをご紹介♪

「兄弟は?」。一人っ子ママが、敬遠したくなる質問でしょう。「いいえ、一人なんです」と答えたあとの、妙な空気感。そんな経験、ありませんか。今回、そんな一人っ子&一人っ子ママに関する「あるある」をご紹介し、一人っ子ママを勝手に応援いたします!

公開日:    最終更新日:

全国に一人っ子ってどのくらいいるの?

https://www.pakutaso.com/

まず、全国に一人っ子世帯はどのくらいなのか、お伝えしましょう。

平成30年国民生活基礎調査(第073表 児童のいる世帯数-平均児童数,児童数・市郡別)を参考にしていきます。

児童のいる世帯総数、11221千世帯に対して、子供一人の世帯は、5250千世帯なのに対して、子供が二人いる世帯数は、4523千世帯、三人は、1250千世帯、四人以上は198千世帯となっています。

また、2011年頃から、一人っ子世帯が増加しているとも言われています。

 

e-Stat 政府統計の総合窓口
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450061&kikan=00450&tstat=000001129675&cycle=7&tclass1=000001129676&stat_infid=000031827290&result_page=1

あなたの周りに一人っ子はいますか?

https://www.pakutaso.com/

結果をご覧になって、どう感じましたか。意外に一人っ子って多いんだ、と感じられたかもしれません。有名人でいえば、芦田愛菜さん、マツコ・デラックスさん、堀江貴文さんなどが一人っ子です。

では、あなたの周りに一人っ子はどのくらいいますか。同じマンションに一人っ子を子育てしている人が何人もいる、という方から、自分の子供だけが一人っ子だ、という方も、いらっしゃるでしょう。

もし、一人っ子を子育てしている母親が多くいると、心強いかもしれませんね。逆に、周りに一人っ子が誰もいない。それとも、すごく少ないという母親は、肩身が狭い思いをしているかもしれません。

子供の数ってそんなに重要?そんな声も聞こえてきそうです。自分が納得していればそれでいいじゃない。それも正解です。

けれども、一人っ子ママには、自分が意識しなくとも、昔からある

「一人っ子は、わがまま」

「一人っ子は、かわいそう」

という、一人っ子の子育てへの偏見。このあるある、に悩まされることになるのです。

世間の一人っ子に対するイメージってどんなもの?

https://www.pakutaso.com/

子育て中の、一人っ子ママが必ず直面する

「一人っ子は、わがまま」

「一人っ子は、かわいそう」

という、一人っ子あるある。

「あるある!」

「もううんざり…聞き飽きた」

という母親も多いでしょう。日本に古くからある、一人っ子の子育てに対する、あるある。これはもう偏見で、根拠のないものです。多くの大人の頭の中に、なんとなく、すり込まれている感覚、ではないでしょうか。

兄弟のいる子供は、決してわがままを言わず、いつもハッピーでしょうか。そんなこと、ありえないですよね。

子供の性格をひとくくりにして、決めるなんて、できないはずです。

兄弟のいる環境で育ってきた母親は、一人っ子の子育てをしてみて初めて、この偏見の根深さに気づいたという方もいるでしょう。また、母親自身も一人っ子で、こういう偏見を自らも経験してきたという方もいらっしゃるでしょう。

「一人しか産まなかった私がいけないの?」

「私って、そんなに子供に悪いことをしている?」

というような感覚に悩まされながら子育てをしている、一人っ子ママがいるのです。

どうして一人っ子を選んだの?

では、母親はなぜ一人っ子、を選んだのでしょうか。

夫婦により、子供の数はさまざま。子供を持たない選択をする夫婦もいれば、野球チームができそうなほどの子供がいる家庭もあります。

子供を一人と決めた家庭には、どのような理由があるのか、ご紹介していきましょう

仕事を続けたいから一人っ子

https://www.pakutaso.com/

仕事を続けながらも、結婚をして、子供を持つ。男性ならば、スムーズにできることが、女性には、難しいことがたくさんあります。

一番の壁になるのが、妊娠適齢期でしょう。

日本産婦人科医会によると、女性の妊娠のしやすさは、32歳頃までは緩やかな下降線であるのに対して、35歳を過ぎると卵子が老化し始め、37歳を過ぎると、妊娠のしやすさが急激に下がると、報告されています。

適齢期ぎりぎりまで、仕事を続けて、出産を迎える女性がいます。

逆に、早めに出産を終えて、30代半ばからフルタイムで、仕事を再開させた。そういう母親もいます。

子供も欲しいし、仕事も続けて行きたい。

そう考えると、子供は一人で、と考える母親がいても不思議ではありませんし、女性のひとつの生き方として、尊重されるべきでしょう。

日本産婦人科医会 妊娠適齢年令
https://www.jaog.or.jp/lecture/1-%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e9%81%a9%e9%bd%a2%e5%b9%b4%e4%bb%a4/

高齢出産だから一人っ子

https://www.pakutaso.com/

仕事を続けたいから、という理由と似通っているところがありますが、20代、30代と仕事を一生懸命してきて、30代後半を迎えてから、結婚をしたという女性もたくさんいます。それも女性の生き方の一つです。そして、結婚後、子供が欲しいという願いも自然なものです。

中には、結婚後、すぐに不妊治療を始め、40歳前後で、待望の第一子に恵まれた、という方もいます。

本当は、もう一人欲しいけれども、年齢を考えると、また不妊治療を始めなくてはいけないし、妊娠できる確率は低い…。もう子供は一人でいい、と考える夫婦は多いでしょう。

経済的に難しいから一人っ子

https://www.pakutaso.com/

文部科学省による 「平成30年度子供の学習費調査」によると、幼稚園から高校まで、すべて公立に通うと、149万0705円かかると、試算されています。また国立大学の費用も以前と比べると、値上がりしています。

今、急にお金がいるようになるわけではありませんが、賃金の上がらない、非正規雇用の多い時代です。夫の収入が不安定であったり、妻も子供が小さいとなかなか働きに出られないこともあるでしょう。さまざまな理由で、仕事に就けない一人っ子ママがいます。

それならば、お金がかかるのを承知で、生活費を切り詰めながら二人目を持つよりも、余裕を持って暮らしながら、一人っ子の子育てをしっかりしていきたい、という考えもあるでしょう。

経済的な理由から、一人っ子を選ぶ夫婦も珍しくはありません。

文部科学省「結果の概要-平成30年度子供の学習費調査」
https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html

出産時のトラウマが原因で一人っ子

https://www.pakutaso.com/

陣痛のあの痛みはもう二度と経験したくない。一人目が帝王切開だと、二人目も帝王切開になると言われて諦めた、という方もいらっしゃるでしょう。出産時のトラウマが心に残り、もう妊娠はしたくないと感じる女性もいます。

出産は、女性の体に多くの負担がかかります。自分の体と相談し、一人っ子の子育てに集中すると決めたとしても、理解できます。

関連記事