【結婚式の参列者】職場の人は誰を呼ぶ?上司や部下、同僚など

スポンサーリンク

結婚式のゲスト、職場の人は誰を呼ぶか悩みがち

結婚式に呼ぶことができる人数は限られていますが、友人や恩師、親戚など呼びたい人はたくさんいます。

そんな中、職場の中で誰を呼ぶかは本当に頭を悩ませますよね。

小さな会社であれば「正社員は全員呼ぶ」なんてこともあるでしょうが、大きな会社であればそうはいきません。まして、長く勤めているのであれば部署移動を繰り返している場合もあるでしょう。

大変だった新人時代にお世話になり、支えてくれた部署の上司や同僚を呼ぶのか、今現在お世話になっている部署の上司や同僚を呼ぶのか、仲が良い同僚や同期でも異性を呼ぶのは止めた方がいいのか、悩みは尽きません。

ここで選択を間違えてしまうと、あなたと職場の人だけではなく「呼ばれた人」と「呼ばれなかった人」の間でも微妙な空気が流れるかもしれません。

これまでのお付き合いだけでなく、今後のお付き合いもあるからこそ、職場の誰を呼ぶのか悩みは尽きません。

新郎・新婦で人数を合わせたほうがいいの?

https://pixabay.com/

結婚式に呼ぶゲスト人数の全国平均は66人程度です。

新郎・新婦で人数を合わせるとなると、お互いに33人のゲストを招くことができます。

これを、多いととらえるか少ないととらえるかは人それぞれだと思いますが、はたして招待するゲストの人数は新郎・新婦で合わせる必要があるのでしょうか。

職場の人を呼んで結婚式をするのであれば、家族、親戚、友人、職場の人、と全体のバランスも大切です。

ゲストは全体のバランス

職場の人が多いと堅苦しい式になってしまいますし、友人ばかりであれば和やかなムードにはなりますが、出席した家族や親戚は「大人としてちゃんと仕事をしているのか」心配になってしまうかもしれません。

バランスを考えるのであれば、全体のゲストが66人として親戚、友人で40人程度、職場の人が16人程度でしょう。

16人を新郎、新婦で合わせるとなると8人ずつになりますが、男性は長く勤めていれば部署移動もあるでしょうから、その分お付き合いのある人も多いでしょう。8人では呼ぶべき人、呼びたい人を全て呼ぶことは出来ません。

https://pixabay.com/ja/

一方女性は、男性と違い部署移動も少ないでしょうし、職場のお付き合いもそこまで多くはないので8人となると上司のみではなく同僚も呼ぶことになります。同僚を呼ぶとなると、誰を呼んで誰を呼ばないのか、それもまた悩みどころです。

そんな時、無理に人数を合わせることはありません。男性と女性ではライフスタイルが異なりますし、育ってきた環境、出身地が違えば結婚式に対する思いも違います。招待する人数に差が出るのは仕方がないことと言えるでしょう。

おすすめなのは新郎の職場のゲスト人数を多くして新婦の職場からのゲスト人数を減らし、全体のゲストの数は同数程度に合わせることです。一般的に女性は多くの友人をゲストとして招きたいものですし、男性は本当に仲が良い友人のみを招きたいものですから、人数的にはバランスの取れた結婚式になります。

ゲスト全体の人数を合わせる必要はある?

タイトルとURLをコピーしました