スポンサーリンク

多くの女性が恋愛に減点方式?!本当は良くないその見方をやめる方法!
スポンサーリンク

減点方式の女性の恋愛は長続きしないの?

https://www.pexels.com/ja-jp/

あまり良いことのないように思う恋愛での減点方式。実は減点方式での恋愛は、一般的に長続きしないとも言われています。やはり、これまでにご紹介したように、相手にもプレッシャーをかけることにもなりそうですし、なにより、減点方式をしてしまっている女性自身の心にも、あまりよい影響は与えていなそうですよね。

もちろん、かなり低い確率ですが、減点方式でもオールクリアだった!なんて人もいるかもしれません。

https://www.pexels.com/ja-jp/

しかし、自分にも欠点や弱い部分があるように、彼にだって得手不得手はあります。それにもかかわらず、揚げ足取り・粗探しで相手のダメなところにガッカリしていたら、身がもちません。

恋愛が続かないのはもちろんのことですが、自分の相手への好きな気持ちのモチベーションは下がる一方です。好きな気持ちがどんどんすり減っていく恋愛ばかりなんですから、恋愛をすればするほど、貪欲になってしまう危険もあります。

スポンサーリンク

恋愛の減点方式はデメリットだらけって本当?

これまでの説明でも十分わかるかもしれませんが、恋愛で減点方式をしてしまうことにはデメリットの方が断然多いです。減点方式で相手の苦手なことを見極めて、そこをあえて直視しないで済むように回避するというやり方もありますが、それって常に気を張っていないといけない状況になりますよね?

この状況はデメリットの負のループを生み出してしまうのです。このまま減点方式を続けてゆくとどうなるんでしょう?

恋愛の減点方式はデメリットだらけな理由①どんな人にも不満を抱く

https://pixabay.com/ja/

恋愛関係のみならず、人の悪いところを見つけようとしたらきりがないですよね。悪いところというと重過ぎるので、わかりやすく言えば『自分と合わないところ』の方が想像しやすいかもしれませんね。

根本的に人は人です。それなのに、合わないところや嫌な部分・ダメな部分にフォーカスして異性を見ていると、どんなに素敵な人が現れても、やはりあら捜しをしてしまう状況になります。

https://www.photo-ac.com/

このまま恋愛を繰り返していっても、必ず相手のなにかしら合わない点は目にするでしょうし、どんどん選択肢も狭まっていってしまいます。

『この人もこういうところあるのか…』と、変な経験値だけが上がっていき、しまいにはなにかしら不満を抱きながらしか恋愛をできなくなってしまうことも…。気づいたら、どんな恋愛をしても文句を言ってしまう❝可愛くない女❞になってしまう危険もあります。

恋愛の減点方式はデメリットだらけな理由②疲れる

https://www.pexels.com/ja-jp/

減点方式の恋愛は、自分の心のバロメーターが常にフル稼働している状態ですので、精神的にも疲れてしまいます。付き合うことを楽しむこともできず、『またああいうことしたらアウトだな…』『私こういう人と付き合っていていいのかな…』とモヤモヤを抱えたままの状況です。

そんな心境で次のデートの約束をしたり、カップルを義務的に演じたりとしているうちに、気持ちも勝手に冷めてしまいます。

https://www.pexels.com/ja-jp/

さらにこの状況が悪化すると、先ほどメリットとしてご紹介した【相手に期待しない】ことが裏目に出てしまい、『こんなこともできないならもういいや!』『どうせそこまでの人だし』と、別れる結果を招いてばかりになってしまうのです。

時間が経つほどに恋愛がしんどくなっていく上に、疲れもたまっていくなんて、良い事なしだと思いませんか?しかも毎回この結果のループにハマるので、恋愛の楽しさなんて感じなくなるかも…

恋愛の減点方式はデメリットだらけな理由③相手のせいにしてしまう

https://www.photo-ac.com/

交際を減点方式で進めていると、前にもこんなことあったと思うこともあることでしょう。その時「前も思ったけど…」「こっちはこうしてるのに、なんであなたはいつもこうなの?」などと、ノンストップで相手を責める気持ちが出てきます。

私はあなたを見てるのよ?という本音が漏れ出してきそうな発言ですよね。自分のことより相手の落ち度に注目がいくので、相手がダメだからという感情に陥りがちに…。

https://www.pexels.com/ja-jp/

相手を責めてばかりいても、こちらの歩み寄りや相手への理解なしに、良い交際は不可能です。どんな人と付き合ってもそれは言えること。

逆に万が一、何一つ減点するポイントが見つからない相手に出会ったとしても、そんな完璧な人が、減点方式を採用している女性に惚れるかと言えばクエスチョンです。相手のよくないところを非難する前に、ありのままのその人について正しくしる必要があります。

スポンサーリンク

減点方式派の女性必見!減点方式をやめるには?

知り合い・友人レベルの合わない人とは、自然とほどよい距離を保てばなんとかなるかもしれませんが、恋愛となるとある程度親しくなって始まるもの。

つまり減点方式の恋愛をしていると、そんな惹かれ合っていたはずの人を、嫌いになる一方になってしまうため、できれば減点方式での恋愛はやめるべきです。しかし、どうしてもマイナス面が気になってしまう方は、どうすればやめることができるのでしょうか?

減点方式をやめるには①自分を好きになる

https://www.pexels.com/

彼を責めてしまったり、減点方式で見たりしてしまう原因はすばり、ありのままの自分をよしと思えていないことが原因の可能性が高いです。こういう感情を持つ自分はダメなんだと、人に言わないにしても劣等感を感じていることが考えられます。その劣等感は、人のダメな部分を攻撃する原因にもなってしまうのです。

自分の弱い部分を、相手に反映して見ているようになり、そんな悪い部分を持つ彼をよしと思えなくなります。

https://www.pexels.com/

彼の発言や行動を減点方式で見てしまう場合、まずありのままの自分を好きになることが優先です。

完璧を目指す必要はありません。どんな悪い自分のことも、『そんなのも、まぁ私だよね!私らしくていいじゃない♪』くらいに笑って受け止めてみませんか?

生きやすくもなってきますし、彼に少しくらいダメなところがあっても、それでこそ『人間らしさ』と、むしろ愛しくも感じることができるかもしれませんよ♡

減点方式をやめるには②自分の中でラインを決める

https://pixabay.com/ja/

人間ですから、どうしても許せないこと・合わないこと・苦手なことは誰しもあるものです。人に不快感をいただくことだってありますよね。ですから、無理に減点方式で見ないようにしないといけない!と思う必要はありません。ただ、あまりに細かいところまでいつも減点してしまっていては、望む幸せを掴むことは不可能でしょう。

そういった場合は、絶対的にNGというラインを自分の中で決めておくとよいですよ♪

スポンサーリンク