【職場や自宅で】心と身体をリラックスさせる方法16選

リラックスする方法を知っておくといつでも疲れを軽減できる

「最近疲れが溜まっているな」と感じていても、忙しいと休息をとることすらできないというこがありますよね。しかし、忙しいからといって疲れを溜めたまま放置していると、ストレスによって身体が常に緊張状態になり、集中力が低下していつもはしないような仕事のミスや、思い通りに仕事が進まないなどのパフォーマンスの低下に繋がる可能性があります。

このような状態にならないためにも、心と身体をリラックスさせてストレスをこまめに解消することがとても大切です。「疲れたな」と感じたら、会社でも自宅でもすぐに心と身体をリラックスできると、疲れを溜め込む心配がありません。そのためにもぜひ自宅や会社でできるリラックスする方法を知ってストレスを軽減させましょう。

リラックスするってどんな状態?

https://pixabay.com/

リラックスとは「緊張を緩める」や「体の力を抜く」という意味があります。毎日頑張りすぎている人は、心も身体も張り詰めた状態になっているため、この緊張をほぐすのがリラックスです。

ストレスには精神的な負担が大きくなる心のストレスと、肉体的な疲労の身体ストレスの両方があり、心と身体の両方をリラックスさせることでストレスが緩和されます。

交感神経と副交感神経

心と身体をリラックスさせるには自律神経が大きく影響していて、この自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。緊張状態にある時やストレスを感じている時には交感神経が働き、休息時や睡眠時など身体を回復させている状態の時には副交感神経が働いています。

人間はこの2つの自律神経がバランス良く働くことによって、健康な状態を保っているのです。よって、ストレスを感じている時は交感神経が大きく働いている状態のため、副交感神経をより効果的に働かせる必要があります。それがリラックスすることなのです。

リラックスする方法にはどんな効果があるの?

リラックスする方法を行うと、たくさんの効果があります。ではどんな効果が期待できるのでしょうか?ここでは、リラックスする方法の効果について詳しくご紹介していきます。

自律神経が整う

https://pixabay.com/ja/

ストレスによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、めまいや頭痛、不安やイライラといった症状があらわれる自律神経失調症に繋がります。心と身体がリラックスすることによって、自律神経が整うため、自律神経失調症の予防に効果があります。

血流が良くなる

ストレスが溜まっている時には、身体が緊張状態になっているため筋肉が固まってしまっています。リラックスすることによって緊張状態が緩和され、固まった身体の筋肉が緩み血流やリンパの流れが良好になります。

デトックス効果

https://pixabay.com/ja/

血流が良くなり、リンパの流れも活発になると、老廃物も排出しやすくなるためデトックス効果も期待できます。デトックス効果によって、身体の健康やお肌の健康にも繋がります。身体やお肌の調子が良いと前向きで明るい気分になりますよね。身体だけではなく心も健康になるなんて一石二鳥です。

肩こりや腰痛の緩和

リラックスするとストレスによって固まった筋肉がほぐれるため、肩こりや腰痛の緩和にも繋がります。

肩こりや腰痛は悪化すると頭痛などに発展することがあり、生活に悪影響を与えることにも繋がりかねませんので、悪化する前に改善しましょう。

タイトルとURLをコピーしました