『年齢肌に負けない』保湿ケアをして乾燥を改善しよう

悩みの多い年齢肌…保湿しないとどうなる?

年齢肌サインはシワやシミやそばかすやたるみといった、20代では感じられないエイジングサインですが、保湿しないとどうなるのか構造とメカニズムを解説していきます!

「保湿しないと」乾燥する

保湿しないと当然肌は乾燥します。それは身体は70%水分でできているためです。保湿することで乾燥を防ぐことができます。

年齢とともに水分は減っていきます。カサカサ・かゆみ・赤みがでるといった症状も、乾燥が原因の可能性も考えられます。

乾燥している状態とは必要以上の水分が足りていない状況です。要因としては外的刺激(紫外線・エアコン・PM2.5・摩擦)が考えられますが、エイジングサインの可能性もあります。

また、生活習慣である食生活・睡眠・運動といった健康面での不足によっても起こりうります。表皮・真皮・皮下組織とお肌は3段階で形成されており、主に表皮の角層の水分が保持できないことによって乾燥が生じます。

「保湿しないと」シワができる

保湿しないとシワができます。シワは表情を作る際などに刻まれていきます。防止するためには内側の保湿をしてクッションの役割(柔軟性)を強化することが必要です。シワは肌表面に一度現れるととても厄介です。シワができないようにするための初期段階として、保湿ケアを重点的に行いましょう。

ほうれい線や目元の小じわは20代から刻まれていくものです。絶対にシワを作りたくないといった方は、うるおいを与えて保湿することがなによりも大切です。

「保湿しないと」シミができる

保湿しないとシミができます。シミとはそばかすや蒙古斑など、状態や種類はさまざまです。シミは保湿することで予防することができます。どんな肌質の方でも大丈夫です。たとえば乾燥肌や敏感肌や脂性肌の方でも大丈夫です。肌表面の角層をうるおいで満たすことによってシミを作らせないように育てることができます。

今あるシミをなかったことにするのはとても時間がかかります。根気よくやる必要がありますが、できないように予防することは保湿の努力によってできますよ。シミのない保湿肌を目指しましょう。

「保湿しないと」くすみができる

保湿しないと、くすみができます。青くすみ・黄色くすみ・茶くすみなど聞いたことはありますか?

  • 青くすみ・・・主に血行不良や冷えや栄養不足であらわれる
  • 黄くすみ・・・糖とたんぱく質が結びついてあらわれる
  • 茶くすみ・・・紫外線を浴びることによってシミが発生する初期段階であらわれる

保湿しているのか、いないかによって、透明感に差が出ます。保湿をすることで肌本来の明るさがみなぎりますよ。

くすみは「肌のトーンが全体的に暗くなる」といった方や、「目元、口元、ほほなど部分的に現れる」といった方など様々です。

要因は、年齢による肌の衰えや新陳代謝の低下、紫外線や保湿不足、甘いものの食べ過ぎや睡眠不足によるものなどさまざまです。要因を追求しましょう。保湿でくすみ改善に期待ができます。

タイトルとURLをコピーしました