【保存版】アロマオイルをお風呂で楽しむポイントと注意点は?

大好きなアロマオイルをお部屋だけではなく、お風呂でも楽しみたい…そう思ったことのある方も多いのではないでしょうか。お風呂でのアロマ(バスアロマ)はとてもリラックス効果がありますが、方法やアロマオイル選びを間違えると肌へ悪影響を与えてしまうことも。そこで今回は、バスアロマにはどのようなアロマオイルが向いているかや、バスアロマの方法についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

お風呂でアロマオイルを楽しむ方法


http://girlydrop.com/beauty/8209

アロマオイルは定番の芳香浴はもちろんですが、お風呂で活用することもできます。アロマオイルを使ったアロマバスは簡単にアロマを楽しむことができる方法で、正しく活用すれば身体をあたためてくれたりしっかりリラックスできたりと、嬉しい効果も色々と得ることができますよ。

アロマバスの作り方としては、アロマオイルを数滴バスタブにたらしてお湯をしっかりかきまぜる方法と、あらかじめ精油を使ってアロマソルトやバスオイルなどの入浴剤を作っておき、それをお風呂にいれる方法とがあります。お肌が弱い方は直接アロマオイルがお肌につかないように、キャリアオイルなどと事前にブレンドしておき、アロマオイルを希釈させておくと安心ですよ。

お風呂でアロマオイルを楽しむ際の注意点

使用するアロマオイルはきちんとした品質のものを


https://www.instagram.com/p/Br4ffc9gmH2/

お風呂で使う場合に限りませんが、アロマオイルはトラブルを避けるためにも、きちんとした品質のものを選ぶようにしましょう。信頼できるメーカーやブランドから購入すると安心です。専門店などもあるので、そうした場所で購入するのも良いでしょう。また「エッセンシャルオイル」や「精油」と表記されているか、原材料や原産地がきちんと明記されているものであるかも、チェックしておくと安心ですよ。

アロマオイルは高温多湿を避けて、日光に当たらない場所で保管するようにしてください。開封後は1年以内に使い切るようにしましょう。また劣化してしまったアロマオイルなどは、トラブルの原因になることもあるので、使わないようにしてくださいね。

敏感肌の方は注意が必要

アロマのお風呂にしたりアロマオイルをスキンケアに使用したりする場合は、敏感肌の方は注意が必要です。お肌にトラブルが起こってしまう場合もあるので、使う前にパッチテストを行うようにしましょう。またお肌がデリケートなタイプの方は、刺激になりやすいアロマオイルを避けるのも良い方法です。


https://www.instagram.com/p/BrB4j-CA2OQ/

妊娠中の方は基本的にアロマバスは避けて

妊娠中にアロマオイルを活用する場合は、特に注意が必要になります。妊娠初期には「妊娠中も使用可能」であるといわれているアロマオイルも、基本的には使わないようにしましょう。どうしても使いたいという場合でも独断で使用するのではなく、必ず事前にかかりつけの医療機関で相談するようにしてください。

またアロマオイル自体は妊娠中期以降であれば使うことができますが、妊娠中は普段以上に体調に気を付けなくてはならないので、使用方法は芳香浴程度にとどめることをおすすめします。アロマバスやスキンケアなどに使うのは、妊娠中はやめておきましょう。また使用量や濃度なども、少な目に使うようにしてください。また妊娠中には使うことができないアロマオイルもいくつかあるので、そうしたものを誤って使ってしまわないように気を付けてください。

万が一トラブルが起こってしまったら病院へ

アロマオイルはきちんと使用方法を守って使えば安全なものですが、万が一トラブルなどが起こってしまった場合には、速やかに使用を中止して、医師の診断を受けるようにしてください。

また妊娠中や授乳中の方はもちろん、薬を服用していたり病気の治療中の方、アレルギーを持っている方も、注意が必要になります。事前にきちんと使用上の注意や禁忌などを確認し、使っても大丈夫かどうかを確認するようにしてくださいね。

お風呂で楽しむのにオススメなアロマオイル

それではアロマバスなど、お風呂で使うのにおすすめしたいアロマオイルをご紹介していきます。定番の使いやすいものばかりを集めたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。もちろんお風呂以外の用途で活用することもできますよ!

お風呂におすすめのアロマオイル:ラベンダー


https://www.pakutaso.com/20151005282srthsrt.html

アロマオイル初心者の方にもおすすめできるのが、ラベンダーです。ラベンダーのアロマオイルはほのかにさわやかさを感じさせるフローラル調の香りで、フレグランスなどにもよく使われているので、かなり親しみやすいのではないでしょうか。定番のアロマオイルで人気もとても高いです。

ラベンダーのアロマオイルの代表的な効果・効能として、リラックス効果と安眠効果を上げることができます。心身ともに疲れていてゆったりとリラックスしたいときにお風呂に入れたり、なかなか寝付けない夜に芳香浴をしたりすると良いでしょう。

さらにラベンダーは殺菌効果などもあり、スキンケアに使われることも多いアロマオイルとなっています。お風呂はもちろん、ニキビや肌荒れのケアなどにも活用することができますよ。多用途で活躍してくれるので、最初に揃えるアロマオイルとしてもおすすめです。

お風呂におすすめのアロマオイル:ユズ


https://www.pakutaso.com/20170431111post-11209.html

ややあたたかみがありながらも柑橘系のすっきりとした雰囲気を感じさせるユズの香りは、お風呂に入れると冬至を思い出すという方も少なくないのではないでしょうか。冬至にユズ湯に入る慣習があるように、ユズには身体をあたためる作用があります。

ユズのアロマオイルにもその効果がしっかりとあり、血行を促進させて身体をあたためてくれるので、寒い季節にはもちろん、冷え性の方やむくみが気になる方にもおすすめです。柑橘系の香りのバスルームでゆっくりお風呂に浸かってリラックスしながらたっぷり汗をかけば、気分も身体もすっきりするはず。さらにユズのアロマオイルにはリラックス効果もあるので、寝る前のバスタイムに活用するのも良いでしょう。

ユズは柑橘系アロマオイルなので、光毒性がある場合があります。ユズのアロマオイルのお風呂に浸かったりスキンケアに使用したりした直後に日光に当たらないように注意してください。

お風呂におすすめのアロマオイル:オレンジスイート


http://girlydrop.com/cafe/5433

関連記事