【アラフィフ女性のためのお手本コーデ】お悩み別に紹介します♪

スポンサーリンク

アラフィフ女性が何を着ても似合わないと感じる原因

何を着ても似合わなくなったように感じる原因はいくつかありますが、その原因をしっかり理解した上で、自分自身に似合う服を常に見直して更新していくようにしましょう。

身体のメリハリが無くなってきた

アラフィフを迎え、決して太ってはいなくても、年齢とともに筋肉が脂肪に変わり、二の腕やお腹周り、背中にも脂肪がついてきます。時期は人それぞれですが、閉経に近付いていることで身体に変化が現れ出すのは当然です。全体的に丸みを帯びてくるので、今までと同じようには自分の好きな服が似合わなくなってくるのです。

肌の衰え

https://pixabay.com/ja/

2つ目の原因としては、加齢による肌の衰えです。どんなに手入れをしていても、身体の代謝は悪くなり、お肌の張りに必要なコラーゲンも減り続けます。若い頃の張りのあるツヤツヤお肌とはかけ離れていきます。これが、鏡で服を顔に当てた時似合わないと感じる原因です。

今まで似合っていた色も鮮やか過ぎて、返って顔のくすみが強調されてしまうことになってしまうのです。

髪の艶やボリュームが無くなった

3つ目の原因としては、髪の艶が無くなり白髪が増えるのはもちろんのこと、全体的に髪のボリュームまで無くなってくることです。髪の毛一本一本が細くなり本数自体も減って、水分量も少なくなります。どんなに綺麗にセットされたヘアスタイルでも、艶がなくパサパサしていてボリュームが無ければ、若々しくは見えません。

これも、今まで似合っていた色の服が似合わなくなる原因です。

アラフィフ女性がしてはいけないNGコーデ

アラフィフともなると、自分では良いと思っていても、他人から見ると痛いファッションになっていることがあります。誰でも年齢を素敵に重ねた大人の女性だと思ってもらいたいですよね。

NGコーデは避けて、お手本のようなアラフィフの上級オシャレを目指しましょう。

身体のラインが出るアイテム

身体にフィットし過ぎたニットやカットソーは、アラフィフ女性が避けた方がいいアイテムです。

年齢の割にスタイルに自信があるとしても、若い頃とは違い、首のシワがあったりバスト位置が変わっていたりします。フィットし過ぎる服は、これを目立たせてしまい、また人から下品な印象を持たれかねません。首周りはVネックやボードネックでスッキリと見せて、見頃はゆとりのあるものにしましょう。

また、袖を折るなどして手首を出すと、ゆとりのあるものでもちゃんと華奢感が出ます。上品なコーデを心がけましょう。

カジュアルの定番・ボーダーT

https://pixabay.com/ja/

今まで当たり前のように着ていたボーダーT、それがアラフィフを迎えて急に似合わなくなってきたと思ったことはありませんか?それは、年齢に合わせたボーダー選びをしていないからです。

例えば、ボーダーの幅(太さ)のことを“ピッチ“と言いますが、ピッチが太いボーダーは、太って見えがちで、さらに若作り感があります。色選びも重要です。淡い色は避けて、ブラックかネイビーといった濃い色が良いでしょう。ピッチは細めがおすすめで、若い頃のようにジャストサイズではなくゆとりのあるサイズにしましょう。

デニムやチノパンを合わせるのではなく、タイトスカートやロングスカート、また、靴もパンプスなど綺麗めなものを合わせるようにすると、お手本のようなアラフィフらしいカジュアルコーデが楽しめます。

ダメージデニム

https://pixabay.com/ja/

ダメージデニムも避けた方がいいアイテムの代表です。ハードなイメージでお洋服選びをしてきた方も、ダメージからチラリと覗く膝や太腿など、肌は衰えてきているのです。アラフィフ女性は、露出は最小限に抑え、綺麗な生地の服を着た方が上品に仕上がります。デニムは色の濃いスキニー程度にして綺麗めコーデでまとめましょう。

Gジャンも同じく、ダメージ加工されたものやサイズの小さ過ぎるものは痛々しく見えるので気をつけるようにしましょう。 アラフィフ女性のデニムコーデは綺麗めに、がお手本ですよ。

タイトルとURLをコピーしました