スポンサーリンク

アラフィフ女性のためのお手本コーデをお悩み別にご紹介します♪
スポンサーリンク

アラフィフ女性のお手本にしたい服の買い方

https://pixabay.com/ja/

自分に合う服が分からなくなってきたというアラフィフ女性は、服選びをする時は、自分の好きだけではなく自分に合っているのかを、確認しなければなりません。そのためには、自分の信頼のおける人がいるお店を見つけるのがベストです。

よく、店員さんに勧められるがままに買ってしまうから、という方がいますが、アラフィフ女性のように、経験も積んで自分の考えもあって、コミュニケーション力も身についた女性には、そういう時期は過ぎたと言えると思います。アドバイスを頼みがちな家族や友達は、それぞれあなたへのこうあってほしいという像を持っているので、それが客観的に見てあなたが一番素敵なスタイルかどうかは実は分からないのです。

身体の特徴や雰囲気などから、どうしてあなたに合うのかをきちんと教えてくれる人でないと、自分に合うスタイリングは理解できません。ますますこれから年齢を重ねて素敵でいるためにも、お手本になるきちんとしたアドバイザーは必要です。

https://www.pexels.com/ja-jp/

・確認したい点

➀自分のサイズ
②自分に合う形
③自分に合う色
④自分に合う着こなし
⑤同じアイテムを使ったコーデ例

まず一番大事なのがサイズです。少しオーバーサイズをルーズに着こなすのはオシャレですが、完全に大きいサイズは野暮ったいです。自分のサイズをしっかり把握しましょう。自分のサイズを知っていればこそ、オシャレが楽しめます。

次に自分に合う形です。前述のお悩み別コーデでもご紹介したように、自分の身体の特徴によって合う形が違ってきます。これを掴んでおけば、服選びが楽になりますよ。

そして次に自分に合う色です。季節に関わらずどこかに取り入れることで、グッとスタイリングが映えてきます。

それから大事なのが着こなしです。同じ服を着るにも、自分に合う着こなしがあります。例えばトップスなら、インした方が良い方とアウトで着た方が良い方とが居ます。せっかくの合うはずのアイテムが、着こなしでまるで逆効果になったりしますからよく確認しましょう。

購入したい服が決まったら、同じアイテムを使った別のコーデを教えてもらいましょう。同じアイテムを着回すことであなた自身もコーデ上手になります。

なかなか感覚的に自分に合うものが覚えにくい場合は、お店で合わせたコーデや気に入ったお手本コーデがあった場合は写真を撮っておくのがおすすめですよ。

決まったお店ばかりでなくても、合うものが分かってくれば、インナーやデイリーに使うシンプルアイテムなどは、ファストファッションなども上手く利用するのもいいですね。ただバッグや靴などは、長く使える良い物を持ちましょう。

自分に合ったアドバイザーを見つけて、自分に合ったものを買える環境を整えてお買い物するのがアラフィフ女性の服の買い方のお手本です。

スポンサーリンク

アラフィフ女性のコーデに使えない断捨離すべき服

https://pixabay.com/ja/

アラフィフともなれば、今まで買ってきた服でクローゼットがパンパンという方も多いのではないでしょうか。いつまでも着ない服が占領していると、なかなか新しいものも買いにくいですし、ワードロープを整理できません。

そこでここでは、衣替えごとに見送っては残して、でもやっぱり着ていない服たちを思い切って整理するために、アラフィフ女性が断捨離すべきアイテムをピックアップしていきます。

アラフィフ女性が断捨離すべき服

  • フリルやビジュー、レースなどの付属品がついた年齢に合わないもの
  • 1着で3パターン以上のコーデができないもの
  • 自分に似合わない色のもの

若いころはそのポイント使いが良いと思って買ったビジューやレースがついた服は、アラフィフ世代から先は、逆にそれが邪魔をして、幼くチープに見せたり、年齢に合わない痛いファッションになってしまいます。アラフィフ世代のスタイリングのポイントは、服のデザインや生地使い、アクセやストールなどのプラスアイテムでするのがお手本になります。それから、1着で3パターン以上のコーデができないものも、それ自体が個性が強いということですから、断捨離の対象です。その個性の強い服を今シーズン着る機会があるか想像してみましょう。何回も見送って残してきたのに着ていないのですから、きっと今シーズンもその機会はないはずです。そして、いい色だなと思って買ったけれど何だかしっくりこなくて着ていないという服は、自分に似合わない色である可能性が高いです。前述の、肌や目の色のタイプ別でご紹介した自分に似合うカラーを参考にして、確認してみて下さい。合わない色なら、その違和感は消えることはありませんから、やはり断捨離対象です。

https://pixabay.com/

それでも、服を取り出しては悩み、決められないという方は、ぜひその服を着て鏡の前に立ってみてください。サイズがパツパツならもちろん、これを着て出掛けることは出来ないと思ったら着ない服です。どんなに値段が高かったものでも、微妙にラインが古い、丈が違う、肩が大きい、など、外で着られないものだと気付くはずです。

ファッションは繰り返すと言いますが、次に似たような流行りが来ても、やはり少し違うのです。女性は年齢ごとに似合うものも変わっていきます。その時々の自分に似合うものを把握して、常にリセットして、洗練された大人のワードロープにしていくのがアラフィフ女性のお手本クローゼットです。

スポンサーリンク