主婦は勉強時間が取れない!時間を確保する5つの方法と6つのコツ

スポンサーリンク

主婦には勉強する時間がない!

キャリアアップや再就職のために資格取得を目指したり、育休で空いた時間にスキルアップなど、主婦でも勉強する人が増えています。とはいえ主婦はとっても忙しい!なかなか勉強時間がとれないのが現状です。

専業主婦も兼業主婦も勉強時間の確保は難しい

https://unsplash.com/

専業主婦でも兼業主婦でも、また子どもの成長に関わらず、勉強時間の確保はなかなか難しいものです。

「子どもがまだ小さいうちは専業主婦」という方は、一見時間がとりやすいように思えますが、そうでもありません。赤ちゃんから未就園児の頃はとにかく手がかかり、家にいても自分の時間自体取れず、だんだんと勉強まで手が回らなくなることも。

子どもが幼稚園や学校に行っている間に勉強しようという方も、朝見送ってから帰って来るまでの時間は案外短いもの。買い物や日頃の家事をこなしているうちに、いつの間にか勉強に割ける時間がなくなってしまいます。

お仕事をしている兼業主婦の場合は、職場でのキャリアアップのために資格を取りたい、または取るように言われているという方もいますよね。でも普段から仕事、家事、育児とタスクが山積みの中で勉強時間を見つけるのは至難の業。仕事から疲れて帰ってきて何とか家事をこなし、寝かしつけをしながら寝落ち…などということも、忙しいワーキングマザーの中ではよく聞く話です。

 主婦の勉強は勉強時間の捻出と効率の良い勉強法がカギ

主婦が勉強で目標を達成するためには、どうしても勉強時間の確保が必要。そしてやっと捻出した勉強時間を大切に使うために、効率の良い勉強法が重要なカギになります。

もともと「自分の時間」が短い主婦にとっては、勉強時間の確保は意識しなければなかなかできません。「空いた時間に勉強しよう」と持っていても、その時間がなかなか見つからなかったり、忙しい主婦は勉強よりも他のことに割いてしまいがちです。

勉強したい、勉強しなければいけない時には、ぜひ目標達成までの間は意識して勉強時間を確保するようにしましょう。資格取得やスキルアップなどの場合は、目標を達成することで頑張りが報われ、自信にも繋がります。

同時に少ない時間を効率良く使うことも大事。やみくもな勉強法だと、せっかく時間をかけてもすぐに忘れてしまったり、結果を残せず自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

ぜひ時間の確保と効率的な勉強法によって、今までよりも輝く自分を手に入れたいですよね。

主婦が勉強時間を確保する5つの方法

では主婦が勉強時間を確保するには、具体的にどうしたら良いのでしょうか。ここからは主婦が勉強時間を確保する方法を5つ紹介していきます。

主婦が勉強時間を確保する方法①スキマ時間を活用する

https://unsplash.com/

まずはスキマ時間を活用することです。どんなに忙しい人でも一日を通せば意外とスキマ時間はあるもの。そこを見直すことで、長期的に見れば多くの時間を確保することができます。

主婦の隙間時間は例えば

・通勤時の電車の待ち時間、移動中

・運転中にCDなどを利用して

・待ち合わせやお迎えなどの待ち時間

・ご飯を作っている間。煮込み料理やオーブン調理の間

・お風呂上りに髪を乾かしている時間

・家事と家事の合間の時間

などがあります。

勉強に慣れていない人は、そんな短い時間で何ができるの?と思いがちです。でも実はこのスキマ時間が、目標を達成できるかできないかを左右する重要なポイントにります。

テキストを開かなくても勉強できる環境にしておけば、短い時間でも勉強できることは沢山あります。暗記が必要な資格だったら、何度も繰り返すことで知識は定着しますし、英語学習では、数分あれば単語カードを2、3枚めくることができます。

隙間時間は一日のうちで小刻みに何度もあるので、長い目で見ると膨大な勉強ができます。実際にスキマ時間だけで資格に合格された方もいるので、この時間を活用しない手はありません。

ぜひ生活の中でのスキマ時間を洗い出してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました