恋愛に疲れた…そんな時は思い切って休息時間を取ってみよう!

長年の片想い、無理をしたままの交際、深く傷ついて別れた失恋経験など、恋愛に疲れた…と思うことはありませんか?ちょっと恋愛をお休みしたいなとは思うものの、女として停滞してしまうんじゃないかと不安に思う気持ちがあるかもしれませんが、幸せの近道は恋愛の休息時間です。では、上手に恋愛の休息をとるにはどうしたらよいのでしょうか?

公開日:    最終更新日:

恋愛に疲れた…楽しいことばかりじゃない

好きな人がいる時って、毎日が楽しい♡という印象の女性は多いのではないでしょうか?

片想いの場合であっても、今日は話せるかな?どうやってお近づきになろう?彼ってどんな人が好みなんだろう?なんて、ちょっとしたことっでキュンキュンしてみたり、晴れて付き合うことになれたらわくわくしてみたり、デートの約束にドキドキしてみたり。恋愛していない時よりも、確かにハリがあって良いものですよね。

https://www.pexels.com/ja-jp/

大好きな人と過ごす時間はとっても幸せで、女性としての喜びはもちろん、嬉しい気持ちになりますし、友達とはまったく異なる楽しさを味わえることでしょう。

しかし、育った環境も性格も違う2人が一緒にいるのですから、うまくいく時ばかりではありません。大好きだった彼に冷たくされて傷ついたり、ケンカしてしまったり、性格の不一致に悩んだり…。笑顔でいられる時ばかりとはいかないものです。

https://www.pexels.com/ja-jp/

片想いの期間も長引くほどに、最初に感じていたトキメキも、知らぬ間に心を切り刻むほどの痛みに変わることもありますし、付き合っていたとしても、悩みも出てくることでしょうし、別れもあることでしょう。

あんなに大好きだったのに…あんなに毎日楽しかったのに…と、「一度気持ちをリセットしたい」「恋愛に疲れちゃった…」なんて感じることもありますよね。誰しも少し休息したいな…と思うことも出てくるものです。

恋愛に疲れたら休息をとってみませんか?

女性として、人として、大好きな人と一緒にいられることはとても幸せなこと。特に女性にとって恋愛をしていることは、美意識も一段と高まったり、女子力も上がるきっかけにもなることでしょう。

ハリのある生活をしていたいから恋愛したい、恋愛をしていないなんて女性として停滞してしまいそうで怖い…、休息なんてとってしまったら、落ちこぼれになってしまいそう…なんて不安に感じることもあるかもしれません。

https://www.pexels.com/ja-jp/

周りも当たり前のように彼氏がいたり、結婚をしていたり、子供がいたりする中、年齢だけ重ねて恋愛もしていないなんて惨めじゃない?と思う方や、恋愛をしていないことに引け目を感じる方こそ、恋愛の休息をしてみましょう。

恋愛に疲れたと感じている方はもちろんですが、万一、恋愛に疲れた自覚がない方であっても、休息が必要なケースもあります。具体的にどういった心境にある方に休息がオススメかご紹介します。

恋愛の休息が必要な人①うまくいかない恋愛を繰り返している

https://www.pexels.com/ja-jp/

長期間にわたる片想いで彼に好かれたいと一生懸命になってきた方や、せっかくカップルにはなれても女癖や酒癖が悪かったり、性格が明らかに合わない人だったりと、うまくいかない恋愛ばかりをしてしまう方は要注意。

恋愛の幸せよりも、苦しいことが多い恋愛を続けてきたのであれば、疲れたと思う瞬間があるのも当然です。一度、疲れた心をリフレッシュするためにも休息を取った方がベター。

恋愛の休息が必要な人②無理に相手に合わせてしまう

https://www.pexels.com/ja-jp/

付き合っていようと、片想いだろうと、彼に好きでいて欲しいからといって、無理に合わせてしまったり、彼のタイプの女性になろうと一生懸命になっている方の場合も、やはり疲れたと思うタイミングがあることでしょう。

頑張った結果、彼が自分に夢中になってくれたら、それは嬉しいし幸せなことですよね。

しかし、自分の本音を隠して無理して彼の好きな女性を演じ、本当の自分を押し殺すのは良いことではありません。

恋愛の休息が必要な人③叶わない恋愛期間が長い

https://www.photo-ac.com/

ずっと同じ一人の男性に片想いの期間が長い方や、恋愛をしても毎回片想いで終わってしまって、交際に発展しない方など、長期間にわたって【彼氏】という存在がいない場合も、休息をとってみて欲しい人です。

純粋に一人を思い続けるのも良いのですが、その期間が長いほど意地になってしまう反面、いつまで経っても彼に認められない現実に、気持ちが折れそうになることもあるでしょう。だって、好きな人には認められたいですもの。

https://www.pexels.com/ja-jp/

あるいは、好きになってもいつも付き合うとこまではいかない、彼女がいる人ばかり、頑張っても頑張っても振られてばかり…なんてことを繰り返しているのもつらいものです。

実らない恋愛ばかり続くと、さすがにモチベーションも下がってしまいますし、好きな人に好きになってもらえない自分が嫌になってしまうこともあるかもしれません。気持ちが伝わらない経験が続くと、卑屈になるのも自然なことと言えるでしょう。

なぜ恋愛に疲れた時に休息が必要なの?

恋愛に疲れたと感じる時は、ぜひ休息をとってみてください。これは彼氏がいても言えることです。実は恋愛をしない期間や彼氏との時間より自分の時間を持つこと、休息時間を持つことにはたくさんのメリットがあります!

好きな人がいる、彼氏がいる、恋愛をしている、それだけですべてが幸せということではないんですよね。

恋愛で心がふと疲れたと感じた時に、なぜ休息が必要なのがご紹介します。

恋愛に疲れた時に休息が必要な理由①心を癒すため

https://www.pexels.com/ja-jp/

頑張って彼に好かれようとしてきたり、本当は嫌だったということでも彼を許したり、彼のわがままに振り回されたりしていると、自分の感情よりも彼を優先しがちになってしまいます。

本来は彼との時間が心の癒しになるはずなのですが、自分が彼に夢中にばかりなってしまったがために、自分の本音や感情を置いてけぼりにしてしまっていませんか?そんな日々では疲れたと感じるのも無理はありません。

https://www.pexels.com/ja-jp/

彼に夢中になることがいけないというわけではないのですが、ふとした時に彼との恋愛に疲れたな…と感じるのであれば、それは無理をしているからかもしれないですね。

本当に彼のことを好きでも、彼に合わせていたり、嫌われないように怯えているような心境であれば、一度自分の心を癒す必要があります。自分の心が満たされていなければ、せっかくの楽しい恋愛も、自身を苦しめる原因になってしまいます。

恋愛に疲れた時に休息が必要な理由②自分に向き合うため

https://www.pexels.com/ja-jp/

彼に好かれたいから可愛くなれるよう、キレイになれるよう、メイクも頑張ってダイエットも頑張って…と外見の見た目とは向き合うことは多いですよね。外見磨きに一生懸命になるのも、恋愛の良いところでもあり、女性としてキレイでいたいと思うのは素晴らしいマインドでもあります。

しかし、その前に自分の心と向き合っているでしょうか?外見ばかりに意識がいってしまいがちですが、中身も磨いていますか?

https://www.pexels.com/ja-jp/

たとえばです。彼に夢中になり過ぎて、女友達との約束を嘘をついてキャンセルしたり、彼との予定を優先し過ぎて、やるべきことを後回しにしたり、犠牲を伴う判断をしていないでしょうか?自分を追い込むような尽くし方や、友人をなくしてしまいかねない行動をしていませんか?

恋愛に夢中になりすぎて、自分を見失っている状況では今後、良い恋愛はできません。自分を振り返る時間が必要です。

恋愛に疲れた時に休息が必要な理由③次の恋愛への準備のため

https://www.pexels.com/ja-jp/

つらい失恋の後や、長期間におよんだ片想いにそろそろピリオドを…と考えている場合には、心の整理も必要でしょう。傷ついた心の休息と、これまで頑張ってきた自分に、ご褒美として休息期間を設けることは、今後の自分のためにもなります。

やれるだけのことをやったものの、うまくいかなかった恋愛って、スパっと心に踏ん切りがつくこともありますが、そう簡単に割り切れないことも多いものです。

https://www.pexels.com/ja-jp/

恋愛で疲れた心や、忘れられない傷を癒すには新しい恋が一番…というわけではなく、まず、健康的に次の恋愛をできる心になるまで、休息することに重点をおく方がよいでしょう。

傷ついた心のまま新しい恋愛をするのは、焦りや寂しさから、あまりよい恋愛ができなくなり、負のループに陥ってしまう危険があります。しっかりと傷や疲れた心を回復させることが次の恋愛への第一歩なんですよ!

恋愛に疲れた時の休息中に考えたいこと

恋愛に疲れたと思った時って、その事実をなかったことにしようとしたり、予定を詰め込んで忙しくしてみたりと、気晴らしをしないと!恋愛とは関係ないことに夢中になって忘れよう!と、疲れた恋愛から自分を強制的に切り離そうとしてしまいがちです。

疲れるほど心が落ち込んでいるのですから、考えるのはやめて早く忘れたいのはわかります。しかし、休息中だからこそ、考えておきたいことってあるんですよ。

関連記事