【マスクが原因の肌トラブル】改善方法と対策とは

なぜマスクが原因で肌トラブルになるの?

コロナウイルスの影響でマスクが手放せない世の中になってしまいました。今、マスクが原因による肌トラブルが増えているのはご存知でしょうか?特にフェイスラインや頬、小鼻などマスクで隠れる部分の肌トラブルで悩んでいる人が多いです。

マスクをしていると息でマスク内が蒸れるし、むしろ保湿されて乾燥肌が改善しそう。お肌が潤って美容にいいのでは?と思う人もいるでしょう。ところが、マスクを長い時間着用しているとこんな肌トラブルが現れるかもしれません。

では、マスクを長時間していると一体どんな肌トラブルになるのでしょうか。

マスクによる摩擦が原因で角質が厚くなった

https://pixabay.com/ja/

マスクをしながらしゃべると、だんだんマスクが下へずれていきませんか?ずれるたびにマスクを上へ直すかと思いますが、このマスクの着脱やずれが原因で皮膚に摩擦が起こります。マスクの摩擦によって肌は削られてしまい、肌が本来もっているバリア機能というものが低下してしまいます。

バリア機能が低下したお肌は、乾燥やニキビ、赤みに炎症などの肌荒れなど様々な肌トラブルの原因になってしまいます。マスクをつければ肌が保湿されて乾燥肌が改善されるということはありません。

マスクによる蒸れで炎症が起こりやすくなった

マスクを付けることでマスク内の湿度や温度は高くなります。マスクをしていると息がマスク内に籠るので、天然のスチーム状態で乾燥肌が改善されるように思いませんか?実は乾燥肌は改善されません。

温度と湿度が高くなることで一体どんな肌トラブルが起こりやすくなるのか。湿度と温度が高くなることで雑菌が繁殖しやすい環境が整います。雑菌が繁殖するとニキビや吹き出物などの肌トラブルが起こりやすくなります。買い物だけの短時間の着用なら問題がありませんが、仕事柄長時間付けないといけないという人は、炎症やニキビなどの肌トラブル起こりやすい環境にあります。

そのスキンケアは本当に正しい?

正しいスキンケアが出来ている様で実は出来ていないという人が多いです。ゴシゴシ洗顔をしたり、化粧水も顔を叩くようにバシャバシャ付けたり。特にマスクをしていると肌の奥は乾燥していることがあり、知らないうちにインナードライが進んでしまうことがあります。

インナードライを改善させるには、保湿化粧品をたっぷりと使って肌に潤いを与えることでインナードライは改善されていきます。

マスク以外で考えられる肌トラブルの原因は?

https://pixabay.com/ja/

マスク以外で考えれらる肌トラブルは十分なメイクオフが出来ておらす、毛穴にメイクの汚れが残っている事による肌あれ。保湿がしっかりできておらずインナードライによって肌表面がオイリーになり、ニキビができやすくなってしまった。肌に合わない化粧品を使用したことによる肌トラブルや、洗浄力が強すぎるメイク落としや洗顔をしたことによる肌トラブルが考えられます。

これらを改善するには毎日のスキンケアやメイク方法を変える必要があります。

今こそ改善のチャンス!スキンケアの見直しを

マスクによる肌トラブルを改善するには、スキンケアを見直す必要があります。フェイスラインのニキビが気になる、肌が乾燥している気がする。そんな人は毎日のスキンケアを見直し、肌トラブルを改善しましょう。

マスクによる肌荒れはバリア機能の改善を

肌トラブルを改善するには、肌本来もっているバリア機能を改善させましょう。

バリア機能とは、肌を紫外線や雑菌などあらゆる外的刺激から守る機能の事をいいます。このバリア機能は体調が悪かったり保湿を十分にしないと、外部刺激から肌を守る力がよわくなってしまいます。

弱ってしまったバリア機能を改善させるためには毎日のスキンケアを見直し、体質改善をすることでは肌トラブルが起こりにくくなり、バリア機能も改善されます。

日常生活の中で気を付けなければ行けないポイントは?

日常生活のちょっとしたポイントを気を付けることでマスクによる肌荒トラブルは改善され、バリア機能も向上します。あなたは普段こんな生活をしていませんか?

タイトルとURLをコピーしました