コロナでマスクが必須の世の中…肌トラブルが酷い人の改善方法をご紹介!

今年はコロナウイルスの影響により、マスクをして外出をしている方が多いかと思います。感染予防の為にもマスクの着用は仕方のない事なのですが、マスクを長い時間着用してると蒸れてしまったりファンデーションがヨレやすくなったり、肌トラブルを起こしやすくなったという方もいるのではないでしょうか。マスクを外しても綺麗な肌でいたい。そんな方のためにマスクによる肌トラブルの原因と、おすすめの改善方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

なぜマスクが原因で肌トラブルになるの?

https://pixabay.com/ja/

コロナウイルスの影響でマスクが手放せない世の中になってしまいました。今、マスクが原因による肌トラブルが増えているのはご存知でしょうか?特にフェイスラインや頬、小鼻などマスクで隠れる部分の肌トラブルで悩んでいる人が多いです。

マスクをしていると息でマスク内が蒸れるし、むしろ保湿されて乾燥肌が改善しそう。お肌が潤って美容にいいのでは?と思う人もいるでしょう。ところが、マスクを長い時間着用しているとこんな肌トラブルが現れるかもしれません。

では、マスクを長時間していると一体どんな肌トラブルになるのでしょうか。

マスクによる摩擦が原因で角質が厚くなった

https://pixabay.com/ja/

マスクをしながらしゃべると、だんだんマスクが下へずれていきませんか?ずれるたびにマスクを上へ直すかと思いますが、このマスクの着脱やずれが原因で皮膚に摩擦が起こります。マスクの摩擦によって肌は削られてしまい、肌が本来もっているバリア機能というものが低下してしまいます。

バリア機能が低下したお肌は、乾燥やニキビ、赤みに炎症などの肌荒れなど様々な肌トラブルの原因になってしまいます。マスクをつければ肌が保湿されて乾燥肌が改善されるということはありません。

マスクによる蒸れで炎症が起こりやすくなった

https://pixabay.com/ja/

マスクを付けることでマスク内の湿度や温度は高くなります。マスクをしていると息がマスク内に籠るので、天然のスチーム状態で乾燥肌が改善されるように思いませんか?実は乾燥肌は改善されません。

温度と湿度が高くなることで一体どんな肌トラブルが起こりやすくなるのか。湿度と温度が高くなることで雑菌が繁殖しやすい環境が整います。雑菌が繁殖するとニキビや吹き出物などの肌トラブルが起こりやすくなります。買い物だけの短時間の着用なら問題がありませんが、仕事柄長時間付けないといけないという人は、炎症やニキビなどの肌トラブル起こりやすい環境にあります。

そのスキンケアは本当に正しい?

https://pixabay.com/ja/

正しいスキンケアが出来ている様で実は出来ていないという人が多いです。ゴシゴシ洗顔をしたり、化粧水も顔を叩くようにバシャバシャ付けたり。特にマスクをしていると肌の奥は乾燥していることがあり、知らないうちにインナードライが進んでしまうことがあります。

インナードライを改善させるには、保湿化粧品をたっぷりと使って肌に潤いを与えることでインナードライは改善されていきます。

マスク以外で考えられる肌トラブルの原因は?

https://pixabay.com/ja/

マスク以外で考えれらる肌トラブルは十分なメイクオフが出来ておらす、毛穴にメイクの汚れが残っている事による肌あれ。保湿がしっかりできておらずインナードライによって肌表面がオイリーになり、ニキビができやすくなってしまった。肌に合わない化粧品を使用したことによる肌トラブルや、洗浄力が強すぎるメイク落としや洗顔をしたことによる肌トラブルが考えられます。

これらを改善するには毎日のスキンケアやメイク方法を変える必要があります。

今こそ改善のチャンス!スキンケアの見直しを

マスクによる肌トラブルを改善するには、スキンケアを見直す必要があります。フェイスラインのニキビが気になる、肌が乾燥している気がする。そんな人は毎日のスキンケアを見直し、肌トラブルを改善しましょう。

マスクによる肌荒れはバリア機能の改善を

https://pixabay.com/ja/

肌トラブルを改善するには、肌本来もっているバリア機能を改善させましょう。

バリア機能とは、肌を紫外線や雑菌などあらゆる外的刺激から守る機能の事をいいます。このバリア機能は体調が悪かったり保湿を十分にしないと、外部刺激から肌を守る力がよわくなってしまいます。

弱ってしまったバリア機能を改善させるためには毎日のスキンケアを見直し、体質改善をすることでは肌トラブルが起こりにくくなり、バリア機能も改善されます。

日常生活の中で気を付けなければ行けないポイントは?

日常生活のちょっとしたポイントを気を付けることでマスクによる肌荒トラブルは改善され、バリア機能も向上します。あなたは普段こんな生活をしていませんか?

睡眠不足は肌荒れの元

https://pixabay.com/ja/

毎日しっかりとまとまった時間眠ることは出来てしますか?寝不足はお肌の大敵なんて言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、本当にその通りで睡眠不足は肌トラブルの元です。

その理由は、私達の体は眠っている間に成長ホルモンが分泌されています。眠ることで日中に受けたダメージを修復したり、脳や体の疲労を眠ることで回復させます。ですが、十分な睡眠が取れなくなると傷ついた組織が修復されず、新陳代謝も低下するため肌荒トラブルになります。肌トラブルを改善するには、まずは質の良い睡眠を心がけることから始めましょう。

栄養バランスを考えた食事

https://pixabay.com/ja/

仕事が忙しいとつい食事が適当になってませんか?

普段コンビニやファストフードを良く利用されている方は、毎日の栄養バランスが乱れている可能性が高いです。コンビニやファストフードばかり利用していると、野菜や果物を余り口にすることが少ないため、ビタミンやミネラルが不足してしまいます。

肌トラブルがない綺麗な肌を作るには毎日の食事から。もし肌荒れが目立つようになってきたら野菜を中心とした食事を心がけ、足りないなと思ったら野菜ジュースを飲んで栄養を補うことで肌トラブルが改善されます。

過度のストレス

https://pixabay.com/ja/

過度のストレスは自律神経が乱れ、免疫機能が低下します。するとターンオーバーという肌の生まれかわりのサイクルも乱れてしまい、角質が厚くなって肌があれるようになります。

また、女性の場合は男性とは異なり、生理周期や排卵周期によっても肌の皮脂バランスが異なります。ストレスが溜まれば男性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂が増えるのでオデコや小鼻の周りが脂でベトベトになることも。

ストレスが溜まっているなと感じたら、少しマスクを外してアロマの香りを嗅いでみたり、休みの日は思い切り好きな事をしてストレスを発散するなど、日常生活の質を改善しましょう。

腸内環境を改善して便秘を予防

https://pixabay.com/ja/

3日以上便が出ていないという人はいませんか?冷えやストレス、運動不足などが原因で便秘になってしまいます。女性の場合、妊娠がきっかけで大きくなったお腹が腸を圧迫し、便が出にくくなることも。便が溜まってしまうと腸内に悪玉菌が増えてしまいます。

この悪玉菌はアンモニアやアミンなどの有害物質を作り出し、体の中に吸収され血液に乗って全身を巡ります。そして汗となって皮膚表面に有害物質が触れ、それが刺激となって肌トラブルが起こってしまいます。この有害物質はそれだけではなく、お肌のターンオーバーも乱れさせる原因になります。

便秘になると肌トラブルになるというのは、この腸内で作られた有害物質が原因で、便秘を改善すれば腸内環境も良くなり、肌荒れが減少するでしょう。食物繊維の多い物を食べるように心がけたり、白湯を飲んで体を温かくすると便秘は改善されます。

運動もしないと肌が荒れちゃうの?

https://pixabay.com/ja/

デスクワークが多い方は、休日体を動かす様に心がけていますか?運動をすると筋力がアップして基礎代謝が上がったり、ストレスの緩和に睡眠の質の向上、血行やリンパの促進などたくさんのメリットがあります。運動をすることで新陳代謝がアップしますので、古い細胞を押しだし新しい細胞へ生まれ変わるのを助けます。

新陳代謝が促進されると吹き出物や色素沈着、くすみやくまなど肌トラブルが改善され肌つやもアップするので、普段あまり運動をする機会が少ない人やマスクを着用するようになって肌荒れが気になるという人は運動をして肌トラブルを改善しましょう。

正しいスキンケアの方法をマスターして肌トラブルの改善を

https://pixabay.com/ja/

朝はつい忙しくて、洗顔は水だけで済ませ、日焼け止めもせずほぼスッピンのまま出かけているという人はいませんか?特に今はマスクを着用する方が多いので、マスクで顔が隠れるし、スキンケアもメイクも適当でいいやという女性が多いです。

ですが、美肌になる為にはマスクをしていてもスキンケアには手を抜きません。スキンケアをサッと済ませている人は、次のスキンケアを実践し、キレイな肌を目指しませんか?

関連記事