不安な恋を卒業!劣等感を解消して前向きな恋愛をするためのヒント

自分と彼氏の元カノと比べてしまったり、性格や学歴、収入など、彼氏に対して何かしらの劣等感を抱いてしまっている方はいませんか?人と関わる以上、少なからず自分のコンプレックスが気になってしまうものです。しかし、劣等感を抱いてしまっていては良い恋愛をすることはできません。劣等感の原因や解消方法を知って、前向きな恋愛をできるようにしましょう!

公開日:    最終更新日:

恋人に劣等感を抱いてしまう理由は?


https://www.pakutaso.com/20170748191post-12445.html

彼の恋愛経験が豊富


https://www.pakutaso.com/20170748191post-12445.html

恋愛において女性が劣等感を抱いてしまう理由として、彼の方が恋愛経験が多いという場合が挙げられます。恋愛経験が多くモテる男性は、自分だけでなく周りの女性からも魅力的に見えてしまうので、ライバルが多いのではないか気になってしまうという女性もいるのではないでしょうか? 恋愛経験が豊富な男性はデートスポットなどをよく知っていたり、連絡がマメだったりと魅力を感じるポイントも多いですが、自分だけではなく他の女性にも同じことをしているのではないかという心配が、劣等感に繋がってしまうこともあるでしょう。

恋愛経験が豊富な男性と付き合い始めたという女性のなかには、元カノと自分を比べてしまうという方もいるようです。彼と元カノとの関係は終わっているにもかかわらず、女性としての魅力で負けてしまうのではないかと比較して劣等感を感じてしまいます。劣等感を感じる理由には、自分より相手を優位に思っているということがあります。相手の方が優れていると思い込んで、自分のことを卑下してしまうことによってコンプレックスを感じているのです。

完璧を求めてしまう


https://www.pakutaso.com/20170850242post-13006.html

完璧主義の女性や理想を高く求めすぎてしまう女性は、理想と現実のギャップから劣等感を抱きやすくなります。埋められない大きなギャップがあるほど、抱く劣等感も大きくなって来るでしょう。周りから見ると順風満帆に見えるにもかかわらず、本人だけが幸せな気持ちで満たされていないという場合もあります。完璧を求めすぎて苦しくなっている時には、周りから褒められても素直に受け取ることができず、本心からの言葉ではないと疑って卑屈になってしまい劣等感からなかなか抜け出すことができません。

物事に完璧さを求め続けていると、どこまで行っても満足できないので劣等感に苦しみ続けることになってしまいます。また、相手にも完璧さを求めてしまうことで、お互いの価値観にズレが生じて恋愛がうまくいかなくなり、自分は大切にしてもらえていないという劣等感を感じてしまう場合もあるでしょう。実際に自分が思っているほど、完璧な人というのは存在しません。劣等感を克服する際には、目の前にある小さな幸せにひとつひとつ感謝することが大切です。

劣等感を抱いてしまいがちな人の特徴


https://www.pakutaso.com/20180120017post-14814.html

恋愛経験が少ない

恋愛をしている中で彼に劣等感を感じてしまう原因として、自分に恋愛経験が少ないことがコンプレックスという場合があります。恋愛経験が少ないことに劣等感を抱いてしまうと、元カノや彼の女友達などつい周りの女性と比べてしまうことが増えてきます。彼の方が恋愛経験が多い場合などに「自分とは釣り合わないのではないか」と、つい不安になりがちな女性も少なくないでしょう。恋愛経験が少ないことで戸惑う場面があったり、相手の方が優位に見えてしまったりという女性がいたとしても心配する必要はありません。恋愛人数が多いか少ないかは、実際のその人の魅力とはあまり関係ない場合が多いからです。

相手に恋愛経験が多いからといって、それだけで相手の魅力や能力が決まるわけではないのであなたが卑屈になる必要はないのです。恋愛経験が少ないことに劣等感を抱いてしまうのは、女性に限った話ではありません。恋愛経験が少ない男性も、過去の恋愛と自分とを比べられてしまうのではないかと気にすることがあるのです。その場合は、お互いに恋愛経験が少ないことが安心にもつながるでしょう。恋愛経験が多い男性の中には過去に傷つけられたトラウマがあり、恋に臆病になってしまっているという可能性もあるので恋愛経験が多いことは必ずしも良いことばかりではないのです。

過去にトラウマがある


https://www.pakutaso.com/20171159305post-13888.html

今まで経験してきたことによって劣等感が生まれる場合もあります。子供の頃に両親や祖父母から認めてもらえなかったり、自分の話を聞いてもらえなかったりという環境で育ってきた方は自己肯定感が身に付きにくいと言われています。恋愛における過去のトラウマでも同じようなことがいえます。付き合っていた彼に浮気をされた、信じていた彼を略奪されたなど大切な人に裏切られた経験がある女性は、次の恋愛でも同じように傷つけられてしまうのではないかと臆病になってしまうものです。

劣等感を感じてしまう人は、過去に人から低い評価を受けて苦しさを感じた経験があるのではないでしょうか?いじめや裏切りなど、人間関係でなんらかのトラブルに巻き込まれたために自分自身の存在に価値を見いだせなくなっている可能性があります。逆に過去の栄光に囚われてしまい、今の現状に不満を抱いているということも考えられるでしょう。劣等感は実は優越感と同じエネルギーを持っています。他人や過去の輝かしい思い出などと比べて、今の現状を認めることができず自分自身に劣等感を持ってしまう場合もあるんです。

自分に自信がない

コンプレックスがあり自分に自信が持てないという女性が、恋愛においても劣等感を感じることが多いようです。せっかくアプローチを受けていても、「自分なんかが好きになってもらえるはずがない」など素直に信用することができません。 相手の方もアプローチしているにもかかわらず思いが伝わらないとなると心が折れてしまうこともあるでしょう。恋愛のチャンスを失ってしまうことによって、ますます自信がなくなり劣等感に悩んでしまうのです。また自分に自信のない女性は、意見をなかなか言うことができず相手の都合のいいように振り回されてしまいがちです。全てが彼氏任せになったり、何でも言いなりになってしまったりすると恋愛でのトラブルになり、別れを迎えてしまうこともあるでしょう。

劣等感は恋愛に悪い影響しかもたらさない!


https://www.pakutaso.com/20160337091post-7463.html

劣等感を抱いてるいる女性は、あまり良い恋愛に恵まれない傾向があります。自分に自信がないために、素直な気持ちを表現できず恋愛が始まる前に諦めてしまったり、少しでもよく見られようと本心とは違う自分を演じてしまったりしてなかなか良好な関係を築くことできません。コンプレックスがあるために、相手に対して過剰に愛情表現を求めてしまうということもあるでしょう。人と比べて自信を失うことでストレスが積み重なり、イライラした気持ちを八つ当たりのように彼にぶつけてしまうと、大切な相手との関係を自ら壊してしまうことになります。

強い劣等感を抱いている女性は、同じように劣等感を抱いている人を引き寄せてしまいます。劣等感やコンプレックスを感じたままでいると、ネガティブな感情が高まり相手に対して知らず知らずのうちに優位に立とうとマウンティングに走る恐れもあり、周りにも同じような人が集まってくることでますます悪循環に陥ってしまうでしょう。劣等感を抱いたままでいることは、恋愛において悪い影響しかもたらしません。「私なんて」と自分を卑下したり、「どうせ無理だろう」とネガティブに考えたりしてしまう女性は、まずは自分の劣等感と向き合って克服していく必要があるのではないでしょうか?

劣等感を解消する方法とは?

劣等感を解消するためには、具体的にどのような方法を取れば良いのでしょうか?

関連記事