「年を取りたくない」発想から抜け出そう!女性の上手な年の重ね方とは

アラサー、アラフォー、アラフィフ。人間誰しも年齢を重ねていくものですが、女性はいつまでたっても若々しくきれいでいたいもの。自分が年をとっていくことに抵抗があり、加齢が怖いという女性も少なくありません。精神年齢は若いままなのに、体の老化は止まらない。ギャップに苦しみ始めるアラサー、アラフォー世代の心はどうすれば楽になるのでしょうか。年をとるのが怖いと感じた時からできる、生き方のヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

年を取りたくない!女性は年をとるのを本気で恐れる

https://www.pexels.com/ja-jp/

女性にとって「年をとる」ってどういうことなのでしょう。

まだ「高齢者」と呼ばれる年齢にはほど遠いというのに、「年を取りたくない」と訴える女性はたくさんいます。中にはまだ20代というのに「また誕生日が来る、年を取りたくない!憂鬱」という女性がいたりして驚いてしまいます。

年齢にかかわらず、若い人もアラサーもアラフォーもアラフィフも、女性なら誰しも「年を取りたくない」と思いますよね。いつまでも若々しくキラキラ輝いたままでいたいものです。だけど、時間は誰にも止められません。人それぞれ「年をとった」と思う変化には差があるでしょうが、鏡に映った自分に何だかがっかりする時期は、生きている限り必ずやって来ると覚悟しておくべきなのです。

女性が「年を取りたくない」と悩む心理とは?

https://www.pexels.com/ja-jp/

年をひとつ重ねるたびに憂鬱になっていく女性が増えるのはなぜなのでしょう。ひとつの要因として、結婚や出産の適齢期が迫っていたりすると、焦りが出てしまい「年を取りたくない!」と思うのではないでしょうか。いまだに「(お嫁に)行き遅れる」とか、「売れ残りのクリスマスケーキ」などに例えて年齢を揶揄する旧態然としたプレッシャーがこの時代にも女性に付きまとっているのです。婚活も妊活も若さが決め手になるため、それが損なわれることに大きな不安を抱える人が多いのかもしれません。

また、婚活、妊活をあきらめて、自立した女性として仕事に打ち込む人も増えました。しかし新型コロナウイルスの予期せぬ世界的流行などで、描いていた人生設計が狂ってしまった人も大勢いる時代です。自分の将来をもう一度考え直さねばならない岐路に立たされている女性も、きっと少なくないでしょう。特に、先の見えない時代に年だけは確実にとっていきます。体力的な不安、精神的な不安など、ネガティブな要素が膨らみがちで、どうしても「年を取りたくない!」と悩んでしまいます。

心と身体のギャップが大きいと「年を取りたくない!」と思いがち

https://www.pexels.com/ja-jp/

「いつまでも若さを保っていたい」と思うのは女性なら誰しも思うことです。女性に限らず男性もそうかもしれませんが、実年齢と、心の中で思っている年齢には誰しもギャップがあるのではないでしょうか。

ある70歳の女性が「私の心は36歳で止まったまま」と言って皆を笑わせてくれたことがありますが、実は著者にもその感覚があり、アラフィフであるにも関わらず心の年齢は30歳ぐらいで止まったままのような気がしています。結局、思考や気持ちは若いまま変わらないのに、外見がどんどん加齢で変化するので、ちょっとした違和感、ギャップを感じてしまうんですよね。そして、それが広がれば広がるほど、鏡を見たときに「うそ!」と落ち込んでしまう…そんなことの繰り返しです。

また、元号が平成から令和へと変わった時代の中で、昭和生まれというだけでも「年をとった」と感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。昭和64年生まれなんて言うと、令和の時代から見ると相当な「おばあちゃん」的イメージを持つ人もいますが、まだ30代前半の人だって少なくないんですよね。時代の変化からも、さまざまな年齢イメージのギャップが生じているようです。なかなか難しい時代になりましたね。

年を取りたくないのに!女性が老化を感じた瞬間とは?

https://www.pexels.com/ja-jp/

女性が「老い」を感じる瞬間は、年を重ねるごとにやってくるものです。

アラフォーの筆者はライターという職業柄か最近「老眼」で文字がめっちゃ読みづらくなりました。文字サイズを変えられる電子書籍で気に入った本を買い直しましたし、食品や薬を買うときの成分表示や作り方が小さすぎて見えなくなって、さすがに老眼鏡を買わなきゃと悩んだ時には「いやぁ年取った!」と加齢を痛感したものです。もちろん、まだまだ若いと思っていても、ふと鏡に映った自分にギョッとすることは日常茶飯事で、最近は「もういいや」と開き直りつつあり…。

自分が「もう若くないな」って思うときって、なんだかとても寂しいし、孤独感に襲われてしまうものですよね。みんな年を取りたくないんです。いつまでも若々しいままでいたいです。だけど、こればかりは仕方がありません。誰もが同じ道を行くのです。年を取りたくない。でも、老化の事実を突きつけられる。女性が「年取ったかも…」と自覚する瞬間とはどんなときなのでしょう。

年を取りたくないのに老けたと思う瞬間は①白髪を発見したとき

https://pixabay.com/ja/

加齢による白髪は女性が最初に「あれっ!私、年取った!」と感じる要素のひとつではないでしょうか。多かれ少なかれ年をとれば、誰でも白髪はあらわれます。最初は髪の間にチラチラと数本混じる人もいれば、生え際などのある一部だけがかたまって白髪になる人もいますよね。白髪を見つけたら抜きたくなるかもしれませんが、大事な髪の毛なので抜かずに根元からカットするなどして対応したいものです。

著者の場合は髪の毛よりも、先に陰毛に白髪を発見したためショックが大きかったです。31歳にして「ああ、私のセックスライフは終わった」と目の前が真っ暗になりましたよ。もちろん、部屋のあかりを真っ暗にすればそんなものは何の問題もありませんが。とにかく、白髪の一本でも一喜一憂してしまうのが女心というものです。

ただし白髪は極度のストレスが原因のことも多く、加齢のせいだけではないので見極めが必要です。特に女性は出産後に白髪が増えることもあるでしょう。これは女性ホルモンが関係していると言われますので、こういった場合は専門医に相談してみることをおすすめします。

最近は加齢の白髪をあえて染めない「グレイヘア」も認められるようになりましたね。これはある程度年を重ねた女性で、白髪の率が50%を超えたあたりから取り入れると素敵だなと著者は感じます。60歳、70歳あたりでグレイヘアにして、お化粧をばっちりしている人は、髪色とメイクの効果でとても若々しく見えます。ただし、まだ30代、40代の方がグレイヘアにするのは、やはり実年齢より老け見えしてもったいないかなと感じます。

年を取りたくないのに老けたと思う瞬間は②シミ、シワができたとき

https://pixabay.com/ja/

誰だって若い頃の肌には、水をパーンと弾くほどのハリや弾力があったものです。しかしそんな時期は意識するまでもなくあっという間に過ぎていくものなんですよね。若い頃にわざわざ日焼けサロンに通ってまで黒くなりたかった筆者の友人は、今、アラフォーを迎えてシミに悩まされ、「あんなことするんじゃなかった」と後悔しきりです。アラサー、アラフォーにもなると、毎日目じりや首のシワ、「ゴルゴ線」と言われる法令線などが日々うっすらと刻み込まれている事実に直面します。鏡を見るたびに苦痛を感じる人もいるでしょう。

少なくとも著者は毎朝、自分の顔を鏡を見るのが嫌でたまりません。もちろんほっぺにできたシミなどは、最初は焦ってレーザー治療を受けたり、「トレチノイン」や「ハイドロキノン」を使って、痛い思いとダウンタイムに耐えながら消したりしていましたが、もう追いつかなくなってやめてしまいました。

著者の経験から言えば、シミやシワを発見した瞬間に「年とった〜…」とショックを受けるのが第一段階。シミやシワを必死に消そう、隠そうとして、もうとても隠しきれないとあきらめる瞬間の「年とった…」というショックが第二段階。それ以降は「もういいや、誰に見られるわけでもなし」という開き直りがやってきます。ほとんどの女性はここで一気にオバサン化するので、くれぐれも注意してくださいね。

▼年をとるのはみんな同じですから、差をつけるにはそれなりに工夫が必要。シミを隠そうとしてメイクを濃くすると、自分でも驚くほど老け顔になってしまうし、隠そうとすると余計に目立つんですよね。30代後半から40代にかけて、それで悩んで、プロにメイクを教わりました。似合う髪型や髪色、メイクやファッションを指南してもらうだけで、ずいぶん垢抜けたし、自信がつきますよ。(42歳・ハウスメーカー)

年を取りたくないのに老けたと思う瞬間は③代謝が落ちたと感じたとき

https://pixabay.com/ja/

昔は何を食べてもスリムですっきりしていたのに、急に痩せにくくなったと感じることってありますよね。代謝が落ちて血の巡りが悪くなると今まで感じたことのない肩こりや腰痛、足のむくみだけでなく、ちょっとした風邪がいつまでも長引いたり、怪我や青あざが治りにくかったりして落ち込みます。親や先輩からの「そうそう、年取ると治りが悪くなるから気をつけなきゃね」という何気ない一言が、「年を取りたくない」と願う心を打ちのめすのです。

代謝が落ちて来ると、今までのようにダイエットをしても、効果が出にくくなってきます。いわゆる中年太り的な特徴も出てくるため、体型がなんだか丸っこくなってきたら取り返しがつかなくなる前に、日頃の生活や運動で代謝を上げる努力が必要になってきます。

▼年を重ねるにつれて、声ってどんどん低くなりませんか? 地声で話すと、自分でしゃべっている声が暗い感じに聞こえるんですよね。なのでとにかく人と話すときには、声を2トーンぐらい高く、明るい声で話すように心がけています。口角を上げることも大切。口角をあげると目が優しくなるので、意識せずにスマイルになるんです。(36歳・ディーラー勤務)

関連記事