断れない弱さから卒業!きっぱりNOと言える女になる方法

嫌なのに断れない?NOと言えるようになるにはコツがあります。

誰かに何かを頼まれると、本当は嫌なのに断れずにしぶしぶ引き受けてしまうことはありませんか。断っても、「お願い!そこを何とか頼むよ」などと言われると、ついつい「いいよ」と引き受けてしまい、それが結構めんどくさい仕事だったりすると「やっぱり断れば良かった!」と後悔することもあるものです。

普通はそうして嫌な思いをしたら、次に頼まれても「NO」ときっぱり断るところですが、嫌な思いをするとわかっていても「どうしても断れない」という人もいます。

本人がそれで良いとおもっているなら問題はないのですが、「本当はやりたくない、断りたい。自分ばかりが損をしている」と自己嫌悪に陥る人も少なくないようです。自分は人から頼まれごとをすると「 Noと言えない性格」だと思い込んでいるなら、それは「正しい断り方」を知らないからではないでしょうか。NOと言えるようになるには、ちゃんとしたコツがあるのです。

まずはどうして嫌なことに「NO」と言えないのか、どうしたら嫌なことを嫌と言って断れるようになるのか。自分の心を知ることから始めていきましょう。

NOと言える人になりたい!嫌なのに断れない女性の特徴とは?

多くの女性が悩んでいる「断りたいのに断れない」「嫌なのにNOと言えない」複雑な気持ち。まずは嫌だと思っているのに、人の頼みを断れない女性の特徴をみていきましょう。「NOと言えるようになりたい」と思いつつも、毎回人の頼みを断れないでいるなら、いくつかは覚えがあるかもしれませんよ。

NOと言える人になりたい!断れない女性の特徴①買い物で断れない

https://pixabay.com/ja/

断れない女性は、日常的に商品販売のターゲットにされがちです。「これもまとめて買うとお得ですよ」「ポイントカードをお作りしてよろしいですか」って言われると、いりませんと言えずに、無駄なものを買ったり作ったりしがちです。

スーパーの試食販売も勧められると断れず、食べたら商品も買ってあげなきゃ気の毒だとカゴに入れてしまいます。まだこの程度で済んでいるなら良いのですが、中にはマルチ商法やエステの勧誘、怪しい宗教の勧誘に引っかかってしまう人も少なくないようです。ときには毅然とした態度で「NO」と言えないと危険です。

▼20代の頃、総額40万円の布団セットのマルチセールスにNOと言えず引っかかったことがあります。友達みたいに仲良くなっていたからクーリングオフしようとしたら「友達なのにどうして?」と泣きつかれて「やられた」と思いました。情に訴える商法に騙されやすい自分注意!と強烈に学びました。高い授業料だった。(37歳・デザイナー)

▼10年ぶりの親友と久々に会うことになってワクワクしていたら、マルチ商法の誘いでショックだったことがある。私がNOと言えない性格だと知っているから、確信犯だけに悲しかった。その場は何とか「考えさせて」と帰って来たけど、そのまま無視しました。しばらく入会書とか送ってこられて、早く送ってと督促が来たけど全無視。私にとって初めて「NO」と言えた瞬間でした。(29歳・会社員)

タイトルとURLをコピーしました