スポンサーリンク

子供が不登校になった…原因は?親はどう対応するべきか
スポンサーリンク
https://www.pakutaso.com/

小学生の授業を理解しないまま、中学校へ進学したため、または、中学生の内容を理解しないまま高校生になり、授業が分からなくなり、勉強がつまらないと感じてしまいます。これらも、不登校の原因になることもあります。

・先生に当てられて、答えたけれども、それが間違えていて、クラスメイトに笑われた

・テストの点数が毎回悪く、親に叱られるのが怖い

・グループでの発表、ディスカッションなど、自分の意見を言う授業が苦で仕方がない

勉強についていけないことで起きる、さまざまなストレスが心に積み重なり、不登校の原因になることがあります。

また、小学校では、いつもトップクラスで、頑張って勉強して有名中学に入ったのに、自分より優秀な生徒がたくさんいて、成績が振るわない。また、燃え尽き症候群といって、難関学校への合格を目標にしていたため、入学後に勉強意欲をなくしてしまい、学校に行きたくない原因となることもあります。

不登校の原因④病気が隠れているかも

https://www.pakutaso.com/

朝、起きられない。昼まで寝ている。起きても元気がない。このような状態が2週間以上続いているのならば、病気が原因かもしれません。小児科や、心療内科に行き、専門家の診断を仰ぎましょう。病気でしたら、治すことが最優先になります。

最近では、子供のうつ病も珍しくはありません。もし、うつの症状があれば、親だけで対応

することはできません。

早めに病院へかかり、正しい対応をすることが、解決への近道になるはずです

一般社団法人 不登校支援センター 中学生のお子様をお持ちの親御さまへ
https://www.futoukou119.or.jp/lp/2

不登校の子を持つ親はどう対応すればいい?

不登校の子供を前に、親はどう対応したらいいのか、途方にくれるでしょう。

その上、子供が不登校で家にいるとなると、仕事を持つ母親は、仕事の調整にも頭を悩ますことになるでしょう。

子供が再び学校に行けるように導くには、親が、担任の先生やカウンセラーなど、周囲の力を借り、上手に対応していく必要があります。

子供がもう一度学校に行ってみようと感じるよう、サポートしてあげましょう。

親の対応➀まずは子供を休ませてあげよう!

https://www.pakutaso.com/

学校に行きたくない、と親に告白する以前に、子供は、親に心配をかけたくない、格好悪いという理由から、嫌なことがあっても我慢して登校していたはずです。目の前の子供は我慢に我慢を重ねて、もう疲れ果ててしまった、体に限界が来ていると想像できます。ここで、「学校に行きなさい!」と叱っても、さらに子供を追い詰めるだけです。さらに、何が原因なのかと子供を問い詰めても、思い出したくないがために、だんまりを決め込むこともあります。

まずは、無理に登校させようとせずに、休ませてあげるのが大切ですし、一日休むことで、子供のストレスが解消され、次の日には、また元気に登校できることもあります。

親の対応②子供の声に耳を傾けよう

https://www.pakutaso.com/

一日休ませるつもりが、その次の日も休みたい、と言い出すこともあります。そんな時は、子供に学校に行きたくない原因を話してもらうこと、が大切です。子供が原因を話し出したら、ゆっくりと話を聞いてあげましょう。その時、親が子供の話を否定しないことが大切です!親に怒られると感じると、子供は話す気力をなくしてしまします。「うん、うん」「分かるよ」とうなずきながら、対応してあげて下さい。

親に共感してもらえたと子供が感じたら、きっと、もっと話したくなるでしょう。子供がこんなことを感じていたのか、と初めて気づくことがあるかもしれません。今まで知らなかったこともあるでしょう。話してくれてありがとう、という気持ちを子供に伝えられるといいですね。

親の対応③先生、スクールカウンセラーに相談を

https://www.pakutaso.com/

子供の欠席が続くと、親が一人で悩んでも解決は難しいでしょう。早めに周囲に助けを求めることが大切です。先生と会って、教室での様子を聞いたり、子供の悩みの原因をどう取り除いてあげられるのか、どんな対応が必要なのか、先生と思いを共有できるまで、しっかり話し合うことが大切です。

また、保健室の養護教諭は、子供のケガや病気に対応するだけでなく、心のケアの相談にも対応してくれます。

さらに、学校には、スクールカウンセラーが配置されています。臨床心理士の資格を持った専門家に対応してもらうことで、親自身のストレスも軽減できるはずです。カウンセリングに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の考えや思いを他人に伝えることで、自然と頭の中が整理でき、不登校の問題に落ち着いて対応できるようになります。

また教育委員会のホームページにも相談窓口があったり、小児科などでも対応しているところがあります。

主となる相談相手は、担任の先生、養護教諭などになりますが、小児科や、心療内科医なども親の相談を受け付けてくれます。

いろいろな人の意見を聞き、話をすることで、親の考えがまとまったり、今後の道筋が明らかになってきます。ぜひ、信頼できる人に出会って下さい。

親の対応④親が焦らないで!

https://www.pakutaso.com/

朝、寝ている子供を見て、どうして学校に行けないのか、とため息をついてみたり、自分の育て方が悪かったのかと、落ち込んでみたり。親自身の心も相当疲れているはずです。

インターネット上にも、不登校児の親をサポートするようなサイトがありますし、経験者の体験を読むことも大変参考になるものです。

いろいろな情報に触れる中で、親が焦らないことが大切だと書いてあるのに気づきましたか。早く子供を学校に行かせようと叱りつけたり、強引に手を引いたりすると、子供は不登校の悩みに加えて、「親にまで迷惑をかけている」と感じ、さらに苦しむことになるのです。

不登校の問題は、子供自身が自発的に学校に行こうと思えるまで、待つしか、解決方法はないと言えます。親、先生などは、その気持ちが育つようサポートするだけです。

親が焦って、子供を登校させようとしても、いい効果はないでしょう。子供と良好な関係を作りつつ、自発的に子供が登校しよう、と思えるように、サポートしてあげましょう。

AERA.dot週1回欠席するだけでも「不登校」、原因追究は無意味…意外に知らない不登校の真実
https://dot.asahi.com/aera/2018050100065.html?page=1

一般社団法人 不登校支援センター【不登校の子どもへの接し方】親としての4つの心構え
https://www.futoukou119.or.jp/blog/20170626/4927

スポンサーリンク

登校再開に向けて親ができる子供への対応は?

不登校の原因を取り除き、子供の心に学校に行こうという気持ちが育つように、サポートするのが親の役目と分かっても、どう対応したらいいのか、分からないことも多いはずです。

子供に、登校再開への意欲がうまれるには、どう親が対応したらいいのか、まとめていきます。

スポンサーリンク