心を上手に切り替えて、嫌な気持ちを消す方法

人生は晴れたり曇ったり。人間関係や失敗など、嫌な気分になることも多いものです。嫌な気分を長引かせては、ますますつらくなってしまいます。気持ちを切り替えてストレスを最小限に抑えるために。嫌な気持ちを上手に切り替えて消す方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

イライラを消す方法がない!嫌な気持ちを切り替えられない人の特徴

嫌な気持ちは引きずるとエネルギーを消耗します。そのため普通は心を切り替えて、嫌なことを消す方法を探ったり、ストレスを解消したりして自分なりに対処するものですが、嫌な気持ちを消す方法に思いが至らないほどストレスを溜め込む人もいるものです。

嫌な気持ちを引きずりがちで、心を切り替えられない人の特徴はどのようなものなのでしょうか。

嫌な気持ちを切り替えられない人の特徴①心のネガティブ要素が強い

https://pixabay.com/ja/

嫌な気分には怒りの感情が多く含まれているものです。嫌だな、賛成できないなという気持ちで、心がざわざわするなら、自分が怒っていることに気がついていないのかもしれません。嫌な気持ちからなかなか切り替えられないときは、イライラしたり腹が立ったり、うんざりして心にネガティブな怒りを溜め込んでいる状態だと自覚しましょう。

嫌な気持ちを切り替えられない人の特徴2②完璧主義

自分に厳しく、他人の評価を気にする完璧主義な人は、嫌なことをひきずりやすく、不安やプレッシャーで心を消耗させてしまいます。自分だけでなく周囲にも高い基準を求めてしまいがちなので、自分の失敗にも他人の失敗にも寛容ではありません。周囲との関係性が悪くなり、嫌な気分をますます引きずってしまうことになりがちです。

嫌な気持ちを切り替えられない人の特徴③他人をコントロールしたい

他人に期待度が高く、自分の都合が良いよう動いて欲しいという欲求が強い人ほど、物事が思い通りに進まないとフラストレーションを溜めがちで、嫌な気分から早々に切り替えることができません。他人へのコントロール欲求が強い人は、思い通りにならない状況も何とかならないかと食い下がったりしがちです。

こういった人は上司や先輩という立場になると、部下にパワハラをしたり、モラハラになりがちなので気をつけるべきでしょう。

心を切り替えられないなら、嫌な気持ちを消す方法が間違っているかも

嫌な気持ちなったとき忘れるためにやっていることが、逆に嫌な気持ちを増幅させるだけだったりするものです。嫌な気分を余計に引き寄せてしまう間違った切り替え方、消す方法をとっていませんか?

嫌な気分を消す方法を間違ってませんか?①忘れるために酒を痛飲

https://pixabay.com/ja/

お酒は気分を楽にする効果も確かにあります。しかし、嫌なことを考えながら、それから逃げるように飲んでいると、結果的に痛飲、泥酔、二日酔いになって、嫌な気持ちだけでなく体調の悪化まで引きずってしまいます。内臓のためにも、お肌のためにもいいわけがありません。

気分転換のためにお酒を飲むなら、「嫌なこと」よりも、別の「良いこと」「楽しい気分になること」「素敵な気分にしてくれること」を考えながら楽しんで。目の前の美味しいおつまみと、お酒を味わうことだけに集中するのも良いでしょう。そうすればお酒で適度な高揚感が得られ、心に余裕と明るさが戻ってきます。こうして飲むならお酒も薬、自動的に嫌な気持ちから離れられますよ。

嫌な気分を消す方法を間違ってませんか?②やけ食い

悩みによるストレスを発散する一番の方法として、「むしゃくしゃする!今日は好きなものをたくさん食べてやる!」と思いがちではないでしょうか。確かに食べたり飲んだりして発散するのは良いのですが、やけ食いで後々体重オーバーすると、嫌な気持ちに拍車がかかるのではないでしょうか?それに暴飲暴食で胃もたれや胃痛など、体調を壊してしまっては元も子もありません。

嫌なことを忘れるために食べるのは、味わう余裕もなく胃に詰め込むだけになってしまい絶対にやってはいけません。食べて発散すると決めたら、「嫌なこと」は頭から追い出して、食べること・味わうことに意識を全集中していただきましょう。すると少しの量でも満足できる上、嫌なことをからも距離を置くことができ、それが嫌な気持ちを上手に消す方法とわかるはずです

嫌な気分を消す方法を間違ってませんか?③愚痴を吐きまくる

https://www.pexels.com/

ストレス発散方法として愚痴を吐くことは多かれ少なかれ誰でもあるものですよね。たまに愚痴を吐くのは悪いことではありませんが、誰彼構わず愚痴を吐きまくるのが癖になると、周囲をうんざりさせてしまいます。人の文句や愚痴ばかり言う人のそばにいても、誰も楽しいとは思いません。嫌な気分を消したいがためにやっていることなのに、大切な人まで失ってしまうのは悲しすぎませんか。

愚痴を吐きたくなったら、紙やノートに嫌なこと、嫌な気分を書き出すと、人に愚痴を吐きすぎずに心を整理できるでしょう。周囲を巻き込む前に、嫌な気持ちを切り替えて消す方法を学んでおきましょう。

▼何回も何回もやり直しで呼びつけられて、やっと決定稿だとホッとしていたら、最後に社長が「イメージが違う」とクレームつけてきてまたやり直し、この仕事これが多くて本当に嫌!モチベーション落ちて嫌な気分が全く晴れず、ずっと同僚に愚痴を吐きっぱなし。(29歳・印刷)

嫌な気分を消す方法を間違ってませんか?④物や人に八つ当たりする

https://pixabay.com/

嫌な気分でイライラしたり、腹が立ったりすると無関係な人にまで当たり散らしてストレスを発散させようとする人がいますが、これは返って嫌な気分を増幅させてしまう大間違いの方法です。往々にして怒りや不満の対象は自分自身だとわかっているのですが、矛先を第三者に向けて「自分は悪くない!」「あいつのせいだ!」と他人のせいにすることで嫌なことから逃避したいだけ。カバンを机に叩きつけたり、ドアを思いっきりバタンと閉めたり、威嚇をしたり、関係のない人に捨て台詞や辛辣なことを言ったり。どの行動も「八つ当たりの自覚」があるがゆえ、全てブーメランとなって自分に返ってきます。つまり、物や人に八つ当たりするのは、嫌な気分のループに陥るだけで何のメリットもありません。

▼生まれて七ヶ月の赤ちゃんと、3歳でイヤイヤ期の子供がいて、育児をしながらリモートワークをするのは本当に疲れるし、作業に集中できません。夫は週に3日在宅でリモートですが「うるさくさせないで!」と家事にも育児にも非協力協力。イライラが蓄積して、思わず子供を怒鳴ってしまい自己嫌悪に陥ることも。夫婦仲も悪くなり、嫌な気分を引きずることが多くなってつらいです。(34歳・主婦)

嫌な気分を消す方法を間違ってませんか?⑤嫌いな人に執着する

https://www.pexels.com/ja-jp/

意地悪されたり、悪口を言われたり、性格の合わない人はどこの職場にもいるものです。本来ならば「人は合う合わないがあって当たり前だし、嫌いな人のことはスルーする」という人が多いものですが、逆に嫌いな人に執着するあまり、仕返ししてやろう、復讐してやろうなどと考える人もいるようです。嫌な気持ちの根源は自分の捉え方にあることに気づかず、自分が嫌な気持ちになるのは相手のせいだと思い込んでいるのです。そのため、嫌な気持ちを取り除きたい一心で、嫌いな人に執着してしまいがち。

ひょっとすると、あなたが嫌な気分になっているのは、相手が自分の嫌な部分と同じ要素を持っているからもしれませんし、あるいは嫉妬の感情があるかもしれません。いずれにしても、自分の嫌なところに目を向けないために、相手を攻撃し自分を保っている状態です。嫌な気持ちにさせる人を無視できず、また距離をとることもできずに怒り心頭で執着するなら、あなたはよっぽど暇なのです。

嫌な気分を消す方法を間違ってませんか?⑥嫌なことを考え続ける

関連記事