スポンサーリンク

スポンサーリンク

「HSS型HSP」HSSとHSPってなに?その特徴とは

「hss型hsp」をご紹介する前に、hssとhspにはそれぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

「HSS型HSP」HSPの特徴

https://pixabay.com/ja/

HSPとは1996年アメリカのエイレン・N・アーロン博士が考案した概念です。HSPとはHighly Sensitive Person の略で、病気や精神疾患などではなく、人よりも視覚や聴覚などの感覚が敏感で、感受性が豊かであるといった特性を持つことを言い、人口の5人に1人の割合でいると言われています。

HSPが刺激を感じやすい原因は、脳の不安や恐怖を感じたときに活動する部位である「扁桃体(へんとうたい)」の働きが生まれつき強いからです。

独立行政法人・放射線医学総合研究所が2010年に発表した研究によると、扁桃体の活動には個人差があるそうで、扁桃体が活発に働くHSPは、刺激に対して非HSPよりストレスを感じやすいとのことです。

さらに、HSPの過敏さには、神経伝達物質「セロトニン」も関係しており、精神科医の岡田尊司氏によると、セロトニンには扁桃体の興奮を鎮める役割があるものの「セロトニンを運ぶポンプの働き」が生まれつき弱い人がいるため、結果として扁桃体が過敏な状態になってしまうのだそうです。

このようにHSPの人がなぜ敏感なのかは、脳科学的に説明できます。決して気のせいとか気持ちが弱いからなどが理由ではないと、立証されているのです。

参考:https://studyhacker.net/what-is-hsp

HSPの人の特徴は4つ挙げられます。

スポンサーリンク