HSS型HSPとは一体どういうこと?気になる特徴や向いている職業を解説!

『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さんの本」』が話題になったことで繊細な人=hspという言葉が徐々に広がっていきました。それをきっかけに、今ではhss、hss型hspといった性格を示す言葉が提示されるようになりました。そこで今回、「hss型hsp」についてご紹介していきます。hss型hspとは一体どのような特徴があるのか、 hss型hspの性格を活かせる職業は何か、などhssとhspにも触れながらお伝えしていきます。

公開日:    最終更新日:

「HSS型HSP」HSSとHSPってなに?その特徴とは

「hss型hsp」をご紹介する前に、hssとhspにはそれぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

「HSS型HSP」HSPの特徴

https://pixabay.com/ja/

HSPとは1996年アメリカのエイレン・N・アーロン博士が考案した概念です。HSPとはHighly Sensitive Person の略で、病気や精神疾患などではなく、人よりも視覚や聴覚などの感覚が敏感で、感受性が豊かであるといった特性を持つことを言い、人口の5人に1人の割合でいると言われています。

HSPが刺激を感じやすい原因は、脳の不安や恐怖を感じたときに活動する部位である「扁桃体(へんとうたい)」の働きが生まれつき強いからです。

独立行政法人・放射線医学総合研究所が2010年に発表した研究によると、扁桃体の活動には個人差があるそうで、扁桃体が活発に働くHSPは、刺激に対して非HSPよりストレスを感じやすいとのことです。

さらに、HSPの過敏さには、神経伝達物質「セロトニン」も関係しており、精神科医の岡田尊司氏によると、セロトニンには扁桃体の興奮を鎮める役割があるものの「セロトニンを運ぶポンプの働き」が生まれつき弱い人がいるため、結果として扁桃体が過敏な状態になってしまうのだそうです。

このようにHSPの人がなぜ敏感なのかは、脳科学的に説明できます。決して気のせいとか気持ちが弱いからなどが理由ではないと、立証されているのです。

参考:https://studyhacker.net/what-is-hsp

HSPの人の特徴は4つ挙げられます。

・1つめは、脳内で受け取った情報処理の深さにあります。良く言えばじっくり考え抜き、洞察力が利きます。悪く言えば考えすぎとも言われます。ポジティブに捉えたときは、ひといちばい前向きにものごとに取り組めるし、いったんネガティブになると果てしなくリスクやだめなことしか見えない…と、どちらかに転ぶ傾向があります。

・2つめは、神経が過剰に興奮しやすいことが挙げられます。特に、集中して何かをしているときに、予期せぬちょっとした音や光、揺れに過剰なほどびっくりしてしまいます。単発的にどかんとくる刺激にも弱く、継続的にじわじわくる刺激も不快に感じられます。ですから、たとえ親しい間柄の人にでも、ずっと話しかけられていたりすると、ゲッソリ疲れたり、イライラしてしまうのです。

・3つめは、喜怒哀楽の感情反応が強いことです。感情を表に出す人も出さない人もいますが、感情を表に出さない人も、心の中では感情が高ぶっていることが多いです。また、共感力が高いのもHSPの特徴です。だいたい日本人は他人の様子を察する傾向にありますが、HSPの場合、脳のつくりの関係でその度合いが強く、他人の顔色だけでなく、体温やすれちがったときの風圧の強さにまで意味を持って感じられてしまいます。

・4つめはささいなことにすぐ気がつくことです。HSPの人は脳の中で目に飛び込んでくる情報をすべて処理するため、覚えてなくてもいいことも見てしまいます。人の倍頭が動いているため、活動時間が長い日は本当に疲れてしまって動けなくなるのです。

人があまり気にしないような所でもHSPの人は気がついてしまい、ストレスを抱えやすい傾向にあります。 一方ではHSPの人は周囲との調和を大切にするので、真面目で優しいと言われることが多いところも持ち合わせています。

HSPは特別な存在ではありません。5人に1人の割合なのですから、あなたのまわりにHSPがいるはずですし、あなた自身がHSPかもしれません。

タレントの田村淳さんや、モデル・俳優の最上もがさんなど、HSPであることを告白した有名人もいます。

「HSS型HSP」HSSの特徴

https://pixabay.com/ja/

「HSS」は、心理学者のマービン・ザッカーマンが提唱した概念です。HSSとはHigh Sensation Seekingの略です。活動的で刺激を追い求める性質を持つ人たちのことで、その特性は「いつもブレーキとアクセルの両方を踏んでいる」と表現されます。

好奇心が強く、新しいことに興味が次々と湧く特徴を持つため、周囲からは積極的でかなり行動的な性格という風に見えるでしょう。反面、次々と新たな刺激を求めてしまうため、1つのことを長続きさせることが苦手な傾向にあります。

・飽きやすくて移り気
・刺激を求めてしまい、周囲の言動を退屈に感じる
・衝動的な行動が目立って、周囲からの信用を失ってしまう

人間関係やコミュニケーションスキルに悩み、カウンセラーの元に相談に来る人は自分の問題点としてこう挙げ、HSSであることを指摘され初めて知る人が多くいます。

<HSS特有の悩み>

  • 本当の自分と周りから見える自分のギャップに悩む

本来の自分は繊細で傷つきやすいのに、活動的な気質が前面に出てしまうため、「いつもポジティブで元気」「心臓に毛が生えていそう」など、真逆の印象を持たれてしまいます。誰にも理解されないという悩みをいつも心に抱いています。

  • リーダーや幹事を任せられ、そつなくこなすが、あとでぐったり疲れる

エネルギッシュで社交的。話をしても楽しい人が多い上に、HSPの気が利く特性も持ち合わせているため、リーダーや幹事に適任です。しかし、任されるとがんばりすぎてしまい、任務が終わるとぐったりしてしまいます。

  • 人に関わりすぎて背負わなくてもいい責任を負ってしまう

リーダーなどを任されやすいだけでなく、正義感も強いので、人間関係の揉めごとの渦中に身を投じてしまいがちです。「自分のせいでこうなった」と思ってしまうこともあるため、背負わなくてもいい責任を背負ってしまいます。

  • 「繊細な人」の気質があるのに活動的になりすぎ、刺激過多で疲労する

エネルギッシュに動き回っていたと思ったら、急に電池が切れたように元気がなくなります。HSPと同じ刺激への対処をすることでオーバーヒートを未然に防げます。刺激を追求したあとはリラックスして休む時間を作るようにしましょう。

同じHSPでもHSSの悩みは、通常の刺激を感じやすいHSPとは多少異なります。しかし、刺激によってダウンしてしまうのは同じです。

HSSとHSPは対照的な2つの性格ですが、どちらにも共通して言えることは、病気や障害ではなく、その人が持って生まれ持った気質ということです。

参考:https://www.clinicfor.life/articles/d-023/

参考:https://www.nippku.ac.jp/faculty/04/column/hpstowa/

参考:https://fashionbox.tkj.jp/archives/1439143

HSS型HSPってなに?その特徴とは

一見正反対な気質と思われるHSSとHSPですが、最近では「HSS型HSP」といった2つの気質を持ち合わせる人もいることが明らかになっています。

繊細で傷つきやすく、感受性豊かで内向的というのが、一般的なHSPの特性です。このHSPの特性を持ちながら、外に対して自ら刺激を求める特性を併せ持つタイプの繊細な人がいることが明らかになり、High Sensation Seekingの頭文字を取って、「HSS型HSP」(刺激追求型HSP)と呼ばれるようになりました。

HSSは人口の5人に1人の割合でいると言われているHSPのうち30%しかいない、つまり人口の約6%しかいないマイノリティです。

そんなHSS型HSPとは一体どのような気質なのでしょうか。ここからはHSS型HSPについて見ていきます。

関連記事