尽くす恋愛が当たり前になってない?犠牲が多すぎる恋愛で考えたい事

恋愛は色んなものを犠牲にして尽くすもの?

恋愛をすると周りが見えなくなってしまったり、自分を犠牲にしてでも相手に必要以上に尽くすクセがある女性って、周りに一人はいませんか?

『あ…もしかして、自分もそういうところあるかも…』なんて感じる方もいるかもしれませんね。

大好きな人と一緒にいるのは、女性としてもとても嬉しいことなので、大好きでたまらなくて尽くす気持ちは、もちろんわかります。もっともっと、彼に自分を好きになって欲しいですもんね♡

そうやって、大好きな人に夢中になるのも、女性としての可愛い一面なのかもしれません。

しかし、もしそれが自分の家族や友人、趣味の時間など、自分自身を犠牲にしてまで尽くす状況になっていたら、それはどうでしょう?その好きな気持ちの伝え方って、相手にとっても自分にとっても良い愛情表現なのでしょうか?

『私、尽くす女だから』と割り切っている女性もいますが、犠牲にしているものがあると感じるのであれば、それは残念ながら良い恋愛とは言えません。

犠牲と感じていない方が危険!!

『私はこんなにしてるのに』『こんなにしてあげてる』という言葉は、間違いなくなにかしらの犠牲を感じているから出る発言ではないでしょうか。

ただ、一番怖いのは❝犠牲に気づいていないこと❞。犠牲って、言い換えると我慢をしたり無理をしたり、頑張り続けたりということなんですよね。

これが無意識のうちに溜まっていくのですから、徐々に心が蝕まれてゆき、気づけばどん底なんてことになる危険もあります。

『自分にとって、そんなの犠牲に値しない!』『私は恋愛に生きるの!』と、好きな人や恋人以外の人を傷つけたり不快にさせたりしていることにも気づけなくなっているとしたら、どんなに大切な人からの声も、もう届かなくなってしまっている状態です。

本人がそれでよければ良いのかもしれませんし、本人が自分の責任を負うだけなのかもしれませんが、大きな犠牲や傷を負うことも…。

尽くす恋愛って良いもの?悪いもの?

そもそも、恋愛で❝尽くす❞というのは、良いものである場合と、悪いものである場合の両方が存在します。

もともと恋愛体質だったり、久々の恋愛だったり、長年の片想いからの交際だったりすると、思わず尽くす恋愛をしてしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、『尽くす女=良い女』ではありません。尽くすにしても正しい尽くし方ってあるんですよね。少し、尽くす恋愛の良し悪しについて考えてみましょう。

いつかは尽くさないでいい日は来る?!

その尽くす恋愛が良いパターンであれば、尽くす日々にいつかは終わりが来ます。それは尽くして頑張らなくても、幸せでいられる日々が来るという意味です。

しかし、悪いパターンの場合であれば、尽くしても尽くしても、彼もあなたも満足することがありません。

つまり、恋愛を続けるほどに、もっともっと尽くさないといけなくなってしまうのです。実はこの差、不幸体質か否かにつながると言っても過言ではありません。

良いパターンの尽くす恋愛とは?

たとえば、彼が仕事でここぞという正念場を迎えていたり、頑張りたいことがあったりして、普段のようにデートできない時は、少し冷たく感じる時ってありませんか?

彼も毎日大変で疲れていて、忙しくしているので連絡もおろそかになってしまうこともあるでしょう。

男性って女性のように、あれをやりながらこれもやってという同時並行でなにかをするのが苦手な方が多いんですよね。

デートや連絡が減るというのは、彼女としては寂しいですし、連絡くらいしてよ!やれることは手伝うから頼ってよ!と言いたくなる方もいるかもしれません。

しかし、こういう時にこそ❝縁の下の力持ち❞として尽くすのは、良い恋愛と言えます。

むしろ、そんな彼の正念場や、やりたい事の心の支えになってくれた彼女に、穏やかな愛情を感じて一層好きになってもらえることもあるでしょう。

この場合の❝尽くす❞というのは、彼の状況に合わせること、彼を労うことです。

会いたいのを我慢しろ、待つ女になれというわけではありません。必要な時にはサポートするよ♡という心の余裕を持って、彼を見守ってあげるだけで十分です。

いつかは彼の正念場も落ち着く時が来るはず。彼が望む状況・やりやすい状況を作るように尽くすのは、内助の功として彼の中で、彼女への愛も深まることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました