【恋愛をすると増える?】女性ホルモンの増える恋愛と体への効果

そもそも女性ホルモンって何?

ティースプーン1杯で働きもの!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_supoon20141103212401_TP_V.jpg

生理、妊娠、出産といった女性ならではの出来事だけでなく、女性の若々しさや美しさにも大きくかかわっている女性ホルモン。その大事な女性ホルモンが生涯でティースプーン1杯分しか分泌されないってご存知でしたか?こんな少ない量なのに私たち女性の身体の中でとてもたくさんの役割を果たしてくれているのです。

ふたつの女性ホルモン

ホルモンは体内のさまざまな臓器から分泌され、その種類は100を超えると言われています。身体の健康を保つ役割を果たし、私たちにとってなくてはならない存在です。
その中で女性特有の身体つき、リズムに大きく影響を与えているのが女性ホルモンです。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。このふたつの女性ホルモンが月経と連動して、一定の周期で分泌量のバランスをとっています。

黄体ホルモンとは

黄体ホルモンは別名をプレゲステロンと言い、受精卵が着床するために子宮内膜を整えたり、基礎体温を高くしたりと妊娠とその継続を助ける働きをします。着床したあと妊娠を継続させるということは、乳腺を発達させたり、食欲を増進したり、体内の水分を保持しようとする働きをもたらすということです。黄体期にプロゲステロンが多く分泌されるとむくみが出たり、食べても食べてもまだ食欲があるということが起こります。生理前に体重が増えたりむくんだりするのはこのせいです。また、人によっては腰痛、頭痛、吹き出物、イライラで悩むことも多くあります。

卵胞ホルモンとは


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CRI_IMG_6001_TP_V.jpg

肌や髪のハリやうるおいを保ち、丸みを帯びた女性らしい体つきを作るだけでなく、記憶力や集中力、骨密度、自律神経に作用し、女性の身体全体の健康を支える働きをしているのが卵胞ホルモン、別名エストロゲンです。
一番の大きな役割は、卵胞を成熟させたり子宮内膜を厚くして受精卵のベッドを作ること。妊娠のための準備を整えてくれるのです。
生理の終わりごろからエストロゲンの分泌が多くなると、黄体期と比べてお肌もきれいになりむくみも解消され、気持ちも穏やかになるなど心身ともに安定した時期に入ります。

女性ホルモンが体に与える影響って?

女性にはいくつものステージがある

女性のライフステージは大きく分けて4つあります。月経を迎える時期である「思春期」、妊娠出産を経験する「成熟期」、閉経前後の「更年期」、月経が終わった「高齢期」。女性ホルモンの変化にともなって、これらのステージは変化していきます。
思春期から更年期までは女性ホルモンに守られている期間と言われ、心と身体の健康を保つ役割を果たしてくれています。

どんなときにホルモンバランスが崩れるの?

体内で分泌されるホルモンということは、私たちの食生活や生活習慣が大きく影響するということです。無理なダイエットや偏った食生活を送っていたら、当然ホルモンバランスは崩れます。食事をする時間が不規則であったり睡眠時間もマチマチであるなど生活のリズムが崩れると、ホルモンバランスも崩れやすくなります。
カフェインを摂りすぎたり、過度なストレスに悩まされていたり、薄着や空調などで冷え性になったりすると、これもまたホルモンバランスを崩してしまいますので気をつけましょう。

女性ホルモンのバランスが崩れたらどうなるの?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE160224500I9A0384_TP_V.jpg

ホルモンバランスが比較的良好な25~34歳の場合ストレスやダイエットでホルモンバランスを崩すことが多いのですが、症状としては生理不順や生理痛、めまいのほかに、疲れが取れないといった不定愁訴もあらわれます。
時期としてはホルモンバランスが安定している時期なので、しっかりと質のいい睡眠をとることで解決することも多いです。
35歳からは更年期に入る前の準備のようなもので、女性ホルモンの分泌が減少することによる影響に悩むことが多くなります。更年期はまだ先と思っているとこの時期がつらくなるので、プチ更年期と割り切り、心と身体のバランスを自分でもコントロールできるように「楽しいことを見つけて時間を使う」「ダイエットを心がける」「生理前は無理をしない」など小さな対策を心がけましょう。
45歳からの更年期は「更年期障害」に本格的に悩む時期です。自律神経が乱れて倦怠感や不眠に悩んだりします。人によって症状は様々なのですが、ひどいときには病院や漢方などに頼って、少しでも楽に乗り切りたい時期です。

「恋愛をすると女性ホルモンが増える」は本当?

女性ホルモンは淡々と分泌されています

年頃の女性のアンケートで、9割近くの人が「恋愛をすると女性ホルモンが出る!」と思っているという結果が出ました。果たして本当なのでしょうか。
女性ホルモンは視床下部からの指令によって卵巣で分泌されます。淡々と。視床下部は「あ、バランス悪いな」「ちょっと足りないな」と感じたら「出せ!」と指令を送るという単純な作業を淡々とこなしているだけなので、自分が出したいと思っても出るものではないし、誰かを好きになったりドキドキしたりする恋愛中ならたくさん出るというわけでもありません。
残念ですね。

女性ホルモンは多ければ多いほど良いの?

女性ホルモンが自分の意志で分泌したり増減したりできないことが分かりましたが、となると何の努力もせず生まれつきホルモンの分泌量が多い人をうらやましく思ってしまいますね。でもちょっと待って。女性ホルモンが多ければ多いほど女性らしくなってきれいになれるかと言えばそうではないのです。
確かに、エストロゲンは別名「美のホルモン」と言われますが、これが過剰になると乳がんや子宮体がんのリスクが高まるというマイナス面もあるのです。大切なのはプレゲステロンとエストロゲンを適量バランスよく分泌すること。女性ホルモンはとても繊細なのです。

恋愛しても無駄?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KZ1796014_TP_V.jpg

でも恋愛と女性ホルモンが全く無関係かと言えばそうではありません。良い恋愛をして楽しい、嬉しいという気持ちを味わうと、ホルモンのバランスが整う可能性があることが分かっています。でもそれは、恋愛に限らず自分にとって楽しいこと、幸せなことであればOK。ホルモンの増減やオンオフのスイッチは操作できませんが、ストレスを軽減して幸せな気持ちを味わうことで女性ホルモンのバランスを整えることができ、それが女性の「キレイ」につながるのです。

恋愛中のキレイの秘密はPEA

恋愛している女性はキレイだ、というのは今も昔も定説ですね。本人の努力ということもありますが、恋愛をすると分泌される幸せホルモンが影響していると考えられています。まず、フェニルエチルアミン(PEA)は身体の代謝を高める働きがあり、新陳代謝がよくなる、便秘が改善するなどの効果が。その結果、ダイエットが成功しやすくなったり、お肌がキレイになったりするのです。さらに気持ちを前向きに明るくしてくれる働きもあるので、いつも穏やかでにこにこと笑っていられるステキな女性に見られることも増えます。

他にもある幸せホルモン


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/214hariIMGL8973_TP_V.jpg

またオキシトシンというホルモンも分泌されます。これは母性ホルモンとも呼ばれていて、恋愛中に相手を深く信じる気持ちや相手を守りたいという思いを強め、愛情豊かで優しい状態にしてくれます。オキシトシンが分泌されやすいのは相手との触れ合いのとき。好きな相手と触れ合い、相手のことを思えば思うほど分泌されやすくなります。
そして快楽ホルモンであるドーパミン。別名、脳内麻薬。嬉しいとき、幸せだと感じたときなどにたくさん分泌されて、この心地よい状態を継続しようとします。恋愛をして、好きな人と一緒にいてドキドキするのはドーパミンが大量に分泌されているから。この気持ちの良さはやる気を高めてくれ、目的達成のためのモチベーションを維持してくれます。ダイエットしたい、おしゃれを頑張りたいなど普段ならくじけやすい目標でも、恋愛中ならば好きな人に振り向いてもらいたいというモチベーションを高く保つことができ、達成までたどり着くことができます。

女性ホルモンが増える正しい方法とは?

女性ホルモンのバランスが大事

前述のとおり「女性ホルモンは多ければ多いほどいいわけじゃない」のですが、女性ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンが増えると、髭が濃くなったり、あごニキビができたり、産毛が濃くなるなどのショックな事態に。やみくもに女性ホルモンを増やすのではなく、必要な時に適量、バランスよく分泌されるようにしてあげることが大切です。
女性を美しく健康に保ってくれる女性ホルモンを味方につけて、いつまでもきれいでいたいですよね。

女性ホルモンをコントロールする方法


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HOTE86_yubinebijyo15104337_TP_V.jpg

女性ホルモンは生活習慣の改善によって整えることができると言われています。食事の時間や栄養、睡眠をしっかりとる、ストレスをため込まず発散するなどを意識することによりバランスを整えることができます。恋愛中にダイエットというのは良くある話ですが、過度なダイエットで栄養が足りないと女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、せっかく幸せホルモンが出てもきれいに見えませんよ。気をつけましょうね。
長時間の睡眠がとれない場合はその質を改善しましょう。寝る直前までパソコンやスマートフォンをあつかっている人も多いですが、就寝の1時間前には照明を抑えめにする、パソコンやスマートフォンの画面ではなく雑誌や本に切り替える、アロマオイルなど良い香りで深い呼吸をするなどして眠りに就きやすくし、睡眠の質を上げましょう。
また、血行を良くすることも大切です。ホルモンは血液に乗って運ばれますから、血行を改善することでスムーズに身体の機能が働き、ホルモンバランスを整えることができます。ゆっくりお風呂に浸かるなどして血行を促進しましょう。

女性ホルモンの代わりに


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YAMA_DSC2380_TP_V.jpg

食べ物には女性ホルモンを整える働きをするものがあります。身体の細胞を作るたんぱく質を積極的に摂り、新陳代謝を促す鉄分をおぎなうなど、食べ物で健康的な身体作りを心がけましょう。
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われている大豆製品やザクロ、漢方などでバランスを整えるのもいいでしょう。最近ではサプリメントも多く出回っていますが、いいものも「過ぎる」と毒になります。特に大豆イソフラボンは摂りすぎないように1日の摂取量目安が決められていますので注意しましょう。

女性ホルモンではなく、恋する気持ちがあなたをキレイに♪

女性ホルモンを正しく理解しましょう

恋愛をすると女性ホルモンがドバドバ出ると思っていたあなた。女性ホルモンがたくさん出れば魅力的になれると思っていたあなた。女性ホルモン=フェロモンと思い込んでいたあなた。そんな簡単な問題じゃないことがよくわかったはずです。
人間の身体は複雑で神秘に満ちた繊細なもの。100以上ある人間のホルモンの中で女性特有の体つきと健康をつかさどる、とても重要なものが女性ホルモンです。そしてそれはとても崩れやすく、あなたの「現在」も当たり前ではないのです。
自分の身体を正しく理解して、大切にいたわってあげましょうね。

でも恋する気持ちはキレイのもと!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hartIMGL0481_TP_V.jpg

恋愛によって女性ホルモンが増えるわけでも、恋愛が女性ホルモンをコントロールしているわけでもありませんが、女性は誰かを好きになる気持ちやドキドキした感情を味わうことによって起こる体内の変化と自分の努力によって「キレイ」になれます。だから、恋をするのは無駄じゃないし、キレイのヒントや可能性が恋愛にはたくさんあります。
さぁ、どんどん恋をして、もっとキレイになりましょう!

タイトルとURLをコピーしました