スポンサーリンク

買い物がやめられない!これって買い物依存症?特徴と克服方法とは
スポンサーリンク

買い物依存症とは?

買い物依存症は、控えたい・やめたいと思っているのにやめられず、なんらかの支障を来たす「依存症」という病気のひとつです。依存症は特別な人の病気ではありません。誰しもなりえるこころの病気です。

初めは快感を得られて楽しかったようなものでも、繰り返していくと物足りなくなり、以前みたいな刺激を感じられなくなります。より強い刺激を求めて、量が増えたり、額や費やす時間が増えたり次第にエスカレートしていくようになります。買い物が、必要なものを買うための行為ではなく、気分を変えるため、高揚感や快感を得るための手段になってしまうのです。行為そのものを必要としているので、買った物自体にはさほど興味や執着はありません。快感の大きさより困りごとの重さが増えてきてもやめられなくなってしまい、日常生活に支障がでるようになります。金銭や人間関係、健康上のトラブルを抱え、家庭だけでなく社会的にも問題を引き起こすようになってしまいまうのです。

最初は家族から買い物のことを指摘され、嫌な気分になって関係がぎくしゃくしたなどと軽いものかもしれません。やがて莫大な借金、横領や窃盗などの犯罪にまで行き着き、それでも止まらなくなりとても苦しみます。買い物依存症の末路は辛く苦しく悲しいものです。買い物の問題に気づいた今、買い物依存症に向き合って回復を目指していくことが大切なのです。

買い物依存症は行動への依存

買い物依存症は薬物やアルコールなどの物質に依存するのではなく、買い物という行動に依存している状態です。依存症は次の3つに分けられます。

・物質依存

アルコール、薬物、ニコチンなどの特定の物質に対する依存。中毒症状など体におよぼす影響が大きい。

・行動(行為)依存

ギャンブル、摂食、スマホ、ゲーム、買い物、仕事などの行為に対する依存。精神状態におよぼす影響が大きい。

・人間関係依存

共依存、恋愛依存、DV、虐待、性依存、宗教依存など人間関係に対する依存。家族やコミュニティなど社会的に及ぼす影響が大きい

これら3つは形は違いますが、本質的には同じです。依存の対象が脳に快感をもたらし、ふっと楽になったり、高揚したりと気分を変えてくれる作用をもたらします。同時に依存の快感によって、その人なりの生きていく上での苦しさや過酷さが瞬間癒えるという自己治療の側面もあるのです。そのため、次第に依存しているものから離れられなくなってしまい、万が一断たれた場合他の依存にすり替えられる堂々巡りを生み出すことにもなります。

また、他の精神疾患へ移行したり、ひいては自死を試みるようになる危険性も孕んでいます。もちろん特別な人の話ではなく、買い物に楽しさを感じることのできる誰もが、そうなる可能性を秘めているのです。

買い物依存症はコントロール障害

買い物依存症は買い物に対するコントロールを失った状態で、医学的には制御障害 と呼ばれます。やめられない、止まらないといったことは誰もが経験している事ですが、依存とはどこが違うのでしょうか。コントロールが効かないといえる行動は次の8点です。

  1. 最初に計画していたよりも多額に、多量に、長期間、買い物をしてしまう
  2. 買い物を減らす、あるいはやめることを試みるけど、何度も失敗してしまう
  3. 多くの時間を買い物に関することの計画や想像、資金捻出、買い物したあとの後悔に費やしている(四六時中ネットショッピングサイトを徘徊しているなども含む)
  4. まるで日常生活の活動のすべてが買い物を中心に回っている気がする
  5. 買いたいという強烈な欲求が衝動的におこって、頭の中がそれでいっぱいになる
  6. 買い物やその支払いが原因で、職場、学校、家庭で果たすべき役割を果たすことができなくなることがある
  7. 買い物が原因で悪化した対人関係上の問題で困ったり悩んだりしても、また買い物をしてしまう
  8. 買い物が原因で仕事に支障がでる、金銭的にも苦しくなり友達づきあいや娯楽的な活動の時間がかなり減る

自分の意思とは裏腹に、

  • 買い物に時間をかけすぎた
  • お金を使いすぎた
  • 他のことが手につかない
  • 他に楽しみが見いだせなくなった

といったことに心当たりがあるかもしれません。

楽しいはずの買い物に、後々こうした罪悪感や虚しさを感じるようになったら、それはあなたの望んでいる楽しい買い物ではなくなってしまっています。やめようと思って、色々な策を講じるでしょう。それでもまたやってしまったとなれば、もうコントロールを失っているのです。

スポンサーリンク

これは買い物依存症?ただの趣味?

これは買い物依存症なのか、それともただの趣味なのかという疑問が生まれるでしょう。自分がただの買い物好きで趣味の範囲でやっていることなのか、それとも買い物依存症なのかは、D・A(買い物依存症者の自助グループ)のセルフチェックが判断基準の参考になります。

買い物依存症のセルフチェック

買い物依存症かどうかを判断する指標に、デターズ・アノニマス(買い物依存症者の自助グループ)の20の質問というチェックリストがあります。

  1. 強迫的な買い物・浪費・借金に対し自分自身ではどうにもならないと考える事があった。
  2. 強迫的な買い物・浪費・借金に対して降参したらその方が幸せだと思うことがあった。
  3. 強迫的な買い物・浪費・借金をいけないと思って止めようとしたり、制限しようとした事があった。
  4. 悩みや不安やトラブルから逃げようと強迫的な買い物・浪費・借金をしてしまう事があった。
  5. 強迫的な買い物・浪費・借金のために仕事や学業がおろそかになることがあった。
  6. 強迫的な買い物・浪費・借金のために家族が不幸になることがあった。
  7. 強迫的な買い物・浪費・借金をしている時に大きな優越感や陶酔感を感じる事があった。
  8. 強迫的な買い物・浪費・借金の後で罪悪感や自責の念や落ち込みを感じる事があった。
  9. 強迫的な買い物・浪費・借金の刺激からコントロールされていると感じる時があった。
  10. 強迫的な買い物・浪費・借金の後ですぐに強迫的な買い物欲求にとらわれる事はあった。
  11. 強迫的な買い物・浪費をしても開封しなかったり使用しなかったりする事があった。
  12. 次から次へと強迫的な買い物・浪費・借金をしながらも何故か空虚感が消えない事があった。
  13. 強迫的な買い物・浪費・借金のために不眠になったり、能率や集中力が低下することがあった。
  14. 一文無しになるまで強迫的な買い物・浪費をする時があった。
  15. 強迫的な買い物・浪費・借金(返済)の資金を作るために自分や家族の物を売る事があった。
  16. 強迫的な買い物・浪費・借金の支払いのために正常な支払いが出来なかった事はあった。
  17. 強迫的な買い物・浪費・借金のために不相応な負債(カード・ローンなど)があった。
  18. 強迫的な買い物・浪費・借金のための負債(カード・ローンなど)の支払いを工面するのが困難になった事があった。
  19. 強迫的な買い物・浪費・借金のため法律に触れる事をしたとかしようと考えることがあった。
  20. 強迫的な買い物・浪費・借金をし続ける時、悪い環境の方に向かっていると思うことがあった。

多数の項目に当てはまる方は強迫的買い物・浪費・借金依存症である可能性が高いです。

参考:https://kaimonorouhi.jimdofree.com/

依存と趣味の線引き

スポンサーリンク