スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕事が続かない!HSPってどんな人?

「仕事が続かない」という悩みを抱えがちなHSPとは一体どのような人なのでしょうか。まずはHSPについて説明します。

HSPとは一体何?

https://unsplash.com/

HSPとは「highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略です。人より敏感で繊細な神経を持っている人のことで、アメリカのエレイン・N・アーロン博士によって提唱されました。

HSPは病気ではなく生まれ持った気質、その人の持つ特性です。病気ではないので生涯その気質は変わることなく、根本的な治療法というものも確立されていません。

また人口の15〜20%、5人に1人がHSPだと言われています。特別な一握りの人ではなく、かなり多くの人がHSPの特性を持っているのですね。

HSPの特性

https://unsplash.com/

HSPの特性は、以下の4つのことが挙げられます。

・考え方が複雑、深く考えてから行動する
・刺激に敏感で疲れやすい
・共感力が高い人の気持ちに振り回されやすい
・あらゆる感覚が鋭い

HSPは考え方が複雑で、様々なことを深く考えてから行動します。そのため、行動するまでに時間がかかったり、多くのことが心配になりなかなか行動に移せないこともあります。

また刺激に敏感、他者に対しての共感力が高いというのもHSPの特性です。その敏感さや繊細さゆえに、周囲の環境や他者との関わりの中で過剰に神経を使い、疲れを感じやすくもあります。

HSPの気質を持つ方は、日常生活や仕事の中で生きづらさを感じる人も少なくありません。

スポンサーリンク