HSPで仕事が続かない!繊細さで悩む人の仕事の探し方

仕事が続かない!HSPってどんな人?

「仕事が続かない」という悩みを抱えがちなHSPとは一体どのような人なのでしょうか。まずはHSPについて説明します。

HSPとは一体何?

HSPとは「highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略です。人より敏感で繊細な神経を持っている人のことで、アメリカのエレイン・N・アーロン博士によって提唱されました。

HSPは病気ではなく生まれ持った気質、その人の持つ特性です。病気ではないので生涯その気質は変わることなく、根本的な治療法というものも確立されていません。

また人口の15〜20%、5人に1人がHSPだと言われています。特別な一握りの人ではなく、かなり多くの人がHSPの特性を持っているのですね。

HSPの特性

https://unsplash.com/

HSPの特性は、以下の4つのことが挙げられます。

・考え方が複雑、深く考えてから行動する
・刺激に敏感で疲れやすい
・共感力が高い人の気持ちに振り回されやすい
・あらゆる感覚が鋭い

HSPは考え方が複雑で、様々なことを深く考えてから行動します。そのため、行動するまでに時間がかかったり、多くのことが心配になりなかなか行動に移せないこともあります。

また刺激に敏感、他者に対しての共感力が高いというのもHSPの特性です。その敏感さや繊細さゆえに、周囲の環境や他者との関わりの中で過剰に神経を使い、疲れを感じやすくもあります。

HSPの気質を持つ方は、日常生活や仕事の中で生きづらさを感じる人も少なくありません。

HSPのメリット

https://unsplash.com/

HSPはマイナスなことではありません。HSPには様々なメリットがあります。

周囲の人よりも共感力、洞察力が優れているため、相手の気持ちを読み取ることが得意で大変聞き上手。人に寄り添う力が高いので、悩みを相談されたり、心を開かれやすいという特徴があります。

また五感が鋭く、人とは違う高い感性を持っている人も多いです。想像力や独創性も優れているため、芸術家や音楽家として活躍する人もいます。

細かい部分にも気が付き慎重派であることもHSPの特性です。細かいミスや違いをキャッチし、丁寧な仕事ができるHSPの人は、大きなプロジェクトや細かい設計など、ミスが許されない現場で重宝されます。

HSPその特性を活かすことができれば、様々な場面で周囲から一目置かれる存在となるのですね。

HSPのデメリット

https://unsplash.com/

HSPにはデメリットもあります。まず重要なのが本人はとても疲れやすいという点です。

人間関係や環境の変化に敏感なHSPはちょっとしたことで神経を消耗してしまいます。共感力が高いために、他人の身に起きていることでも自分の事のように心に響いてしまい、人の何倍もストレスを感じてしまうことも。

また、五感が鋭いため、音や匂い、眩しい光等が気になり、日常生活に支障をきたす場合もあります。他の人が気にならないことが、HSPとっては重大なストレス要因になり得るのです。

どうしても他人の顔色を窺い、やるべきことに集中できないという悩みもHSPが抱えやすい悩みの一つです。敏感であるために、相手の些細な仕草や言動から相手の考えを察知することができるHSPは、常に相手にどう思われているのか気にしすぎてしまいます。その結果やるべきことが疎かになり、目的を達成できず自信を失ってしまうこともあるのです。

HSPはその特性をうまくコントロールできないと、生きづらさを感じることが多くなってしまいます。

参考:
書籍「気が付きすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 武田友紀 飛鳥新社 2018

タイトルとURLをコピーしました