効率良くきれいに!大掃除する場所のリストとコツを紹介

大掃除をしたいけれど、何から行えばよいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな時に役立つのが大掃除リストです。普段の掃除とは違った大掃除ならではの掃除する場所のリストや、大掃除を行う前にやっておく事リスト、また各場所ごとの掃除の仕方とコツについて詳しくご紹介します。

公開日:    最終更新日:

大掃除するならリストに沿って行うのがおすすめ

家の中全体を集中的に掃除する大掃除は、普段あまり掃除をしないような場所もきれいできる反面、掃除を行う箇所がいつもよりも多いため、効率よくスムーズに進めていく必要があります。そこで、大掃除をきれいに手際良く進めるためのコツが大掃除リストです。

大掃除リストを使うことで、大掃除をする前までにやっておくことや必要な物、また、どこを掃除すれば良いのか、今どこまで進んでいるのかがリストを見れば一目でわかりますので、時間を無駄にすることなく効率良く大掃除を行うことができます。

これから大掃除をしようと考えている人は、ぜひ大掃除リストを活用しましょう!

大掃除をする前にやっておくことリスト

大掃除をする前の準備をリスト化して、事前に終わらせておく事をしっかりとやっておく事がスムーズな大掃除へと繋がるコツです。ここでは、大掃除当日までにやっておくことや準備することのリストを紹介します。

大掃除前にやっておくことリスト①部屋を片付ける

https://pixabay.com/ja/

大掃除では通常の掃除では行わないような場所もきれいにするため、通常行っている掃除はあらかじめ別の日に済ませておきましょう。部屋が散らかっている状態で大掃除を始めるとなると、散らかっている物を片付ける作業が加わることによって更なる時間のロスになります。

大掃除に専念するためにも、散らかった物はあらかじめ片付けておくなど通常の掃除は事前に済ませておくのがコツです。

大掃除前にやっておくことリスト②不要な物を捨てておく

https://pixabay.com/ja/

持ち物を整理して必要なものとそうでないものを仕分けし、不要な物は大掃除の前に処分しておきましょう。物が少なくなることでより大掃除がしやすくなります。

捨てるということに抵抗がある人もいるかもしれませんが、不要な物をいつまでも持っているより、自分に必要な物だけを置いておくことで整理整頓がしやすくなり、居心地の良い空間の維持に繋がります。

大掃除をする前だけでなく、定期的な断捨離を行うと家の中が常にスッキリとしてより快適に過ごせるのでおすすめです。

大掃除前にやっておくことリスト③掃除をする順番を決める

どのような順番で大掃除を行っていくのかを事前に決めておきましょう。あらかじめ順番を決めておくことで、「次はどこを掃除しようかな」と悩む必要がありません。

掃除を行う順番を決める際に、水回りから先に掃除を行うようにしましょう。これは、水回りの掃除を行う際に汚れが飛び散ることがあるためです。キッチンやトイレ、洗面所などから先に掃除を行いましょう。

大掃除前にやっておくことリスト④必要な物を揃える

https://pixabay.com/ja/

大掃除を行うにあたって必要な物があります。これらを大掃除をする時までに揃えておく必要があるため、事前にリスト化して準備をしておきましょう。

大掃除に必要な物リストをご紹介しますので、こちらのリストを参考にして必要なものを揃えましょう。

・マスク

掃除を行っていると、咳が出たり鼻水などのアレルギー反応が出るという人も多いのではないでしょうか。これは掃除を行うことでハウスダストが空気中に舞っているのが原因です。埃を吸い込まないように、掃除をする際にはマスクをしながら行いましょう。複数人で大掃除を行う際には人数分のマスクを用意しておくようにしましょう。

・軍手

大掃除を行うと自然と手が汚れます。汚れた手で触るとせっかく綺麗にしたところも汚してしまうため、軍手をして掃除を行いましょう。軍手は汚れを防ぐ以外にも、細かい場所の掃除やブラインドの掃除や、物を移動させる際に滑りにくいため役立ちます。水回りの掃除の際にはゴム手袋を用意しておくと手荒れ防止にもなります。

・ポリ袋

掃除をしているとゴミが大量に出ますので、大きめのポリ袋を用意しておきましょう。ビニールは薄手なものよりも丈夫なものを選ぶと破れてしまう心配がありません。大掃除では思っていたよりも多くのゴミが出るものです。そのため、ポリ袋は多めに用意しておくと安心です。

・雑巾

雑巾は掃除に必要な物リストに欠かせないアイテムです。雑巾は100均ショップでも購入できますが、あえて購入しなくても古くなったタオルやTシャツでも代用できますので、処分するものがあればぜひ再利用しましょう。タオルやTシャツを使用する際には、あらかじめ適当なサイズに切っておくと使う時に便利です。

・使い古した歯ブラシ

使い古した歯ブラシは窓のレール部分や水回りの細かい部分に使用できます。古くなった歯ブラシは捨てずに掃除をする時まで保管しておくようにしましょう。歯ブラシが無い場合には、割り箸に雑巾やキッチンペーパーを巻き付ければ代用できます。

・新聞紙

埃や汚れが酷いものを綺麗にする際には、床にそのまま置いて掃除せずに新聞紙を敷いて掃除をすると床のが汚れるのを防げます。掃除が終わったらそのまま丸めて捨てれば良いので便利です。また、新聞紙は水に濡らせば窓ガラスの掃除にも使えるので意外と便利なアイテムです。

・バケツ

雑巾を洗うのに都度洗面所に行くよりも、水を入れたバケツを持っていく方が移動時間がカットされるため効率的に掃除が行えます。またベランダの清掃で水を一気に流したい時にもバケツが活躍します。最近ではコンパクトにしまえるバケツや物を入れとしても使えるバケツなどもありますので、大掃除後の使い方や置き場所に悩むという人におすすめです。

・エプロン

衣類の汚れたり濡れたりするのを防ぐためにも、大掃除を行う際にはエプロンを着用しましょう。エプロンのポケットにゴミ袋や雑巾などの頻繁に使うものを入れておくと、使いたい時にさっと取り出せるので便利です。

・アルカリ性洗剤

アルカリ性洗剤は、酸性の汚れを効果的に落とします。重曹やセスキ炭酸ソーダは油汚れに効果的です。水にも溶けやすいので、スプレーボトルに入れてスプレー液として使用できます。

・酸性洗剤

アルカリ性の汚れに効果があり、水垢やトイレなどの黄ばみを綺麗にする際に役立ちます。粉末状のクエン酸は、水に溶かしてスプレー液を作り汚れに噴射して使います。頑固な汚れの場合には、粉末のまま振りかけて使うこともできます。

・酸素系漂白剤

酸素の力で汚れを落とす酸素系漂白剤は、水に薄めたスプレー液として使用したり、つけ置きすることで汚れを綺麗にします。除菌効果もあるため、浴室やキッチンの掃除の際に活躍しますので、用意しておきましょう。

大掃除は基本的な手順で行うのがコツ

大掃除を行う時に大切なのが掃除を行う手順です。目についた所を闇雲に掃除するよりも基本的な手順に沿って行うことで効率が良く大掃除を行えます。ここでは、大掃除の基本的な手順について説明します。

大掃除のコツ①「上から下へ」「奥から手前へ」の順で行う

https://pixabay.com/ja/

埃取りや拭き掃除は、上から下の順番で行います。床から掃除を行い、その後照明器具の掃除をすると、せっかっく綺麗にした床の上に埃が落ちてしまうため再度床掃除をしなくてはならなくなってしまいます。効率良く掃除を行うには、天井や照明器具の埃などを先に落としてから家具の埃取りや拭き掃除を行いましょう。そして最後に床の掃除を行うのがコツです。

また、掃除を行う場所にも順番があり、内から外へと掃除を行います。寝室から始めてリビングの掃除を行い、最後に玄関という順番で行うと効率良くできます。

棚の中を掃除する際には、棚の中の物を全て出して奥から手前に拭き掃除を行ってから、棚の中の物を元の場所に戻します。

大掃除のように複数の場所を一気に掃除する場合には、無駄なく効率良く行たいですよね。そのためにも掃除を行う順番を意識しながら行ましょう。

関連記事