コロナウイルスが原因で気持ちが落ち込む…前向きになる為の改善方法

コロナウイルスが原因で鬱になる人が増えている

日本人は他の国と比較しても睡眠時間も労働時間も圧倒的に多く、働きすぎでは?と言われる程、必死に働いている人が多い国です。家族の為、自分の為にと目的をもって働いているのではないでしょうか?

しかし、今年はまさの新型コロナウイルスの大流行で世界中がパンデミック状態となり、日本でも緊急事態宣言が出るなど日常生活が一変しました。この環境の変化で気持ちがついて行けず、強いストレスを感じでしまい不眠や不安感、食欲不振など体の不調を訴えている人も多く、精神科を受診される方も今年は増えてします。

コロナウイルスが原因で気持ちが落ち込むのはなぜ?

何だか最近気持ちがすっきりしない。今まで楽しいと思っていたことも全然楽しいと感じない。人と話すことも苦痛で悩んでいる。こんな悩みを抱えている人は、もしかしたらコロナウイルスが原因で気持ちが落ち込んでいるのかもしれません。なぜ、コロナウイルスが原因で気持ちがが落ち込むのか。その原因は次のことが考えられます。

なぜコロナで気持ちが落ち込む?なかなか外出ができない

ニュースを見て、コロナウイルスの感染者数をみると、未知のウイルスの脅威に「怖い」と思ってしまいますよね。自分も感染しない為にも、今年は不要不急の外出を控える人も多いのではないでしょうか。好きなように外出が出来なくなり、行動を制限されると強いストレスを感じてしまいます。特に、趣味が旅行という人や週末はイベントへ出かけるなどアクティブに活動をしている人は、こういったイベントや旅行などの外出が制限されることでストレスが溜まってしまいます。

緊急事態宣言が解除されてからは、県をまたいでの外出も可能になったり、映画館や温泉など様々な施設もコロナウイルス対策がされており、楽しむこともできる様にはなったものの、やはり感染者数が0という訳ではないので、心配してあまり外出を楽しめないと感じる人もいるのではないでしょうか。

なぜコロナで気持ちが落ち込む?在宅ワークをする人が増え人とのコミュニケーションが減った

職場へ行くと、どうしても人と接するので完全にコロナウイルスから身を守ることは難しいです。営業の方は外回りが基本ですので、色んな方と接触しますし、事務職の方もずっと同じ空間に長時間いるので気になりますよね。そのため、多くの企業が「在宅ワーク」という新しい働き方を取り入れ、自宅にいながら仕事をしている人も多いです。確かに、自宅にいれば不特定多数の方と接触することはありませんし、コロナウイルスに感染する不安も少ないでしょう。ですが、その代わりに人と関わることが圧倒的に減るので、コミュニケーションを取る機会が少なくなりました。職場へ行けば色んな方と会いますし、様々な業務連絡で人と話をすることもあるでしょう。休憩時間は同僚と一緒にランチをしたり、人と接することでストレスを発散したり新しい刺激を受けることもたくさんあります。

しかし、在宅ワークではそれが出来ません。リモート会議で久しぶりに顔を見ることはあるかもしれませんが、それでも圧倒的に人と関わる時間が少ないです。人と関わらなくなると孤独と不安感が増してしまい、落ち込むことも多くなります。特に人と関わることが好きな方は、職場の仲間となかなか会えず、落ち込む人もいるのではないでしょうか。コロナウイルスへの感染予防対策としては良いのですが、人とのコミュニケーションが減ってしまうことは新たな問題ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました