スポンサーリンク

コロナウイルスが原因で気持ちが落ち込む…前向きになる為の改善方法
スポンサーリンク

コロナウイルスが原因で鬱になる人が増えている

日本人は他の国と比較しても睡眠時間も労働時間も圧倒的に多く、働きすぎでは?と言われる程、必死に働いている人が多い国です。家族の為、自分の為にと目的をもって働いているのではないでしょうか?

しかし、今年はまさの新型コロナウイルスの大流行で世界中がパンデミック状態となり、日本でも緊急事態宣言が出るなど日常生活が一変しました。この環境の変化で気持ちがついて行けず、強いストレスを感じでしまい不眠や不安感、食欲不振など体の不調を訴えている人も多く、精神科を受診される方も今年は増えてします。

スポンサーリンク

コロナウイルスが原因で気持ちが落ち込むのはなぜ?

何だか最近気持ちがすっきりしない。今まで楽しいと思っていたことも全然楽しいと感じない。人と話すことも苦痛で悩んでいる。こんな悩みを抱えている人は、もしかしたらコロナウイルスが原因で気持ちが落ち込んでいるのかもしれません。なぜ、コロナウイルスが原因で気持ちがが落ち込むのか。その原因は次のことが考えられます。

なかなか外出ができない

ニュースを見て、コロナウイルスの感染者数をみると、未知のウイルスの脅威に「怖い」と思ってしまいますよね。自分も感染しない為にも、今年は不要不急の外出を控える人も多いのではないでしょうか。好きなように外出が出来なくなり、行動を制限されると強いストレスを感じてしまいます。特に、趣味が旅行という人や週末はイベントへ出かけるなどアクティブに活動をしている人は、こういったイベントや旅行などの外出が制限されることでストレスが溜まってしまいます。

緊急事態宣言が解除されてからは、県をまたいでの外出も可能になったり、映画館や温泉など様々な施設もコロナウイルス対策がされており、楽しむこともできる様にはなったものの、やはり感染者数が0という訳ではないので、心配してあまり外出を楽しめないと感じる人もいるのではないでしょうか。

在宅ワークをする人が増え人とのコミュニケーションが減った

職場へ行くと、どうしても人と接するので完全にコロナウイルスから身を守ることは難しいです。営業の方は外回りが基本ですので、色んな方と接触しますし、事務職の方もずっと同じ空間に長時間いるので気になりますよね。そのため、多くの企業が「在宅ワーク」という新しい働き方を取り入れ、自宅にいながら仕事をしている人も多いです。確かに、自宅にいれば不特定多数の方と接触することはありませんし、コロナウイルスに感染する不安も少ないでしょう。ですが、その代わりに人と関わることが圧倒的に減るので、コミュニケーションを取る機会が少なくなりました。職場へ行けば色んな方と会いますし、様々な業務連絡で人と話をすることもあるでしょう。休憩時間は同僚と一緒にランチをしたり、人と接することでストレスを発散したり新しい刺激を受けることもたくさんあります。

しかし、在宅ワークではそれが出来ません。リモート会議で久しぶりに顔を見ることはあるかもしれませんが、それでも圧倒的に人と関わる時間が少ないです。人と関わらなくなると孤独と不安感が増してしまい、落ち込むことも多くなります。特に人と関わることが好きな方は、職場の仲間となかなか会えず、落ち込む人もいるのではないでしょうか。コロナウイルスへの感染予防対策としては良いのですが、人とのコミュニケーションが減ってしまうことは新たな問題ではないでしょうか。

自分の時間が余り取れない

毎日自分の時間は作れていますか?ストレス発散は上手に出来ていますか?普段仕事で忙しい人も、休みの日は好きなことをして気持ちをリフレッシュしたいですよね。ストレスを解消し落ち込む気持ちを改善するには、自分だけの時間と空間をつくることが大切と言われています。定年後も時間を忘れて没頭できる趣味を持つことで長生きできるのではと言われている程、ストレス解消には大切な時間です。

ところが、仕事でいっぱいいっぱいになっていたり、子供が家に居る時間が増えてしまうと自分の時間は後回しにしている人もいます。自分の時間が少なくなるということは、ストレス解消に費やす時間もどんどん無くなってしまいます。自分の時間が取れないと気持ちも落ち込む原因になります。気持ちを切り替え、落ち込む気持ちを改善するには、少しでもいいので自分の時間を確保することも大切です。

家庭内での人間関係が悪化

在宅ワークをする人も増え、自宅で仕事をするようになるという事は、家族の時間や夫婦の時間が長くなります。今まではお互い外で働いていて夫婦の時間も少なかったという人や、妻が育休中で家に居る人もいるのでは?在宅ワーク中、赤ちゃんの泣き声がしたり、子供が親と遊んで欲しくて何度も部屋を訪れると、仕事が捗らずイライラしてくると思います。その時に「子供の面倒をしっかり見ろ」とか「泣き止ませるのがお前の仕事だ」とか、子供が静かにしない事を妻のせいにしていませんか?こういった心無い一言で、夫婦間に亀裂が入ることもあります。

他にも、一緒にいる時間が増えれば増えるほど、お互いの嫌な所が目についてしまいます。その嫌な部分を許す事が出来ず、コミュニケーションが少なくなり家庭環境も悪化する原因にも。家庭内の環境が悪くなると居心地も悪くなり、気持ちも落ち込む原因に。夫婦の仲を改善する方法として、普段家事や育児を必死に頑張ってくれている妻や夫に「いつもありがとう」という感謝の気持ちを伝えたり、家事や育児を積極的に手伝うなど思いやりの気持ちを伝える事は大切です。それでも、落ち込む気持ちが改善しない場合は、家族に悩みを打ち明けることも大切です。家族に打ち明けることで一緒に悩みを共有してもらい、共感してもらうだけでも落ち込む気持ちが少しですが改善します。一人で悩みを抱え込まないようにしましょう。

スポンサーリンク

元々落ち込みやすい性格が原因の可能性も

コロナウイルスで気持ちが落ち込む人も居ますが、コロナウイルスとは関係なく元々落ち込みやすい性格が原因の可能性もあります。仕事で嫌な事があっても気持ちの切り替えができない、自分はダメなんだと劣等感を感じてしまうなど、落ち込む原因も人によって様々です。では、気持ちが落ち込む原因はどんなものがあるのか、見てみましょう。

劣等感がある

仕事や勉強など、何をやっても「自分はダメなんだ」「何をやっても自分は人より劣っている」と思い落ち込む人がいます。劣等感を感じる人は直ぐに落ち込む原因になります。改善方法として、自分はこうなんだということを認め、時には褒めてあげる事も大切です。

人と比較し過ぎて落ち込む

仕事でもプライベートでも、なんでも人と比較している人はいませんか?人と比較して「よし!自分も頑張るぞ」と前向きに捉えられればいいのですが、「なんで自分はダメなんだろう」と落ち込む原因になっては意味がありません。人と比較し過ぎて落ち込む人は、改善策として人と比較をしないこと。他人が気になって仕方ないかもしれませんが、その時は別の事を考えるなどをして思考を反らすことで気持ちも明るく改善されるでしょう。

物事を客観的に捉えることが難しい

例えば、上司の機嫌が悪かったとします。客観的に捉えられる人は「今日は何か嫌な事でもあったのかな?」とか自分以外で原因を考えたりしますよね?ですが、客観的に捉えられない人は、上司が不機嫌な理由が「自分が原因なんだ」とか「何か機嫌を悪くさせるような事を言ってしまったかな?」と、まるで“自分が原因”という風に考えてしまいます。何でも自分が原因でとか、自分のせいでと考えるので心が疲れてしまい、落ち込む原因になります。

人間、毎日同じ感情でいることは難しいです。体調が悪くて機嫌が悪い時もありますし、疲れて機嫌が悪かったりなど色んな理由があります。特にコロナウイルスが原因で多くの人が心に余裕はありません。改善方法としては、すぐに自分に結び付けて考えることを辞め、自分以外の理由を考えるようにすること。もしくは、その話題について考えないように仕事に集中することで、改善されます。

常に理想が高い

私は人より輝いていたい!収入も良く、役職にもつき、皆のリーダー的存在である必要がある!と常に理想を高く持っていませんか?理想が高いこと自体が悪い事ではありません。むしろ、あえて理想を高く設定し「よし、頑張るぞ」と前向きに考え頑張っている人はたくさんいます。しかし、心が繊細で一生懸命頑張り過ぎてしまう人は、なかなかその理想に近づくことができず落ち込むことが多くなります。なかなか目標が達成できないと、自分はダメな人間なんだと思い込んだり、もっと努力をしなきゃと睡眠時間を極端に減らして仕事をし続け、体を壊してしまう人もいます。

改善策としては、あえて理想を低く設定しましょう。理想を低く設定することで、目標を達成しやすくなります。目標達成すると「頑張ったぞー!!」という達成感と幸福感、また頑張るぞというやる気も出ますよね。無理に高い目標を立てるのではなく、まずは自分が「これなら出来そう」という仕事を選び、1つずつ仕事をこなす事で自信に繋がり、落ち込む気持ちも前向きに改善されます。

何でもネガティブに捉えてしまう

例えば相手があなたの事を「丁寧な方なんですね」とか「真面目な人なんですね」とあなたに言ったとします。通常であれば、これらの言葉はあなたに対して褒めている言葉かと思います。やっている事に対して、丁寧な方ですね何て言われると嬉しくなりますよね。ところが、何でもネガティブに考えてしまう人は「私の事を揶揄っているのか!?」「面白みのない人間とでも言いたいの?」と何でもネガティブに考えてしまい、その結果落ち込むことになります。物事を何でもネガティブに考えてもメリットはありません。精神的にも疲れてしまい、人間不信になってしまう原因にもなります。ネガティブな思考を改善し、ポジティブに考えられるようにしましょう。

今の仕事もしくは環境が自分には合わない

今の仕事、もしくは住んでいる環境は自分に合っていますか?例えば自分は黙々と黙って作業をすることが好きなのに、人と話す機会が多い接客業に就くとどうですか?人との関わりに疲れてしまい心が疲弊してしまいますよね。住んでいる環境も田舎で落ち着いたところで育った人は、都会の喧騒の中で生活をするとストレスが溜まってしまいます。他にも、今年のコロナウイルスで生活が一変しましたが、その生活に慣れない、もしくは自由を奪われる生活を長い間強いられてもストレスが溜まり鬱になります。

落ち込む気持ちを改善する方法とは?

今年はコロナウイルスが大流行で、人とかかわりが少なくなったり制限の多い1年になりました。落ち込む気持ちを改善して、前向きに考えられるようになりたい。明るく素敵な人になって元気に頑張りたい。そんな人のために、落ち込む気持ちを改善する方法をご紹介します。

スポンサーリンク