スポンサーリンク

コロナウイルスが原因で気持ちが落ち込む…前向きになる為の改善方法
スポンサーリンク

人と比較をし過ぎない

人と自分の環境や境遇を比較して、落ち込む人は改善方法としては人と比較し過ぎないことです。人と比較をして自分も頑張るぞと前向きに考えられれば良いのですが、それが難しく落ち込みやすい人は、人と比較することを辞めることが1番の改善方法です。特に今年はコロナウイルスが原因で、自分だけではなく周りの人も環境が変わるわけです。隣の芝生は青く見えるといいますが、自分と相手を比較しても良い事がない、ただ比較して落ち込むだけという人は、他のことに集中して比較しないようにすることで気持ちも改善されます。

自分を褒めてあげる

普段一生懸命頑張っている自分を、思いっ切り褒めてあげましょう。「いつも在宅ワークを頑張っている自分は偉いぞ」とか「在宅時間が増えて、家族サービスが出来ている自分は偉いぞ」とか。自分の努力を認めて褒めてあげる事で、次の自信へ繋がりますし、落ち込む気持ちも明るい気持ちへ改善されます。いつも食べないようなリッチなデザートを食べたり、美味しいお肉を食べたり。今日だけの特別な時間を過ごすことも、かなりストレス解消に繋がりますよね。特に今年はコロナウイルの影響で、外食へ行く機会も少なくなっている人もいるかと思います。コロナウイルスで外食へ行く時間が少なくなっているからこそ、家で特別なひと時を過ごしましょう。ただ、あからさまに「自分は立派だろう?」と偉そうな態度を取ると、周りから顰蹙を買う結果になってしまいます。口で言うのではなく、心の中でとことん自分を褒めてあげてください。

物事を客観的に捉える

何でも自分に置き換えて悪い方向に考えてしまう人は、改善方法としてはまず“自分”という考えを捨てましょう。何でも自分に置き換えてしまうので、心が疲弊し鬱々としてしまいます。特に今年はコロナウイルスが原因で生活スタイルも変わってしまい、誰もが心に余裕がありません。上司や友達の機嫌が悪くても「自分が何かしたのだろうか?」「余計な一言を言ってしまったのだろうか?」という考え方を捨て、「今日は具合悪いのかな?」「会社へ来る途中で何か嫌なことでもあったんだろうか?」など、自分以外のことで考えるようにしましょう。物事を客観的に捉えることで視野も広がり、色んな考え方が出来るようになります。視野が広がれば、落ち込む気持ちも前向きな気持ちに改善されるかもしれません。

思い切って環境を変える

今の仕事が自分には合っていない。住んでいる環境が合わない。そう感じたら思い切って環境を変えることで、落ち込んだ気持ちが明るく前向きな気持ちに改善されるかもしれません。コロナウイルスが原因で、生活そのものが変わってしまいました。コロナウイルスで生活が制限されている今、働いている仕事を思い切って変えてみる、思い切って地元へ帰り、慣れ親しんだ環境の中で仕事を見つけるという方法もあります。

安心できる人間関係を作る

今年はコロナウイルスが原因で、自宅に籠る時間も増えています。人と接することが少なくなってしまうと寂しくなってしまったり、不安感が増してしまいます。特に一人暮らしの方は実家から離れているので、余計に心細くなってしまうのではないでしょうか?そんなときは、安心できる人間関係を作りましょう。家族がいる人は、家族とのコミュニケーションを深めてみる。一人暮らし人は家族や友人とテレビ電話を利用して連絡を取るなど、コロナウイルスが流行していても孤独に負けず、安心できる人間関係を作ることで不安が改善されます。

リモート飲み会をして楽しいことを作る

コロナウイルスが原因で、今年は気軽に人と集まって飲み会が出来ない状況です。気心の知れた相手となかなか会えないのは寂しいですよね。そんな不満を解消する新しい飲み方が「リモート飲み会」です。リモート飲み会とは、遠く離れた家族やなかなか会えない仲間とテレビ電話を通して気軽に飲むことができます。テレビ電話越しで会うので、コロナウイルスに感染するリスクは少ないですよね。元々お酒を飲むことが好きな人は、仲間とお酒が飲めなくなって寂しくなり、気持ちも落ち込む原因になってしまいます。コロナウイルスが流行している今だからこそ、新しい方法で仲間とお酒を楽しんではいかがでしょうか?

理想を高くし過ぎない

https://pixabay.com/ja/

理想が高ければ高いほど、それに向かって必死になります。向上心があることは悪い事ではありません。しかし、なかなか達成できない程、理想の高い目標を立てることは精神的に疲れてしまい「自分はダメな人間なんだ」と思い、落ち込む原因にも。特にコロナウイルスが原因で、誰もが心が疲れている状況です。真面目な人、繊細な人程、頑張り過ぎてしまう傾向にあります。頑張り過ぎず、自分が達成できる位の低い目標を1つずつこなすようにしましょう。

医療機関を受診する

どんなに気持ちを前向きにと努力をしても、なかなか落ち込む気持ちが改善しない。色んな改善策を試してみたけど、あまり効果がなかった。何をしても楽しめず、日常生活にまで支障が出てきたという人は思い切って精神科を受診しましょう。実は今、コロナウイルスが原因で精神科を受診している人は沢山います。精神科というと恥ずかしくて受診できないという人も居ますが、決して恥ずかしいことではありません。不安感や落ち込んだ気持ちをそのまま我慢して生きていくことは、とても辛いことです。

精神科を受診すると、医薬品や漢方など症状にあった薬を処方してくれます。日常生活の改善方法や、場合によっては仕事を休んで療養することを進められるかもしれません。コロナウイルスが原因で、精神的に疲れてしまったなという人は、我慢をせず病院を受診し、症状を改善させましょう。

栄養不足も気持ちが落ち込んでしまう原因に?

実は今、栄養不足が原因で気持ちが落ち込む人が増えています。現代人は時間にゆとりがなく、コンビニ弁当やファストフードで食事を簡単に済ませてしまう人も多いのではないでしょうか?栄養不足が原因で気持ちが落ち込むなんて信じられないかもしれませんが、コロナウイルスが流行している今だからこそ、3食バランスのいい食事を心がける必要があります。

なぜ栄養不足になると落ち込むの?

うつ病には事故が原因で起こることと、育った環境によるもの、ビタミンやミネラルなど栄養不足が原因で起こるものなど、様々な理由があって鬱症状が発症してしまいます。

うつ症状の改善におすすめの栄養素

コロナウイルスが原因で落ち込む気持ちを改善し、明るく前向きな気持ちになることをサポートしてくれる栄養素が次の通りになります。

ビタミンB群

ビタミンB群は主に代謝に必要な栄養素です。ナイアシンやビタミンB6にビオチン、葉酸にビタミンB12、イノシトールなどがビタミンB群に含まれます。このビタミンB群の栄養が不足してしまうと、気持ちが落ち込むことがあります。アボカドなどにはビタミンB群が含まれているので、食べる事で症状が改善されるでしょう。

ビタミンC

ビタミンCは脂質の代謝やコラーゲンの生成、鉄の吸収を助けるなど様々な働きをします。たばこを吸う人やストレスを感じる人はこのビタミンCが少なくなってしまいます。ビタミンCが少なくなると、気持ちが落ち込む原因になることも。柑橘系などの果物にはビタミンCがたくさん含まれているので、積極的に摂取することで症状が改善されるかもしれません。

ビタミンD

カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDは、体の中で脳を健康にしたり、ホルモンのような働きをするといわれています。このビタミンDが少なくなると、気持ちが落ち込むこともあります。納豆などの大豆製品に多く含まれているのでコロナウイルスが原因でなんだか落ち込むことが多くなったという人はビタミンDを摂取して落ち込む気持ちを改善しましょう。

スポンサーリンク