【親孝行したい】どうすれば親は喜ぶ?どんな方法がある?

最近親孝行してる?していない?

仕事、家事や育児で忙しくて、自分や家族のことで精一杯。そういう方は多いでしょう。特に、親が遠方でも、元気に暮らしているならば、親孝行したいと感じつつも、つい連絡もせずに、ご無沙汰となってしまうこともあるでしょう。また、近くに住んでいる、もしくは同居しているならば、定期的に親孝行しているかもしれませんね。

ただ、親はいつまで元気でいるか分からないのも事実。最近、親孝行していますか?していませんか?

<親孝行していない>毎日忙しくて、つい後回しに

https://www.pakutaso.com/

仕事が忙しくて、自分のことで精一杯。子供が小さく、いつも育児のことで頭がいっぱい。親がまだ元気ならば、親のことまで気が回らないでしょう。

でも時折、「親もこんな風に、一生懸命働いてきたのか…」と感じたりするでしょう。嫌なことがあると、「親はどうやって乗り越えたのか」と考えることもあるはずです。

また子育て中の方ですと、「私の子育ても大変だったのかなぁ…」なんてぼんやり頭に浮かんだり。親孝行したい、と思うときもあるはずです。

それでもやっぱり、親孝行を実行するのは、後回し。そんな方も、いらっしゃるでしょう。

<親孝行していない>まだ元気だから

https://www.pakutaso.com/

親に老いを感じたならば、親孝行しなきゃ、と感じるはずですが、両親が60代とまだ若く、仕事をし、健康でいるならば、親孝行なんて、まだ先の話。そう思ってしまうかもしれません。

ただ突然、親が病気を患ったり、倒れてしまい、親孝行できなかった、という話も耳にしませんか。いつか親孝行しようと思いながら、結局できなかった…。そんな現実もあるのです。

<親孝行している>顔を見せに行くくらい

https://www.pakutaso.com/

親孝行だからと、特に何もしないけれども、時々、顔だけは実家に出している。そういう方もいるでしょう。何気なく来てくれると、親は、「自分のことを気にかけてくれた」という子供の思いが伝わり、とても嬉しいものです。さりげないけれども、立派な親孝行のひとつです。

親にとって、子供に料理を作ってあげるのも、嬉しいものです。おいしいと言って食べてくれると、親は不思議と、幸せを感じます。そんなたわいもないことが、親孝行だったりするのです。

<親孝行している>記念日だけプレゼントを渡している

https://www.pakutaso.com/

母の日、父の日、誕生日など、記念日に何かをする、という人が一番多いかもしれませんね。特に、母の日、父の日は、世間の雰囲気も後押ししてくれるので、親孝行したい気持ち、感謝の気持ちを伝えやすくなるでしょう。

また、還暦、古希など、人生の節目を家族で祝うことがあります。家族揃って食事を楽しむなどして、親孝行したい気持ちを親に伝えることができます。その場でプレゼントを渡したり、記念写真を撮ったり、幸せな時間を親子ともに、楽しむこともできます。楽しい時間を親子で共有できることは、立派な親孝行です。

<親孝行している>孫の顔を見せに行く

https://www.pakutaso.com/

親が一番かわいいのは、もちろん自分の子供ですが、孫の存在も、親にとっては、また別格でしょう。親は、自分が子育てに一生懸命だった頃を思い出したり、孫の顔が子供に似ていると嬉しくなったり。なんともいとおしく、かわいらしい存在です。

結婚したら、親から、孫はまだかとせかされた経験のある人もいるでしょう。それほど待ち望んだ孫の顔を見せに行けば、親孝行したい気持ちが伝わる、と感じる人は多いでしょう。

<親孝行している>子供が自立している姿を見せる

https://www.pakutaso.com/

子供が社会人として、立派に自立している。そんな姿を見せることも親孝行のひとつです。

世間ではよく、親孝行しなさい、と言われています。でも、具体的にどんなことをしたらいいのか、分からないという人もいるでしょう。親にとってみれば、子供が欲しくて、そして、産み育てた子供が、立派に成長し、人生を楽しんでいる。そんな姿を見るだけで、十分満足なのです。親孝行になっているのです。子供が人生を楽しんでいる姿は、親にとっては、「産んでよかった」と感じるものです。

そして、親には、子供に誤解してほしくないことがあります。親孝行したいがために、何かを我慢してほしくない、ということです。自分のやりたいことがあるのに、家業を継がなくてはいけない。一人暮らししたいけれども、一人っ子だから無理かな、とか。子供がそう思うことがあるでしょう。

親は、自分達のために、子供が夢を諦めてほしくない、と考えます。親は、親孝行してほしくて、子供を産んだわけではないのです。子供が自分の人生を充実させた後、時間があるときにでも、顔を見せてくれたら、嬉しい。そのくらいの気持ちでいる親もいます。

あとどのくらい親と一緒にいられるか?

https://pixabay.com/ja/

日頃、親孝行したいなんて考える余裕がない、という方から、定期的に親孝行しているという方まで、親孝行に対する考え方は、本当にさまざまです。

そこで、こんな計算をご紹介します。この先、どのくらい親と一緒に過ごせるのか。残り時間を数字にして表すことができる計算です。

残り時間を数字にして表す

盆も正月も実家に帰ってない、という人がいるかもしれません。早速、試してみませんか。今すぐにでも親孝行したい、そんな気持ちになるかもしれません。

ある大学教授によると、親と一緒にいられる、残り時間は次のように計算できるとのことです。遠方に住んでいて、帰省したときしか親に会えない人を例にします。

まず、1年間のうち親と会う日はどのくらいですか。ここでは、およそ7日としましょう。

次に、実家で親と過ごす日、一日24時間のうち、何時間、顔を合わせていますか。
まず、睡眠時間を省きます。そして、日中、ずっと親と一緒に過ごすわけではないでしょう。盆や正月に帰省して、友達と遊びに行ったり、外出するもするでしょう。ここでは、6時間とします。

最後に、一年間で親と過ごす日数と、時間を掛け合わせます。7日×6時間=42時間

えっ、一年間で、たった42時間しかないの!と思うはずです。意外と少なくて、驚いたはずです。

さらに、厚生労働省発表の2019年の平均寿命は、女性87.45歳、男性81.41歳となっていますから、特に両親が高齢の方は、身につまされる思いがするはずです。

早速、電話で久しぶりの声を聞きたくなりましたか。それとも、次の休みに、両親に会いに行きますか。数字で具体的に残り過ごせる時間を知ると、親孝行したい!という気持ちになりますね。

親孝行したい!親孝行の大切さをより知るために

親との残り時間を知ったところで、親孝行に対する、知識にも触れておきましょう。親と離れて生活していると、つい、親のありがたみを忘れてしまうこともあります。そんなあなたに、親孝行を忘れないような知識、ことわざをご紹介します。心のどこかに留めておきたいものがあるでしょうか。

8月8日は親孝行の日です!

https://www.pakutaso.com/

8月8日は、1989年(平成元年)に親孝行全国推進運動協会が制定した、親孝行の日とされています。「88」は、「ハチハチ」と読めますが、語順を入れ替えて「ハハチチ」。それを漢字に変換して「母父」と読ませ、親孝行の日だと、結びつけたのです。なるほどなぁ、と歓心してしまいますね。ただ、8月8日は、他にも記念日が制定されていて、「88」を「パチパチ」と呼び、そろばんの日でもあり、タコが8本足であることから、タコの日にもなっています。

ぜひ親孝行の日としても、頭にインプットしておいて下さいね。

親には一日三度笑って見せよ

https://www.pakutaso.com/

「親孝行したいとき時に親はなし」はあまりにも有名なことわざですので、ご存じの方も多いでしょう。「親には一日三度笑って見せよ」もすてきなことわざです。親にとって、子供が笑顔でいてくれるのは、何よりも嬉しいことなのです。一日三度見ても、飽きることなんてありません!何度でも見せてあげたいですし、一緒に笑い合うのもすてきですね。

墓に布団は着せられず

https://www.pakutaso.com/

親孝行は、親が生きている間にしなさい、という意味です。冬、親が寒いのではないかと、親の墓石に布団をかけても、どうしようもありません。お墓に入ってしまう前に、親孝行したい!と思わせることわざですね。

親孝行したい気持ちを大切に。あなたらしい親孝行とは?

親孝行のかたちは人それぞれ。あなたにあったやり方を見つけましょう。ただ、かたちは違えど、親孝行したいという気持ちには共通する思いがあるはずです。あなたは親孝行に、どんな気持ちをこめたいですか。

親を安心させたい気持ち

https://www.pakutaso.com/

無事に就職が決まり、社会人への仲間入りができたとき、親孝行ができた、親が安心するだろう、と感じますね。親孝行したい気持ちが湧き、初任給で親にプレゼントをした、ごちそうをしたという人も多いのではないでしょうか。また、親も子供が独り立ちしたと感じると、ひとまず安心、子育ては卒業だなぁ、という気持ちになります。

そして結婚が決まったときも、親を安心させることができた、と感じるはずです。両親に結婚をせかされていたりしたのならば、両親の安心感もひとしおでしょう。

就職、結婚、どちらも親を安心させたい、親孝行したい気持ちがつまっていて、両親もそれを実感しているはずです。

親への感謝の気持ち

https://www.pakutaso.com/

親孝行には、親への感謝の気持ちも込めたいですね。今まで育ててもらった感謝、健康に産んでもらった感謝、親の子供でよかったという感謝など、さまざまな思いを伝えたいものです。ただ、急にそんなことを伝えるのは、照れくさいことでもあります。

親への感謝を伝えるには、人生の節目がいいタイミングになります。親の還暦、古希などを祝うときや、自分の結婚式などもベストタイミングでしょう。節目の区切りとして、恥ずかしがらずに、親孝行したい気持ちを言葉に込めたいですね。

また、自分にも子供が産れ、子育ての大変さを身をもって知ったときも、親への感謝の気持ち、親孝行したい気持ちが湧いてきますね。初めての育児で、毎日がつらい日々ならば、「母も私を育てたとき、つらかったのかなぁ」なんて考えてみたりするでしょう。孫の顔を見せに行ったとき、「お母さんも私の育児、大変だったでしょ?ありがとうね」なんて、伝えられると、いいですね。

いつまでも元気でいてほしいという気持ち

https://www.pakutaso.com/

両親が高齢ならば、長生きしてほしい、健康でいてほしい、親孝行したいという気持ちは、年々強まるのではないでしょうか。

そんな気持ちを込めて、高齢の体にも優しい食事を帰省の際に作ってあげたり、一緒に散歩をして体を動かすなど、親子で笑い合うことで、あなたの親孝行したい気持ちがしっかりと伝わるでしょう。

また、持病を抱えていて、薬が手放せないという親や、体調が悪く、病院通いをしている親もいるでしょう。そんなときは、親の心も弱っているはずです。子供であるあなたが、親のかかりつけ医、飲んでいる薬などを把握しておくことが大切です。そして、定期的に、「体の調子はどう?」と確認してあげて下さい。親はそんなあなたの優しさが嬉しいものです。ささいなことだけれども、とても温かい親孝行になります。

人生を楽しんでいるという気持ち

https://www.pakutaso.com/

自分の産んだ子供が、仕事を頑張っている、人生の伴侶を見つけた、など子供が人生を謳歌しているなぁ、と感じると、親は、産んでよかったと思います。

その反面、子供が悩みを抱え、暗い顔をし、毎日を楽しく生きていない子供の姿を見ることは、とても辛いものです。

親に会ったとき、あなたが「こんな楽しいことがあった」とニコニコを話してくれたり、仕事で充実している様子を話してくれたりするだけで、人生を楽しんでいるよ、という気持ちが親に伝わります。そうすると、親は産んでよかったと、強く感じます。それは、何にも代えがたい、立派な親孝行です。

親孝行したい!どんな親孝行がしたい?

さて、どんな気持ちを伝えたいか、考えが整理できたところで、この先、自分がどんな親孝行をしたいのか、具体的に考えてみませんか。親孝行したいあなたの気持ちが、親に伝わるといいですね。

<親孝行したい>とにかく顔を見に行く!

https://www.pakutaso.com/

年末年始やお盆には、帰省するけれども、それ以外は帰省しない、という人もいるでしょう。また、電話やメールで近況報告しているから、わざわざ出向かなくてもいい、と考えているいる人もいるでしょう。けれども、電話やメールには限界があり、実際に顔を合わせてみないと、分からないこともあるのです。

例えば、いつもきれい好きだった母親なのに、部屋が散らかっている。冷蔵庫には、同じものが大量に詰め込まれていて、腐っているものもある。これらは、認知症の初期症状なのです。子供が気づかず、症状が悪化してしまえば、本人も家族も、大変つらいものがあるでしょう。

また、電話やメールでは分かりませんが、耳の老化が進んでいることもあります。実家に帰って、声を掛けても気づかなかった、なんてことありませんか。また、テレビの音が以前よりも大きくなっていることに気づき、耳が遠くなっていることが分かる、なんてこともあります。

さらに、一人暮らしをしている親は、特に気をつけてあげたいものです。話し相手が毎日いるわけではないので、寂しさを抱えているかもしれません。病気になったとき、一人さびしく我慢しているかもしれません。そのような状況が続くと、老人性うつに陥ってしまうかもしれません。

顔の見えない電話やメール、たまの帰省では、分からないことがあると気づき、できる範囲で、顔を見に行けると、特に、高齢で一人暮らしの親は、安心感を覚え、子供の親孝行を喜ぶはずです。

<親孝行したい>親の趣味を一緒に楽しんでみよう

https://www.pakutaso.com/

父親が釣り好きなら、一緒に行くのもいいですね。きっと、喜んで出かけてくれるはずです。また、母親がカラオケ好きならば、一緒に歌って、楽しむのも、いい時間の過ごし方です。

親子一緒に体を動かすのもいいアイデアです。最近は、元気な高齢者も多く、下手すると、子供よりも健脚だったり!ハイキングや登山を一緒に楽しむのも、いい思い出になりそうです。

また、習い事をしている親も多いでしょう。フラダンス、ピアノ、卓球など、発表会や大会などがあるはずです。ぜひ、親の頑張る姿を見に行ってみませんか。家で見せる顔とは違う姿が見られるはずです。親の趣味仲間に会えたなら、「いつもお世話になってます」と伝えられるといいですね。

同じ時間を楽しめるようにすると、親子の仲がさらに深まり、きっと思い出深い親孝行になるでしょう。

<親孝行したい>親孝行の証しを残す

https://www.pakutaso.com/

母の日、父の日、誕生日などにプレゼントを贈る人も多いでしょう。けれども、毎年何を贈ろうかと頭を悩ませることもあるはずです。「何か欲しいものある?」と聞いても、「特にない」と言われてしまうこともあるでしょう。年を重ねると、欲しいと思うものは、だんだん少なくなってくるものです。逆に、物を手放そうとしている親も多いのではないでしょうか。

そんなときは、照れくさいかもしれませんが、メッセージカードだけでもいいから、送ってあげることです。また、家族で集まって食事会を開くのもいいアイデアですね。記念日などに、外食するのもいい思い出になります。そこで、思い出を形に残すために、記念撮影もしたいですね。親子共々、温かい気持ちになるでしょう。きっと記憶に深く残る親孝行になるはずです。

<親孝行したい>産んでくれてありがとうの気持ちを伝える

https://www.pakutaso.com/

小さい頃は、自分の誕生日は祝ってもらうものでした。プレゼントをもらえたり、ケーキを囲みながら、ごちそうを食べたり、幸せな記憶が残っている方も多いでしょう。ただ、こんな考え方もあるのを耳にしたことはありませんか。誕生日は、産んでくれた親に感謝する日でもあると。

あなた自身にも子供がいるのならば、子育ての大変さは、実感していることでしょう。特に、あなたが、初めての子供ですと、若かりし頃の父母も、右往左往していたはずですよね。

ぜひ、次の誕生日には、産んでくれてありがとうの気持ちを伝えてみましょう。親は驚き、「何かあったの?」なんて心配されてしまうかもしれませんね(笑)きっと親孝行の気持ちが伝わるはずです。

高齢の親のために

離れて暮らす両親が高齢ですと、今後のことなど、心配は多いでしょう。さらに、一人暮らしをしているならば、不安もさらに増すはずです。高齢の親のためにできる親孝行を考えてみました。

何かあったときにすぐに来てくれる人を決めておく

https://www.pakutaso.com/

親が一人暮らしですと、何度電話してもつながらないとき、もしかして倒れているのでは、と疑心暗鬼になってしまいます。そんなとき、すぐに様子を見に行ってくれる人がいるととても心強いですね。

近くに兄弟、親戚が住んでいるならば、いざというとき、頼りにしていることを伝え、日頃から、意識的に、よい関係を作っておくことが大切です。

また、隣近所の人の力は、とても大きいものです。帰省した際、偶然出会うこともあるでしょう。そんなときは、ひと言、「いつもお世話になっています」と言えるといいですね。きっと、親に何かあったとき、力になってくれるはずです。また、地域の民生委員を確認しておくことも、いざという時、助かるかもしれません。

自宅の掃除を手伝う

https://www.pakutaso.com/

親は年齢と共に、体力、気力も衰えてきます。今まで、子供に食べさせるものは自分で作っていた、という親でも、子供が独立してしまうと、だんだん作る気力を失って、台所に立つことが面倒になってしまい、掃除もしていないということがあります。また、庭の手入れなどきちんとしていた親なのに、久しぶりに帰省してみると、雑草だらけになっていて、驚いたなんてことだってあります。

どうしても、高齢になると、面倒だなぁと感じることが多くなります。帰省した際、掃除を手伝うことも親孝行のひとつです。

また実家には、不要品がたくさんあるかもしれません。一度、親子で、片付けをしてみるのも、いいでしょう。もう着ない服、使わない食器、家具など、高齢の親が処分するのは、大変なので、手伝ってあげましょう。もしかしたら、帰省する度に掃除、ということになるかもしれませんが、それも親孝行したいから、と思えると気持ちが楽になるはずです。

自宅の危険箇所をチェックしてあげる

https://www.pakutaso.com/

高齢者のケガの多くは自宅で発生している、と言われています。高齢の両親は体力が低下しています。今まで安心して自宅で住めていたのに、階段で滑ってしまったり、浴室で転倒したり、ちょっとした段差でつまづいたり。布団につまずき、大けがして、入院という事態になることもあります。そうなる前に、帰省した際、チェックしてみましょう。

玄関のたたきの段差が気になるときは、踏み台を置いてあげると、楽に上ることができます。階段に貼ったり、浴室に置ける滑り止めシートなどもあります。階段やトイレに手すりをつけたりもできます。

両親とともに危険箇所をチェックして、未然に事故を防ぎましょう。これも立派な親孝行の一つです。

民間のサービスを利用する

https://www.pakutaso.com/

費用はかかりますが、離れて暮らす高齢の親のために、いろいろなサービスがあります。これらを上手に利用することも、親孝行したい気持ちを伝えられるでしょう。親も子供も、お互いに安心できるはずです。

⦁ 郵便局のみまもりサービス

郵便局員が、月1回、30分程度、親の様子を見に行ってくれ、メールで報告してくれるサービスです。特に、一人暮らしですと、話し相手になってくれるので、親もきっと喜ぶのではないでしょうか。他にも、自動音声による、みまもりでんわサービスなどもあります。

郵便局 みまもりサービス

⦁ ALSOK みまもりサポート

24時間365日見守ってくれる本格的なサービスです。自宅の鍵を預けることにより、急な体調不良、災害時などにも、迅速に対応してくれるものです。万全を期しておきたい、そんな方におすすめのサービスです。

HOME ALSOK みまもりサポート

あなたなりの親孝行したい気持ちを届けましょう!

https://www.pakutaso.com/

自分なりの親孝行のスタイルが見つかりそうですか。いきなり、いろいろなことをしようと思わずに、気づいたときに、さりげなく何かをするのも、立派な親孝行になります。

「親が喜ぶから、親孝行したい」という気持ちと同時に、「自分が親に何かをしたい」そんな気持ちになったかもしれません。

あなたらしい、親孝行したいという気持ちを通じて、親と少しでも長く一緒に人生を歩み、充実した時間を親子で過ごして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました