草食化が止まらない!?コロナ禍の恋愛・婚活事情とは

コロナ禍で女性が草食化?恋愛・婚活も激変

2020年。世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響は日本にも押し寄せ、私たちの生活様式をあっという間に変えてしまいましたね。怒涛のように訪れる仕事のテレワーク化と、あらゆる機会のリモート化、ステイホーム。そしてマスク着用と三密の回避、ソーシャルディスタンス。あっという間に環境が変わってしまった今、まだ「新しい生活様式」に慣れない人も大勢いるはずです。そしてコロナ禍は第二波、第三波と形を変え、今も終息する気配がありません。

ライフスタイルが激変する中、恋愛や婚活といった恋人たちの事情も激変しています。以前のように気軽にデートや旅行に行けなくなってしまった今、特にコロナの罹患率が高い地域では会うこともままならず、リモートデートで我慢しているカップルも多いことでしょう。また、婚活も実際に知らない相手と会うのはコロナに罹患するリスクが高いためニーズが落ちているのが現状です。こういった出会いの機会がない、好きな人に何ヶ月も会えないコロナ禍において、アラサー世代を中心に女性が急速に草食化しているとも言われています。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化するのはなぜ?

コロナ禍で急増中の草食女子。もともと草食ではなかった女性まで、草食化に向かう傾向にあるようです。「コロナウイルスが終息するまでの間は会うのは我慢する」という期間限定な草食の女性や、「基本的に恋愛がめんどくさい」という本格的な草食化に向かう女性まで。女性が草食化に向かう理由を見ていきましょう。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由①デートや出会いはコロナのリスクが高すぎる

https://pixabay.com/ja/

新型コロナウイルスの怖いところは、感染してもしばらくは無症状のままであるということと、無症状時期ほど感染力が強いという点です。自分はまさかかかっていないと思っている人ほど他人に感染させやすいため、家族と一緒に暮らしていると知らないうちに全員に感染していたということも少なくありません。高齢者に感染させてしまうと命の危険もあるため、女性も男性も恋愛には慎重にならざるを得ないのが現状です。

草食男子は今までによく知られてきましたが、今まで草食志向だった女性がコロナ禍で一気に草食に転向したため、目立つようになってきたのかもしれません。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由②お付き合いのプロセスが崩壊

コロナウイルスの感染防止対策でテレワーク化し、在宅勤務で誰とも顔を合わさずにいることが増えた独身女性も多いはず。職場や取引先の男性との出会いもなく、出会い系アプリは写真を登録するのが怖くて無理。ラッキーにも良い人と知り合っても、会うのはコロナのリスクが高すぎてお互いに無理で、なんとなく話も続かずそれっきりということも少なくないようです。本来ならばデートを重ねてお互い深く知り合い、告白されて正式にお付き合いをして、同棲や結婚に踏み切るという王道が、今はコロナ禍で寸断された状態です。

出会いから告白、お付き合いまでのプロセスがまったく変わってしまったため何もできず、やむおえず草食化する女性も増えているのではないでしょうか。

▼自粛でずっと出会いがなくて、焦ってマッチングアプリを始めましたが3日で退会。自分の写真をアップするのは怖い。以前は婚活パーティーにも行ってたけど良いご縁もなく、コロナ禍かで婚活も休んでるし、もう前ほど気力がわかなくなった。(28歳・派遣)

▼リモートで出会いの街コンに参加したけど、数分でアピールしなきゃいけないし、リモートで数分ごとに相手が切り替わるとか本当に疲れる。リモートって知らない男の私生活をガツガツ見せられる感じも嫌。今は自分が大事だし、無理して恋愛しなくていいと思うようになったら急に楽になった。(25歳・会社員)

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由③コロナの価値観で草食化

https://www.pexels.com/ja-jp/

LINE、Facebookのメッセンジャー、ZOOMなど、コロナ禍で急増したオンライン化は、仕事や実家への帰省といったことだけでなく、婚活や恋愛もオンラインなしにはできなくなってきています。コロナ禍では大きなイベントはもちろんのこと、恋人同士のデートも中止になり、コンパや婚活パーティー、飲み会はもとより大人数の会食さえできなくなって、皆お手上げ状態であることには変わりがありません。

オンライン飲み会はもとより、オンライン婚活、オンライン街コンなどの企画も行われていますが、それらはすべてパソコンを通してのバーチャルです。しかし、コロナウイルスに対する価値観は千差万別です。人に迷惑がかかる上、祖母や祖父など高齢者がいるため、絶対にコロナにかかりたくないという女性も少なくないでしょう。

しかし、男性が楽観的だったり無頓着で「会いたい」「会おう」とゴリ押ししてくると「危機意識がない」相手にうんざりしてくることもあるはずです。コロナの価値観が違うことがネックになり別れる恋人が多いのも事実です。コロナウイルスへの価値観のズレによってうんざりした女性は、婚活を早々にあきらめて草食化している状態なのです。

▼草食最高。以前はマッチングアプリで出会いを探していたけど、気になる人ができても結局デートできないし、こんな時に「会おう」ってゴリ押ししてくる男性は嫌だから、婚活もあきらめたし、出会い系アプリを削除したらスッキリした。(25歳・専門職)

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由③自信を失っている

https://pixabay.com/

自分の容姿や性格にコンプレックスがあったり、男性と話しても「つまらないと思われるかも」と言う思いで消極的になりがちな草食女性。自分に自信がないのも草食女子の特徴のひとつです。特にコロナの時代にアラサーからの草食女子が増加している原因は、男性との交際の先に結婚を考えていることが多いため、自分の収入や学歴などに自信がない人が、恋愛や婚活自体をあきらめてしまうからだと言われています。

「どうせろくな出会いがない」「がんばっても無理」そんな気持ちを前向きにしていかない限り、仮にコロナが終息したとしても、恋愛はうまくいきません。自分はモテないと思い込んでいる人も少なくないでしょう。自信を持たねば、ますます消極的になってしまいます。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由④恋愛の優先順位が落ちている

恋愛にも興味はあるけど、コロナ禍で善くも悪くも人間関係が希薄になっています。そんな中で人と関わるのがめんどくさくなって草食化していく女性が増えています。中には、「コロナ禍で経済的な余裕もなくなっている中で結婚するのはデメリットが多い」「自分の生活を守るだけで精一杯で、恋愛だけが幸せという時代じゃないのかも」という女性もいます。

また、リモート化によって、健康や命、社会貢献、自分磨きなど、恋愛よりも優先させるべきものに気づいたという女性も。コロナ禍で女性が草食化する理由は、恋愛や結婚はしたくなったタイミングですれば良いのでは?という意識が広がっていることも一因かもしれません。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由⑤初対面の男性と話すのが苦手に

https://www.pexels.com/ja-jp/

内気で自分の殻に閉じこもりがちな草食女子は、周りからは大人しい印象を持たれることも多いでしょう。何にせよ、表で目立って舞台に立つよりも、裏で舞台を支える方を好むはず。基本的に男性と一対一で話すことに慣れていない人もいるものです。緊張してうまく話せなかったり、ぎこちない反応になりがちで、その点も自分で過剰に気にしてしまうため会話が続かず気まずい空気が流れやすいのです。

もう恋愛で気を使うのはこりごりという本来の草食女子は、コロナ禍でひとりになれてホッとしているという人が多いのではないでしょうか。

コロナ禍の草食女子の恋愛7つの特徴とは?

恋愛できないわけではないし、恋愛したいという気持ちはちゃんとあるにも関わらず、恋愛から離れてしまう草食女子が増加しているのはなぜなのでしょう?草食女子の恋愛の特徴と、新しく加えられたコロナ禍での恋愛の特徴をご紹介しましょう。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴①心配性

基本的に心配性な草食女子。嫌われたくないと考えているため、積極的に行動を起こせず、好きな人がいてもなかなか進展せずに悩んでしまうことも多いでしょう。しかもコロナ禍では、新型コロナウイルスの感染の不安も大きくなり、下手に相手と話して「会おう」と言われるのも恐れてしまいます。

また、気になる人とLINEやメールをしたいと思っていても、拒否されたり、嫌われてしまうかもと考えてしまい、言い出せずに後悔することも少なくないはず。まずは過剰な心配でストレスを溜めないようリラックスして、もう少しポジティブに考えて自分自身を楽にすることが大切ですよ。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴②甘えるのが苦手

シャイで人を頼りにしたり、お願いすることに苦手意識を持っている草食女子。本当は男性に頼りたいと思うことがあっても、「まぁいいや」と自分一人の力で何とか乗り切ろうとすることが多いのではないでしょうか。草食系女子は自分から何かを主張することがなく、すべてが受け身が基本なので、言いたいこともなかなか言い出せないことがあるでしょう。人付き合いが苦手なため、周囲から見ると「そっけない人」という印象を与えてしまいがちです。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴③好きな人に気を使いすぎる

https://pixabay.com/ja/

草食女子の恋愛は自信がないため手探り状態になりがち。相手が不快ではないか、嫌な気分になってないかなど過度に気を使いすぎて疲れてしまうため、恋愛から遠ざかる人も多いものです。相手の男性の機嫌が悪いと、どうしても「自分のせいかも」と考えてしまいがちだと思いますが、それは間違いです。

相手の気分は、相手のプライベートなもの。仮にあなたが原因で相手が不快になったなら、素直に謝ることで解決します。何もかも相手の反応が自分のせいではないということをきちんと理解して、自分を不必要に責めたり、暗く考えるのをやめていくことですよ。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴④想いを伝えられない

もともとの草食女子は恋愛に奥手で、自分から上手にアプローチできないことが多々あるでしょう。そのため、好きな人がいてもタイミングを逃してしまい、告白まで行けずに終わってしまうことが多いのではないでしょうか。ここでも、コロナ禍で相手に誘われたら困る、相手に嫌われたくない、拒否されたくないという葛藤があり想いを伝えられないことも。

意中の男性に女性がいる気配を感じた場合も、草食女子は敏感に気づいて身を引いてしまいがち。本当に好きなら覚悟をきめて、きちんとその想いを相手に伝えましょう。振られるかどうかは、その時にならないとわかりません。後悔しないためにも想いを伝えるようあきらめないことです。

さらにコロナ禍ならではの恋愛の特徴も

https://pixabay.com/ja/

コロナ禍では、女性が草食になることが必然と思われることも多々出てきました。女性が男性に求める条件にも、コロナ禍ならではの特徴が見えてきます。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴⑤男性には清潔感を強く求める

今まで男性の清潔感は、女性が男性に求める最も重要な条件でしたが、新型コロナウイルスの蔓延で、清潔感のハードルは恐ろしく上がったと言えるでしょう。清潔感とはパッと見の服装や髪型、姿勢などでもわかりますが、その人の話し方や笑い方、仕草などにも清潔感の有無はにじみ出るものですよね。パソコンの画面を通じてもその人の清潔感はある程度把握できるものです。

下心が出ていないこと、怖くないこと、威圧感がないこと、空気感など、清潔な印象が恋愛を左右します。特に草食系の女性は、相手の下心が見えたりエッチなことを言われるだけでNGということもあるでしょう。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴⑥相手の倫理観が重要

コロナ禍の恋愛において、お互いのコロナに対する考え方が一致しているかどうかは大きな問題です。そのため、相手に「倫理観」を求める女性も激増中です。新型コロナウイルスは感染しても無症状なことがあり、無症状の時期ほど感染力が強いことがわかっています。しかし、そういったことを理解せず、リモートでも、実際にデートや飲みに誘ってくる男性も少なくありません。そういったときに、お互いの考え方の差が浮き彫りになるため、倫理観の合わない相手とはそれっきりになることが多いでしょう。

まだ終息の目処がたたない新型コロナウイルスの蔓延。「今はコロナ禍だから、合うのはやめておこう」と言える男性こそ、誠実であり、お互いのことを大切にできる人と言えるでしょう。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴⑦相手の危機管理意識も重要

これは倫理観からつながることですが、草食女子は基本的にとても怖がりで、それは裏を返せば、危機管理意識が高いということです。ひとりの時などに、ふと地震や津波の際にどうやって身を守るかということも、よく考えるのではないでしょうか。コロナ禍においても、様々な情報を吟味し感染対策を万全にしている人がほとんどでしょう。

そんな中で、危機管理意識が薄い相手とはお付き合いはできません。「屋外だったら安全だから会おうよ」とか、自分だけはコロナにはかからないという根拠のない自信を持っている相手は確実にNGです。「コロナなんて風邪と一緒だし」とコロナリスクに楽観的な相手は非常識すぎてお話にもなりません。

脱草食化!コロナ禍の恋愛を進めるリモートデートのコツ

コロナ禍で婚活やデートもリモートが主流になっています。リモートデートは、言うなれば相手とバーチャルに時間を共有することです。キスしたり、ハグしたりといった肉体的な触れ合いがないデートは肉食女子にはデメリットかもしれませんが、草食化した女性には安心して楽しめるのでメリットは大きいんですよ。

リモート環境でお互いに話を重ねていくことで、今すぐには会えなくとも、お互いにいつか会おうね、デートしようねという気持ちでいれば、恋愛はちゃんと進展します。まずはリモート環境を上手に使って、草食化を少しずつ抜け出してみませんか。草食女子のためのリモート恋愛のコツをご紹介しましょう。

コロナ禍の恋愛を進める相手選びを

初対面の男性とはうまく喋れない、気後れしたり、気を使いすぎて疲れるという草食女子も、自分の長所や短所を見極めて対応してくれる男性となら、スムーズなお付き合いができるものです。

リモートという特殊な環境では、相手の気遣いのあるなしで人柄がわかります。例えば彼の話し方や正しい敬語の使い方、ちょっとした物腰や振る舞いなど、言葉や行動、しぐさは無意識の人柄がにじみ出るんですよね。ですからあなた自身も、その点を意識しておくと良いでしょう。草食女性にとって出会ってすぐに相手にガツガツ来られる恋愛は苦手なもの。草食女子にぴったり合うタイプの男性は、例えばこんな人がおすすめです。

①積極的にリードしてくれる男性

受け身で自分からなかなかアピールができない草食女子も、それを見抜いて積極的にリードしてくれる男性となら、会話もはずみやすく、良いところを自然に引き出してもらえます。ポジティブでしっかりとした自分の考えを持った男性からは、学ぶことも多くあり、恋愛にも自然に発展しやすいものです。お互いにないものを補完し合えるため、バランスが良いカップルになる可能性が高いでしょう。

②穏やかでマイペースな男性

積極的すぎる男性のアピールが苦手な草食女子には、マイペースでのんびりとした男性とも恋愛対象としておすすめです。のんびり話しているだけで癒される相手は等身大で話ができて、リモートで話していても楽に感じるでしょう。時間をかけて関係性を発展させることができるので、お互いに焦ったり、無理をしたりせずに、お互いの趣味の話しなどで楽しい時間が過ごせるでしょう。

③優しく包容力がある男性

肉食男子のようにガツガツくることがなく、女性のペースに合わせて話ができる優しい男性。どんな状況でもどっしりと構えていて、優しく包み込んでくれるような器の大きな男性は草食女子にとって王子様のような存在です。あなたのことを忍耐強く待てる人、苦手な部分を優しくリードしてくれる男性なら、心配性で甘え下手な草食女子も安心して穏やかな恋愛を育んでいけるでしょう。

▼好きな人の前に出ると、どうしても意識しすぎて緊張します。そのことを言えずにもじもじしていても相手には伝わらないことが多いんですよね。だから、「緊張しちゃってうまく話せないかもしれない」と苦手な部分を最初にカミングアウトすると肩の力が抜けますよ。相手も「そうだったんだ、自分のせいでテンションが落ちてるわけじゃないんだ」ってわかるし、うまくリードしてくれて良い感じになることも多いです。(27歳・専門職)

コロナ禍の恋愛を進めるコツはリモート環境に慣れること

https://www.pexels.com/

会社や仲間のリモート飲み会、めんどくさくて参加しないという草食女性も多いのではないでしょうか。もともと男性と接する機会が少なく、男性慣れしていない草食系女子も少なくないでしょう。しかし、せっかくの機会ですから、ここは練習だと思って、リモート環境に慣れておくと後々便利です。特に男性と話すことへの抵抗感をなくす努力は大切です。これを乗り越えれば、男性の前で自然な振る舞いや話をするのもできるようになるでしょう。

草食系のあなたを見て、守ってあげたいなとキュンとくる男性や、自分もシャイなので草食女子といる方が落ち着くという男性だっているんです。だから、とにかくあなたは自信を持って積極的にコミュニケーションをとれるように努力してみてくださいね。

コロナ禍でも恋愛の可能性は無限♡

普段から喋るのを得意としない草食女性や、テレワークの環境でLINEやSNSのテキストベース主流になってしまい草食化しつつある女性は、「自分ではリモートデートは盛り上がらないのではないだろうか」とついつい不安になったりするものですよね。しかし、そんな不安は、相手がちゃんとフォローしてくれるのであまり考えないことです。そう、工夫次第で話の種などいくらでもみつかりますよ。

例えば、リモート環境では背景にあなたの個性がわかるものを映し込み、話が自然にそこに流れるように仕掛けておくのも効果的です。そのひとつが本棚。もちろん見られてよい本だけを並べておくことです。相手も読書好きなら「おっ?どんな本を読んでいるの?」「おすすめは?」などと本の話題で話が進むでしょう。

他にも好きな映画の話はお互いの趣味もわかって、共通する映画があれば話が盛り上がります。リモート環境では、同じ映画をそれぞれに同時に観ながら、感想を言い合ったり、感動を共有したりなどバーチャルとはいえ、一味違った同じ時間の共有を楽しめます。

同じ時間にベランダや庭へ出て、月や流星群を楽しんだりしながら時間をたくさん共有することで、好きな男性との時間を過ごすことができるようになるでしょう。気がつけば両思いで恋愛関係になっていても不思議ではありません。「コロナが終息したらいつか会おうね」という約束は、二人の絆を深め心の距離を優しく縮めてくれるでしょう。

草食化しても大丈夫。リラックスして恋愛を楽しみましょう

https://www.pexels.com/

もともと草食系の人も、コロナ禍でやむおえず草食化している女性も、恋するワクワク感は嬉しいものですよね。「この人素敵だな」と思う気持ちというのは、リモート環境でも同じです。今までは好きな人がいても緊張してうまく話せなかった草食女子も、リモートなら安心して相手と向き合えるはず。時間をかけて仲良くなる恋愛の形は草食女子にもおすすめです。

まだまだコロナの出口が見えてこない今、お互いの絆を深める時間はたっぷりありますよ。リラックスしてリモートデートを楽しんでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました