草食化が止まらない!?コロナ禍の恋愛事情

新型コロナウイルスの蔓延で変わった私たちのライフスタイル。特に恋愛事情はソーシャルディスタンスを重視して大きく様変わりしているようです。恋人と会わなくなったり自重している人や、恋愛自体をあきらめる女性の草食化も問題に。コロナ時代の女性の恋愛観の変化と、こんな時代だからこそ発揮したい心の距離の上手な育て方をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

コロナ禍で女性が草食化?恋愛・婚活も激変

https://pixabay.com/ja/

2020年。世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響は日本にも押し寄せ、私たちの生活様式をあっという間に変えてしまいましたね。怒涛のように訪れる仕事のテレワーク化と、あらゆる機会のリモート化、ステイホーム。そしてマスク着用と三密の回避、ソーシャルディスタンス。あっという間に環境が変わってしまった今、まだ「新しい生活様式」に慣れない人も大勢いるはずです。そしてコロナ禍は第二波、第三波と形を変え、今も終息する気配がありません。

ライフスタイルが激変する中、恋愛や婚活といった恋人たちの事情も激変しています。以前のように気軽にデートや旅行に行けなくなってしまった今、特にコロナの罹患率が高い地域では会うこともままならず、リモートデートで我慢しているカップルも多いことでしょう。また、婚活も実際に知らない相手と会うのはコロナに罹患するリスクが高いためニーズが落ちているのが現状です。こういった出会いの機会がない、好きな人に何ヶ月も会えないコロナ禍において、アラサー世代を中心に女性が急速に草食化しているとも言われています。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化するのはなぜ?

コロナ禍で急増中の草食女子。もともと草食ではなかった女性まで、草食化に向かう傾向にあるようです。「コロナウイルスが終息するまでの間は会うのは我慢する」という期間限定な草食の女性や、「基本的に恋愛がめんどくさい」という本格的な草食化に向かう女性まで。女性が草食化に向かう理由を見ていきましょう。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由①デートや出会いはコロナのリスクが高すぎる

https://pixabay.com/ja/

新型コロナウイルスの怖いところは、感染してもしばらくは無症状のままであるということと、無症状時期ほど感染力が強いという点です。自分はまさかかかっていないと思っている人ほど他人に感染させやすいため、家族と一緒に暮らしていると知らないうちに全員に感染していたということも少なくありません。高齢者に感染させてしまうと命の危険もあるため、女性も男性も恋愛には慎重にならざるを得ないのが現状です。

草食男子は今までによく知られてきましたが、今まで草食志向だった女性がコロナ禍で一気に草食に転向したため、目立つようになってきたのかもしれません。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由②お付き合いのプロセスが崩壊

コロナウイルスの感染防止対策でテレワーク化し、在宅勤務で誰とも顔を合わさずにいることが増えた独身女性も多いはず。職場や取引先の男性との出会いもなく、出会い系アプリは写真を登録するのが怖くて無理。ラッキーにも良い人と知り合っても、会うのはコロナのリスクが高すぎてお互いに無理で、なんとなく話も続かずそれっきりということも少なくないようです。本来ならばデートを重ねてお互い深く知り合い、告白されて正式にお付き合いをして、同棲や結婚に踏み切るという王道が、今はコロナ禍で寸断された状態です。

出会いから告白、お付き合いまでのプロセスがまったく変わってしまったため何もできず、やむおえず草食化する女性も増えているのではないでしょうか。

▼自粛でずっと出会いがなくて、焦ってマッチングアプリを始めましたが3日で退会。自分の写真をアップするのは怖い。以前は婚活パーティーにも行ってたけど良いご縁もなく、コロナ禍かで婚活も休んでるし、もう前ほど気力がわかなくなった。(28歳・派遣)

▼リモートで出会いの街コンに参加したけど、数分でアピールしなきゃいけないし、リモートで数分ごとに相手が切り替わるとか本当に疲れる。リモートって知らない男の私生活をガツガツ見せられる感じも嫌。今は自分が大事だし、無理して恋愛しなくていいと思うようになったら急に楽になった。(25歳・会社員)

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由③コロナの価値観で草食化

https://www.pexels.com/ja-jp/

LINE、Facebookのメッセンジャー、ZOOMなど、コロナ禍で急増したオンライン化は、仕事や実家への帰省といったことだけでなく、婚活や恋愛もオンラインなしにはできなくなってきています。コロナ禍では大きなイベントはもちろんのこと、恋人同士のデートも中止になり、コンパや婚活パーティー、飲み会はもとより大人数の会食さえできなくなって、皆お手上げ状態であることには変わりがありません。

オンライン飲み会はもとより、オンライン婚活、オンライン街コンなどの企画も行われていますが、それらはすべてパソコンを通してのバーチャルです。しかし、コロナウイルスに対する価値観は千差万別です。人に迷惑がかかる上、祖母や祖父など高齢者がいるため、絶対にコロナにかかりたくないという女性も少なくないでしょう。

しかし、男性が楽観的だったり無頓着で「会いたい」「会おう」とゴリ押ししてくると「危機意識がない」相手にうんざりしてくることもあるはずです。コロナの価値観が違うことがネックになり別れる恋人が多いのも事実です。コロナウイルスへの価値観のズレによってうんざりした女性は、婚活を早々にあきらめて草食化している状態なのです。

▼草食最高。以前はマッチングアプリで出会いを探していたけど、気になる人ができても結局デートできないし、こんな時に「会おう」ってゴリ押ししてくる男性は嫌だから、婚活もあきらめたし、出会い系アプリを削除したらスッキリした。(25歳・専門職)

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由③自信を失っている

https://pixabay.com/

自分の容姿や性格にコンプレックスがあったり、男性と話しても「つまらないと思われるかも」と言う思いで消極的になりがちな草食女性。自分に自信がないのも草食女子の特徴のひとつです。特にコロナの時代にアラサーからの草食女子が増加している原因は、男性との交際の先に結婚を考えていることが多いため、自分の収入や学歴などに自信がない人が、恋愛や婚活自体をあきらめてしまうからだと言われています。

「どうせろくな出会いがない」「がんばっても無理」そんな気持ちを前向きにしていかない限り、仮にコロナが終息したとしても、恋愛はうまくいきません。自分はモテないと思い込んでいる人も少なくないでしょう。自信を持たねば、ますます消極的になってしまいます。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由④恋愛の優先順位が落ちている

恋愛にも興味はあるけど、コロナ禍で善くも悪くも人間関係が希薄になっています。そんな中で人と関わるのがめんどくさくなって草食化していく女性が増えています。中には、「コロナ禍で経済的な余裕もなくなっている中で結婚するのはデメリットが多い」「自分の生活を守るだけで精一杯で、恋愛だけが幸せという時代じゃないのかも」という女性もいます。

また、リモート化によって、健康や命、社会貢献、自分磨きなど、恋愛よりも優先させるべきものに気づいたという女性も。コロナ禍で女性が草食化する理由は、恋愛や結婚はしたくなったタイミングですれば良いのでは?という意識が広がっていることも一因かもしれません。

コロナ禍の恋愛で女性が草食化する理由⑤初対面の男性と話すのが苦手に

https://www.pexels.com/ja-jp/

内気で自分の殻に閉じこもりがちな草食女子は、周りからは大人しい印象を持たれることも多いでしょう。何にせよ、表で目立って舞台に立つよりも、裏で舞台を支える方を好むはず。基本的に男性と一対一で話すことに慣れていない人もいるものです。緊張してうまく話せなかったり、ぎこちない反応になりがちで、その点も自分で過剰に気にしてしまうため会話が続かず気まずい空気が流れやすいのです。

もう恋愛で気を使うのはこりごりという本来の草食女子は、コロナ禍でひとりになれてホッとしているという人が多いのではないでしょうか。

コロナ禍の草食女子の恋愛7つの特徴とは?

恋愛できないわけではないし、恋愛したいという気持ちはちゃんとあるにも関わらず、恋愛から離れてしまう草食女子が増加しているのはなぜなのでしょう?草食女子の恋愛の特徴と、新しく加えられたコロナ禍での恋愛の特徴をご紹介しましょう。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴①心配性

基本的に心配性な草食女子。嫌われたくないと考えているため、積極的に行動を起こせず、好きな人がいてもなかなか進展せずに悩んでしまうことも多いでしょう。しかもコロナ禍では、新型コロナウイルスの感染の不安も大きくなり、下手に相手と話して「会おう」と言われるのも恐れてしまいます。

また、気になる人とLINEやメールをしたいと思っていても、拒否されたり、嫌われてしまうかもと考えてしまい、言い出せずに後悔することも少なくないはず。まずは過剰な心配でストレスを溜めないようリラックスして、もう少しポジティブに考えて自分自身を楽にすることが大切ですよ。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴②甘えるのが苦手

シャイで人を頼りにしたり、お願いすることに苦手意識を持っている草食女子。本当は男性に頼りたいと思うことがあっても、「まぁいいや」と自分一人の力で何とか乗り切ろうとすることが多いのではないでしょうか。草食系女子は自分から何かを主張することがなく、すべてが受け身が基本なので、言いたいこともなかなか言い出せないことがあるでしょう。人付き合いが苦手なため、周囲から見ると「そっけない人」という印象を与えてしまいがちです。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴③好きな人に気を使いすぎる

https://pixabay.com/ja/

草食女子の恋愛は自信がないため手探り状態になりがち。相手が不快ではないか、嫌な気分になってないかなど過度に気を使いすぎて疲れてしまうため、恋愛から遠ざかる人も多いものです。相手の男性の機嫌が悪いと、どうしても「自分のせいかも」と考えてしまいがちだと思いますが、それは間違いです。

相手の気分は、相手のプライベートなもの。仮にあなたが原因で相手が不快になったなら、素直に謝ることで解決します。何もかも相手の反応が自分のせいではないということをきちんと理解して、自分を不必要に責めたり、暗く考えるのをやめていくことですよ。

コロナ禍で草食化する恋愛の特徴④想いを伝えられない

関連記事