意外と使える雨の日のデート術♡彼との距離をぐっと近づけよう

雨の日のデートは実は縁起が良いって知ってますか?

楽しみにしていたデートの日なのに、天気予報が雨だとガッカリしますよね。「せっかく彼とデートできるのに、何とか降らないで!」と祈るような気持ちでいても、こういう日に限って天気予報は当たってしまうもの…。ウキウキしていた気持ちがどんよりして、「濡れるの嫌だな~、どうしようかなぁ」と迷う経験、きっとあなたにもあるのではないでしょうか。

デートの日が雨だとテンションも下がるし、せっかくのデートだけど仕方ないから延期するというカップルも多いのではないでしょうか。しかし、雨の日のデートは、何とふたりの距離感をぐっと縮める恋愛効果が抜群です。雨の日は恋人たちにとって、いろいろ縁起が良いことも多いんですよ。

雨の日のデートはふたりの絆が深くなる

https://girlydrop.com/

フランスでは「雨の日の結婚式」は幸運をもたらすとい言われています。雨が降った後の地面は固くなり、新郎新婦がこれから歩む道をしっかりとサポートしてくれるという意味があるそうです。日本でも「ジューンブライド」といって、6月の梅雨どきの花嫁は幸せになれると言われます。雨の日は、天から降る雨によって「天と地が結ばれる」とても縁起が良い日です。雨は恋人たちのネガティブな想いを浄化し幸せに導く力が強いため、ふたりの絆もぐっと深めてくれるでしょう。よく、「雨降って地固まる」と言われますが、これは「揉め事の後は、かえって良い結果や安定した状態が保てるようになる」ということの例えです。

楽しみにしていたデートが雨のときはガッカリしてテンションも下がり気味になりがちですが、前向きに捉えて、思い切って彼とデートに出かけると思いがけなく良いことがあるかもしれません。

雨の日デートは彼の気遣いにキュンとできる♡

https://pixabay.com/

雨の日デートは、お互いに何かと気遣いを見せるチャンスです。突然の雨で、ふたりで雨宿りをしなくてはいけないこともあるでしょう。傘をさして行動しなくてはならないので、とっさの行動で相手が本当はどんな人なのかを見抜くこともできるでしょう。それに晴れの日と違って、雨に濡れないよう身を寄せ合うことが増えると、距離がとても近くなりスキンシップも取りやすくなります。雨の日のデートでは、思わぬところで彼の気遣いにキュンとする女性も多いようです。

雨の日デートで女性が彼にキュンとすること①エスコートしてくれるとき

雨が降っていると、彼女が雨に濡れないように傘をさしかけてエスコートしてくれたり、車に乗るときなどにも、わざわざ助手席まで傘をさして雨に濡れないよう気を使ってくれるとき。まるでお姫様のような気分にさせてくれる彼の優しさにキュンとくるのではないでしょうか。

雨の日デートで女性が彼にキュンとすること②守ってくれるとき

雨の日にふたりで歩いているとき、さりげなく彼が車道側に行き、道路の内側へそっと導いてくれたり、水たまりを先に見つけて「気をつけて」と避けてくれるとき、その気遣いにキュンとする女性は多いですよね。

雨の日デートで女性が彼にキュンとすること③思いやりのマナーがある

自分の傘のしずくで彼女が濡れないよう、傘をずらしてあげる気遣いができる男性って素敵ですよね。雨の日に狭い道路や歩道橋の上で人とすれ違うとき、傘を反対側に傾けて雨のしずくが相手にかからないようにする気遣いのことを「江戸しぐさ」と言います。こういった優しさが身についている彼を見たら、あなたもきっとキュンとくることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました