健康であり続けるために!50代女性の若返りダイエット

スポンサーリンク

50代が健康にダイエットする為に、太りやすい理由を理解しよう

40代、50代と、年齢を重ねるごとに太りやすくなってしまう大きな要因は、加齢とともに筋肉量が落ちて、基礎代謝が減っていくことです。

基礎代謝とは、生命を維持するために必要なエネルギーで、何もしなくても消費するエネルギーのことです。この基礎代謝が減っている50代女性は、若い頃と同じようなカロリー摂取をしていては、カロリー過多になってしまうのです。また、基礎代謝を上げる筋肉量も減っているので、ダイエットをしてもなかなかカロリーを消費してくれず、そんなに食べていないのに何故か太る、ということになってしまいます。

さらに50代女性は更年期世代でもあります。まだ更年期の症状が出ていなくても、閉経に向けて脂肪燃焼を助ける女性ホルモンのエストロゲンが減少していきます。そのため、脂肪が代謝されにくくなっているのです。

他にも、ホルモンバランスの変化により自律神経が乱れやすく、ストレスを貯めやすくなります。これにより腸内環境が悪くなり、代謝が悪化。こういったことも50代女性のダイエットの妨げになっているのです。

50代が健康にダイエットする為に、基礎代謝を上げよう

50代女性の健康的なダイエットに一番重要な「基礎代謝」は、「エネルギー代謝」の1つです。日々の仕事や運動、日常生活の活動により消費するエネルギーを「活動代謝」、食べ物の咀嚼、消化、吸収する食事の一連の活動により消費するエネルギーを「食事誘発熱産生」と言い、「基礎代謝」と合わせたこの3つでエネルギー代謝は構成されています。その中で基礎代謝の割合は60%以上を占めています。このことからも、基礎代謝を上げることが50代女性の健康的なダイエットに最も重要なことであることが分かります。

では、50代女性が健康的にダイエットするために基礎代謝をどう上げればよいのか、見ていきたいと思います。

50代女性が基礎代謝を上げるために①筋トレ

https://pixabay.com/ja/

50代女性が基礎代謝を上げていくには、まず日常生活の中に代謝を上げる筋トレを取り入れて、筋肉量を増やすことから始めるのがおすすめです。筋肉が占める基礎代謝の割合は全体の20%ほどしかないと言われていますが、臓器などを動かすエネルギー消費と違い、筋肉による代謝は運動によって上げることができるのです。筋肉量が増えれば、日々の生活での消費カロリーは自然と増え、50代女性の健康的なダイエットにはとても有効です。

運動が苦手でいきなりジムなどでのハードな筋トレはハードルが高いという方は、自宅で腹筋や腕足せ伏せなどから始めてみましょう。目標を作って少しずつ習慣づけていくのがポイントです。そこから徐々にレベルアップした筋トレに移行し、無理せず自分に合ったペースで、筋肉の若返り、自身の健康的なダイエットを目指しましょう。

50代女性が基礎代謝を上げるために②有酸素運動

https://pixabay.com/ja/

筋トレなどの筋肉をトレーニングする運動は、基礎代謝を上げるのに効果的な「無酸素運動」に当たります。これにプラスして脂肪を燃焼させる「有酸素運動」を合わせて実践してすることがより、ダイエットには効果的です。

有酸素運動の代表としては、ジョギングなどが始めやすく、50代女性にはおすすめです。普段から走ることに慣れていない方は、いきなり走ると心拍数が一気に150以上に上がってしまい、これでは有酸素運動にはならず、不効率です。そういった場合は、早歩きや、歩くスピードで走ることから始めてみましょう。心拍数100〜130ぐらいが理想です。

外にジョギングしに行くことが難しいのであれば、家の中やマンションの階段を登り降りするだけでも十分です。日常生活の中でも、駅まで自転車で行っていたのを徒歩にしたり、エスカレーターやエレベーターを使わないで常に階段を使うなど、出来ることはたくさんあります。有酸素運動のイメージとしては、心拍数が上がる感じで動くという捉え方で、考え過ぎず気軽に生活の中に取り入れていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました