お部屋を優しく綺麗に彩る♪お花を使ったインテリア実例集

お花のあるお部屋に住むというのは、女性であれば多くの方が抱いたことのある夢ではないでしょうか。しかし、買う機会が無かったり、どのように置いたら良いか分からなかったりして、なかなか実現できませんよね。そこで今回は、お花を実際にインテリアとして使用している方の実例をご紹介します。これを参考に、お花のある生活を始めてみてはいかがでしょうか♪

公開日:    最終更新日:

お花があると、お部屋が一気に華やかに♪

お部屋の中に癒しと潤いを

春が到来!道端もお花が華やぐ季節で、歩いているだけでもうきうきしますね。お花屋さんに立ち寄ると色とりどりのお花が並び、見ているだけで気分が明るくなります。皆さんはお部屋にお花を飾ることはありますか?「ほしいと思うけれど忙しくて手入れができない…」という声もしばしば聞こえてきますね。ですが、大きなブーケでなくとも小さなお花数本だけで、お部屋の印象をがらっと変えることができます。女性らしいインテリアにお花は必須。朝起きた時、目の前にお花があるだけで、1日のスタートも変わってくるので不思議!それだけお花やグリーンは人間の心に優しい作用を持っています。忙しい毎日だからこそ、ぜひお部屋にお花を飾ってみましょう。
今回はお花を使ったインテリアスタイリングをご紹介していきます!

参考になるお部屋はインスタで見つけてみましょう

世界中のお花の飾り方を参考に!

一言で「お花を飾る」といっても実際、どんなお花をどうやって飾るの?という疑問が浮かぶと思います。確かに、一言でお花といっても色も形も千差万別。そこに花器のチョイスも加わってくるとバリエーションは無限大です。また、お花の飾り方は実は国によってもとても差があります。悩んでしまうのも納得ですね。そんなときにはインスタをチェック!インスタを使えば世界中のインテリアの中からご自身の好きなお花の飾り方を見つけていただけるはずです。ハッシュタグを使ってどんどん検索してみましょう!

【インスタ実例集】お花のある素敵なお部屋

1.お花一本で飾る


https://www.instagram.com/hokuoh_kurashi/

まず、初心者でも気軽にインテリアの中にお花を取り込める方法をご紹介します!それはお花一本からでもぐっと空間が様になる一輪挿しを使う方法です。今はかわいい一輪挿しが増え、インテリアショップやお花屋さんでたくさん販売されています。写真のように壁にかけるタイプや、机やシェルフに置くことのできる小さなベースタイプなど種類も豊富。また、ご家庭のグラスでもとても素敵に一輪挿しになりますよ。お値段もお安いので気負いせず始めることができます!


https://www.instagram.com/elledecorationuk/

こちらも一輪だけをかざる方法です。細い瓶ではなくあえてすこし太めのベースを使用していますね。このような簡単に瓶にさすだけでも十分絵になります。とてもシンプルな方法ですが非常にきれいです。こういった素朴な瓶は、インテリアショップやバラエティショップでも手に入ります。気に入ったお花を一本買ってさりげなく瓶にさしてかざってみたり、ブーケで購入したお花の最後のお花をこのように添えてあげるのもいいですね。特に写真のように、洗面所にお花を添えてあげるとホテルのような癒し空間を作ってあげることができます。日常的な空間に、ちょっとした癒しのアクセントを加えることで無意識のうちにリラックス効果も高まります。
毎日何度も使う場所には、さりげないお花があるといいですね。


https://www.instagram.com/p/BfnXOVanyNg/?taken-by=aoyamaflowermarket

すこしユニークな一輪挿しを使用した例。壁に直接貼り付けられたベースです。
前述の2例は少し繊細な雰囲気を持つお花をいけていましたが、このようにちょっとガーリーで女性らしさの溢れるお花をいけるのもオススメです。壁の柔らかい色と相まって、非常にかわいらしい印象ですね。

繊細な白やグリーンのようなものを一輪挿しにそえると清楚な大人っぽさが増します。ですが反対に華やかでお花の可憐な雰囲気を出す種類を一輪挿しにいけると、逆に少女っぽさが印象的。無邪気でかわいらしい女性らしさを空間に加えることができるのです。
白いベースの色とピンクの花という対比も、女の子らしさを強調しています。大人っぽさに変化をつ懈怠時には試してみたい方法です。

*作家さんのベース


https://www.instagram.com/p/BfnXOVanyNg/?taken-by=aoyamaflowermarket

次に、こちらは一輪挿しをたくさん密集させてかざる方法。ひとつひとつには違う種類の植物をいけ、リズミカルに一輪挿しを配置しています。動きが感じられてモダンなオシャレさがあります。このように、同じ種類で違う色の一輪挿しをアートのように配置するのも、一輪挿しの良さが光る方法です。時期によって、入れる植物を変えてみたり、それによって同じベースもまた全然違った印象に津来ることができるでしょう。そういった自由な雰囲気も小さな一輪挿しならでは。コンビネーションを楽しみながら空間に彩りを添えることができるのです。
このような素敵で個性的な一輪挿しは、主にインテリアショップなどで取り扱っていることが多いので、陶器の作家さんの展示会などは要チェックです!

2.小さなブーケで飾る


https://www.instagram.com/botanyshope5/

こちらのスタイリングでは、机の上に大胆に大きなブーケを飾っています。少しアンティーク調のテーブルに合わせて、ベースもアンティーク風ですね。こういった統一感も大事です。また、大ぶりな花束ですがこのようにパネルや写真と組み合わせることで空間が引き締まり、スタイリッシュな印象になります。お花の色合いも青とオレンジの補色関係の中に白を含め、モダンな印象ですね!
また、下の写真のインテリアでは無彩色で静かな空間の中に華やかなオレンジや黄色のアネモネなどのお花を大きく据えています。この空間の中でお花は彩りを加えるとても大事な要素。このように空間と対極の色やフォルムのお花を添えるのも効果的な方法です。


https://www.instagram.com/_foodstories_/

*ユニークなブーケ


https://www.instagram.com/zarahome/

こちらは、全体の高さとして少しアンバランスに仕上げています。背の高いお花と背の低いお花が極端に高低差をつけていけられていますね。ですが不思議と統一感があります。それは色のバランスにも関係しています。青の植物とオレンジの植物という補色関係にあるお花を入れ、人間の目を引きます。また、少しアンバランスな美しさという形状のおもしろさもあります。

また、それだけでなく、深いボルドー色のアネモネを一輪加えているのも、この空間を引き締める理由のひとつ。青とオレンジをつなげてくれている存在、とでもいえるでしょうか。お食事のテーブルがこのちょっとしたブーケによってとても華やいだ印象になっています。

関連記事