低予算でもバッチリ楽しめる!10万円で行ける海外旅行先16選

海外旅行の一番のネックといえばお金ではないでしょうか。近場ならまだしも、少し遠くに行こうと思うと一気に値段が跳ね上がりますよね。しかし最近ではLCC(格安航空会社)も増えてきて、これまでよりも様々な国に安く行くことができるようになりました。そこで今回は、予算10万円で行けるオススメの海外旅行先をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

10万円で海外旅行は難しい?そんなことはありません!


http://girlydrop.com/

10年程前までは、海外旅行というと飛行機代だけでも10万円以上かかるというイメージがありましたよね。
しかし、近年ではLCC(ローコスト・キャリア)の普及により、海外旅行も気軽に楽しめるようになりました。

LCCの登場により、低予算でも海外旅行できるように♪


http://girlydrop.com/

現在、各旅行会社でもLCCを利用したお得な海外旅行のプランを打ち出しているため、10万円以下の予算でも海外の様々な場所へ行くことが出来るんです。
セールの期間を狙えば、更にお得に行けますよ!

また、「スカイスキャナー」等の航空チケットの最安値を調べるスマートフォンアプリや、「Booking.com」のような様々なサイトから宿の最安値を検索するアプリもあるので、航空チケットもホテルも全て自分でカスタマイズするという自由な旅も良いですね♪

10万円で行けるオススメの海外旅行先16選

では、予算10万円で行ける海外の旅行先ってどんな場所があるのでしょうか?
ほんの一例ですが、ご紹介させて頂きます。

10万円でも行ける!おすすめの海外旅行先①「グアム」


https://www.rakuten.co.jp/

最初にご紹介するのは「グアム」です。

日本からのフライト時間は約4時間。時差も1時間程しかないので、時間的にも体力的にも気軽に行くことのできるビーチリゾートです。

グアムの中心地であるタモン地区へ滞在すれば、ホテルのプライベートビーチがあったり、DFSギャラリア等のショッピングモールも充実しているので、短い滞在期間でも十分に楽しむことができます。

日本人の観光客も多いので、ホテルにに日本語の話せるスタッフが常駐していたり、街中の飲食店でも日本語のメニューが置いてあったりするので、初めての海外旅行にもおすすめの場所です。

10万円でも行ける!おすすめの海外旅行先②「バリ」


https://www.rakuten.co.jp/

続いてご紹介するのはアジアの南国リゾート「バリ」です。

今までバリへの直行便は、ガルーダ・インドネシア航空のみでしたが、昨年からLCCの「エアアジア」から成田空港発→バリ島(デンパサール島)着便が就航しました。

乗り継ぎ便を利用すると、丸一日を移動日に費やすことになってしまうので、直行便が就航したことで、格段に行きやすくなりました!
ビーチでアクティブに身体を動かしたり、大自然の中で静かにゆっくりと時を過ごしたり…。
食事は美味しくてクセも少なく食べやすいものばかりで、街歩きをすれば天然素材を使った石鹸やコスメ、可愛い雑貨などのショッピングが楽しむことができます。

大自然を楽しみたい方は、「ウブド」がおすすめです。

南国らしい木々が生い茂り、棚田の風景が広がる大自然が魅力的な場所で、小鳥のさえずりを聞きながらのんびり過ごすことができます。

ただ、ウブドは空港から車で1時間30分程かかるので、旅行日程に上手に組み込むようにした方が良いでしょう。

10万円でも行ける!おすすめの海外旅行先③「シンガポール」


https://www.rakuten.co.jp/

続いてご紹介するのは、「シンガポール」です。

マーライオンや、ソフトバンクのCMでも使用された、マリーナ・ベイサンズホテルが有名ですね。
フライト時間は約7時間で、時差も1時間程です。
シンガポールは富裕層の多い国なので、カジノがあったり、ショッピングモールも充実しています。

街自体が綺麗で治安も良いので、家族旅行でも安心して行くことが出来ます。
そして家族旅行におすすめのスポットが、シンガポール本島の南に位置するセントーサ島です。この島は東南アジア初、またアジアでは日本に次いで2番目となるユニバーサル・スタジオのテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」があります。

そのほかさまざまなレジャー施設、ビーチ、ホテルなど何でも揃っていて、島全体が巨大なエンターテイメント空間となっています。
1日では回りきれないくらいたくさんの施設があるので、是非足を運んでみて下さい。

10万円でも行ける!おすすめの海外旅行先④「タイ」

続いてご紹介するのは、東南アジアに位置する「タイ」です。
日本からのフライト時間は約7時間程。
首都バンコクまでは、LCCの直行便も就航しているので、比較的安価な値段で行くことができます。

そしてタイの魅力はなんといっても物価の安さ!
タイ古式マッサージや美味しいタイ料理も日本の3分の1程度(その時の為替にもよりますが…)の値段で楽しむことができます。

そして日本のお寺とは一味違った煌びやかな寺院も魅力の一つです。
バンコクにある「ワット・ポー」「ワット・プラケオ」「ワット・アルン」の3大寺院は1日で回れるくらいの距離にあるので、バンコクを観光する際は足を運んで見てください!

また、タイの北部に位置する「チェンマイ」もおすすめです。
バンコクのような都会ではありませんが、落ち着いた雰囲気の街で、日本からの移住者も多い地域です。

おしゃれなカフェや雑貨屋さんも多く、バンコクの喧騒が少し苦手…という方にもおすすめです。
「塔の上のラプンツェル」で一躍有名になった「コムローイ祭り」が行われるのもチェンマイです。

オレンジ色に光るランタンが空へ一斉に放たれる景色はまさに絶景。
毎年11月に行われ、そのシーズンは観光客も数多く訪れます。
ただ、その分ツアーの価格も跳ね上がるので注意が必要です。

10万円でも行ける!おすすめの海外旅行先⑤「セブ島」


http://girlydrop.com/

続いてご紹介するのはリゾート地としても有名な「セブ島」です。

日本からのフライト時間は、直行便で約5時間30分程。
乗継便を利用した方が飛行機代を安く抑える事が出来ますが、移動時間が10時間を超える可能性もあるので、日程調整が必要になってきます。

セブ島と言えば、青く澄んだビーチリゾートが思い浮かびますよね!
一般的に言うセブ・リゾートは、マクタン・セブ空港が位置するマクタン島を指しています。マクタン島は風光明媚で海の美しいリゾート地です。

またセブシティは、観光客がよく訪れる巨大ショッピング・モールやリゾートホテルが多数あります。
セブ島周辺にあるボボール島等、少し足を伸ばすとダイビングで有名なスポットも数多くあります。

そしてセブ島で人気のツアーがジンベイザメウォッチングのツアーです。
ジンベイザメとは世界最大のサメで、日本では沖縄県の「美ら海水族館」や大阪の「海遊館」など、限られた水族館でしか見ることができません。

ジンベイザメとほぼ100%の確率で出会うことができる、世界でもなかなかない場所がセブ島なのです。

この体験ができる場所であるオスロブはセブシティから車で3〜4時間ほどかかりますが、行く価値アリです。

10万円でも行ける!おすすめの海外旅行先⑥「香港」


https://www.rakuten.co.jp/

関連記事