スポンサーリンク

元彼と復縁したいと思ったら、考えるべきこと
スポンサーリンク

元彼と復縁できたらって考えるのってどんなとき?

https://unsplash.com/

付き合った人はいろいろいるけど、印象に残っている元彼がいることってありますよね。

「そういえば、あの人は今頃どうしているんだろう」なんて考えていると、懐かしさがこみ上げてきて、SNSで探したりするなんてこともあるはずです。気になり始めると、とことん気になってしまう元彼の消息。何となく前向きになれない日、元彼と過ごした日々の思い出がじわじわと溢れてきます。「あの頃は良かったな、楽しかったな」と過去が眩しく見えることでしょう。

しかし、これだけは言っておきます。女性が元彼との復縁を考えてしまうのは、大抵は心が弱って前向きになれないときなのです。

慣れ親しんだ元彼ともう一度会いたい、なんて思うことは誰だってあるものです。しかし、ほとんどの人は「過去は過去でしかない」と思い直し、新しい恋愛に幸せを探します。

ところが、元彼への幻想が膨らんでしまい、元彼に恋をする形になると少々やっかいです。中には元彼のことが長い間忘れられない、復縁したいと考えてしまう女性も珍しくありません。新しい恋人と付き合っても「元彼ならこんなときこうだった」などと比べてしまい、恋愛が長続きしないという人も。 

もうとっくに終わった話だってわかってるけど、元彼がなかなか忘れられなかった。未練がましくいつまでも引きずる自分も嫌だし、ほんと全部嫌。人生をやり直したくなる。(25歳・専門職)

スポンサーリンク

元彼との復縁に全集中?未練タラタラの自分に気づいて

元彼に会いたい気持ち、元彼ともう一度やり直したいと思ってしまう切ない気持ち。それはすべて「未練」ゆえだと思います。元彼と復縁したいと焦がれてしまったら、あなたは彼に未練タラタラの状態なのです。元彼と復縁したいと思ったら、まずは冷静に次のことを自分に問いかけてみてください。

元彼を美化しすぎていませんか?

https://unsplash.com/

忘れられない人がいるのは仕方がないことです。ふと思い出して、「あの人は素敵だったな」と思うような男性と付き合えたことは、とても幸せなことです。ただし、時間が経つと人は相手の良いところや楽しいことばかりを思い出すようになってしまいます。

「あの人は素敵だった」と思う相手の思い出は、あなたの中で激しく美化されるものなのです。付き合っても嫌な部分や合わない部分があったからこそ別れになったはずですが、そんなことはすっ飛ばして「良い思い出」だけを拡大鏡で見るようになってしまうと、「元彼は私にとって完璧な人だった」などとこじらせます。

このような状態のまま、仮に元彼と復縁したとしても、お互いに心が成長していなければ結局は、前回別れた時と同じ理由で別れが訪れます。今まで美化されていた元彼は、単なる元彼に戻ります。最初は喜びを感じても、記憶の復元力は止められません。あっという間にマンネリに陥ってしまう危険性があることも心に留めておきましょう。

元彼基準で付き合う男性を比較していませんか?

https://unsplash.com/

何をするにも、とっくに別れた元彼が意識の中に出てきてしまうとき、あなたは「未練」に執着しています。昔の彼と今の彼を比較する癖がついているなら、今すぐに元彼基準の執着をやめるべきでしょう。良い思い出だけで美化された元彼と目の前の男性を比較する間は、あなたは永遠に幸せにはなれません。そもそも元彼と今の彼を比べるのは、元彼にも今の彼にも失礼な行為だと気づきましょう。

また、ひょっとするとあなたは元彼のことも、今の彼も多分好きではないのです。あなたがキラキラと輝いている元彼を思い出すときは、あなた自身も含めて盛大に美化していることもあるでしょう。あなたにとって100%完璧な男など、この世にはいません。元彼を美化しすぎて、せっかくの良いご縁やあなたの人生を、無駄にしないことですよ。

最近、元彼のリアルな姿を見ましたか?

https://unsplash.com/

あなたは元彼と別れて何年経っているのでしょう? 

つい最近別れたのであれば、まだ未練があるのはわかります。しかし、数年経ってもなかなか元彼が忘れられないなら、それは「執着」であり、過去を美化するマジックに完璧にかかっている状態です。

例えば3年前に付き合った元彼が忘れられない場合、よく考えてみてください。あなた自身も3年前とは印象や容姿が変わったはずです。同じように元彼だって、あなたが考えているほど昔のままではありません。あの時好きだった元彼は、もうどこにもいないのです。

同窓会が良い例です。ひそかに憧れていた相手に久しぶりに再開すると「あれ? 想像していた人と違う!これ誰だっけ?」と思うような変化を遂げていて驚いたという人は少なくないはずです。思い出は美化されます。元彼への執着がやめられないときには、実際にあなたが忘れられない元彼に会ってみることをおすすめします。リアルな元彼を見れば、自分がどれだけ相手を美化していたか痛感するでしょう。「美化していた部分」が消えたリアルな元彼を前にして、あなたは何を思うでしょう。

ほとんどの人は「あれ?こんなんだっけ?」と目が覚めるはず。あまりにもあっさりと元彼への思いが消えるため、あなた自身が驚くかもしれません。

納得いかない振られ方で別れた元彼。別れるときはギャン泣きして暴れたものだった。ずっと心残りで復縁したいって思ってたけど、3年ぐらい経って偶然見かけた元彼は、薄汚れた作業着姿でただのおっさんになってた。声をかけるのもやめちゃったぐらい。昔はイケメンだったのに、髪が薄くて腹が出ててあー、無理って感じで元彼熱がスーッと引いていった。復縁を考えるなら、相手の現状は確認した方がいいですよ。(26歳・会社員)

スポンサーリンク

元彼との復縁に焦がれたら、まずは自分の本音を探ろう

元彼への未練が断ち切れず、「もう一度付き合いたい、復縁したい」と考えてしまうときは、今一度冷静にあなた自身と向き合って、その本音を探るのを忘れないでいてください。

元彼との復縁を考える自分に問いかけるべきこと元彼と別れた原因って何だっけ?

https://unsplash.com/

元彼とのことを、もう一度しっかりと思い出してみましょう。何が原因で別れたのか、当当時の良いことだけではなく、嫌だったことや辛かった思い出も総ざらいしてみることです。

あなたから別れを言い出した場合、「別れる決断に至った原因」を思い出して、客観的に分析してみると良いでしょう。関係性が壊れた原因や理由は人それぞれだとは思いますが、あなたが嫌で別れた相手はどんなに美化しても、現実には「嫌な部分は嫌なまま」のことがほとんどです。

元彼から振られて未練が残る場合。未練と執着で作り上げた美化現象を解くことが最優先です。これも、何が原因で別れになったのかしっかり思い出しましょう。

例えば、「彼にわがままを言いすぎた」「彼にべったりと依存しすぎた」「束縛や嫉妬で彼を縛り付けた」など、別れの原因があなたにあるなら、改善する努力を惜しまないことです。

まずは、元彼と別れた原因を検証し、あなた自身のことも含めてその時の状況を紙に書き出してみることです。あなたにとって良かった思い出も、嫌な思い出も全部書き出すことですよ。日記をつけるのが習慣になっているなら、その頃のことも思い出しやすいでしょう。中には美化された思い出より、悪いところがどんどん浮かんでしまい目が覚めたという人も少なくありません。

元彼との復縁を考える自分に問いかけるべきこと単に寂しいだけかも?

スポンサーリンク