スポンサーリンク

離婚を後悔しないために知っておくべき準備と心構え
スポンサーリンク

離婚を決意したあなたに必要なのは、時間と準備と心構えです!

https://www.photo-ac.com/

どんなに愛し合って結婚しても、お互いの相性が悪くなることはあるものです。単に恋愛関係であればフェードアウトしてそのまま別れることもできますが、離婚は恋愛とは違い、二人だけの関係ではなく、お互いの両親を含めてかなりきつい葛藤や罪悪感にさらされることとなるはずです。離婚して自由を手に入れるには、その泥沼をくぐり抜ける覚悟が必要になるでしょう。

もちろん、そうそう簡単には別れることができません。離婚には煩雑な法律の手続きも必要なのです。結婚は婚姻届1枚であっという間に手続きが終わるのに、離婚はその数十倍も神経を使わねばならないことが出てきます。

どのような手続きが必要かは、離婚に関する法律的な対処の方法がネット上にたくさんあるので今回はここではあまり触れません。そのかわり、離婚するにあたってのメンタルの変化とその対処方法や、離婚後に苦労せずに自立する準備についてご紹介したいと思います。

離婚をしたいなら、まずは準備と心構えを胸に刻もう

https://www.photo-ac.com/

結婚生活が窮屈で苦しい、自由になりたいと思うことは多分誰にでもあると思います。それでも家族のために我慢して、自分を偽りながら結婚生活を続ける人も多いでしょう。結婚生活のストレスやひずみをうまく自分で発散できる人なら、表面上は何とかうまくやっていけるでしょう。しかし、そうじゃない場合は、結婚生活は苦痛になるはずです。「やっぱり、離婚したい」と思うとき、心は自由になりたい、早くこの窮屈で苦しい状態から一刻も早く解放されたいと願うのではないでしょうか。

離婚したい。その決意があなたの中で固まったら、まずは、それを一旦元に戻して、ポーカーフェイスになってください。うまく離婚するためには、これから再び独身に戻る状況に動じない心構えを持ち、離婚後の自分の経済的足場を固めていくのが賢い方法です。何食わぬ顔で日常生活を送りつつ、着々と離婚後のあなたの足場固めをしていくことです。

離婚は迷って当たり前。納得するまで時間をかけること

https://www.photo-ac.com/

夫のモラハラや浮気癖、家事や育児を丸投げして好き放題の態度に、ぐっと耐えている主婦もいるでしょう。「できるなら離婚したいけど、したくてもできない」という主婦のほとんどは、離婚後に自立できる経済力がないという理由のことが少なくありません。

特に長く専業主婦をしていると、離婚後にいきなり社会に出て自分が働けるのかどうか、働き口が見つかるかどうかも自信がないことが、離婚の大きなストッパーになっていると言えるでしょう。夫の退職を待って、そこで離婚を切り出す主婦が多いのはよく知られていることですが、これは夫の退職金が夫婦の財産分与の対象となるからです。

でもこの不景気なご時世では、期待した確実な退職金が出るかどうかはわかりません。まだ若いのなら、我慢しながら結婚生活を続けて夫の退職金を待つよりも、新しくリスタートし、自分の人生を生き直した方が幸せなのではないでしょうか。

しかし、離婚するかしないかは人生の大問題です。離婚をすれば、仕事も経済も家事も、また、子供がいるなら育児も、一人で背負うことになるのです。こう言われると、その責任の重さに押しつぶされそうになるでしょう。決心がつくまでには何度も葛藤するはずです。

そんなときは、肩の力を抜いてリラックスしてください。離婚について考える時間はまだたっぷりとあるのです。あなたが離婚しても後悔しないと100%思えるまで、気持ちをゆっくり整理していきましょう。

準備と心構えのない衝動的な離婚はNG

https://www.photo-ac.com/

配偶者のひどい態度に我慢を重ねてきたなら、何かトラブルがあるたびに「もう我慢できない!今すぐ離婚したい!」という思いがよぎるものです。しかし、その気持ちがスタート時期だと思って配偶者に最後通牒を切り出すのをぐっと我慢してください。我慢した分、離婚後の生活を見据え、準備を始めるのです。

離婚後の経済的な自立、あなただけの新居計画などをじっくり検討しておくのです。今は離婚を切り出しても、新しい生活への不安とストレスによるリスクが高すぎます。たっぷりと資金があり、次に住みたい場所の特定もできて、なおかつ就職やパートで生活資金の目処がついていれば、何も決まらないうちに衝動的に離婚をするよりも気持ちが安定し、随分楽になるはずです。配偶者への離婚の切り札は、自分の準備が出来たタイミングで出せば良いのです。

衝動的に離婚した後に後悔している人は、ほとんどが経済的な不安や孤独感、老後の不安といったことで苦しんでいることが多いようです。「やっぱり離婚なんてしなければ良かった」と後で思う人生は最悪です。あなたが100%離婚したいと思わない限りは、離婚は絶対にしてはいけません。

スポンサーリンク

離婚を確実に決めるなら、まずは資金準備の心構えを

https://pixabay.com/ja/

離婚後の女性が直面して困窮しがちなのは、何と言っても「お金の問題」です。離婚後は想像以上に出費が多いのです。例えば「別居のための引越し費用」「新居の賃貸借契約費用」は大きな出費です。新しい物件には家電など生活必需品も最低限揃える必要があるでしょう。それに加えて、仕事が決まるまでの間は当面の生活費も必要です。このように容赦なく出費がかさむので、お金がない場合は苦労をすることになりかねません。

離婚後に、少しでも気持ちを楽にするためにも、今から自分の貯金を増やす必要があるでしょう。

生活レベルや現在仕事をしているかどうかでも変わってくるとは思いますが、資金は別居費用だけで最低100万円は用意しておく必要があるでしょう。なので、もっと余裕を持つなら300万円以上は貯めておくのが理想です。

ちなみに、平成30年度の厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、世帯の貯蓄は500700万円が10.6%と最も多いそうですが1,0001,500万円貯めている世帯も8.7%あり、中には夫に内緒で貯金をしている主婦も少なくないようですよ。

離婚後の生活の負担を減らすためには、とにかく資金準備の心構えを万全にしておくことです。離婚を切り出すタイミングは、あなたの資金が貯まってからで遅くはありません。

参考:
https://limo.media/articles/-/19995
厚生労働省 平成30年 国民生活基礎調査の概況

離婚後の資金調達の準備と心構え自分の通帳を作ってお金の管理をする

https://pixabay.com/ja/

離婚の準備に向けて、少しでも資金を貯めておく心構えについては理解していただけたかと思います。次にあなたがやるべきことは、あらゆる手段でお金を貯めていくことです。離婚のための準備資金は配偶者には極秘裏に行う必要があります。

そのためにも、預金通帳の問題をクリアにしておきましょう。現在、配偶者名義の通帳しかないなら、そこに資金を貯めておくと後でトラブルの原因になる可能性があります。例えば、配偶者と大喧嘩をして、あなたが「離婚」を口走った途端、モラハラ系の配偶者が通帳を取り上げて生活費を入れなくなった、などということも起こりかねません。そういったトラブルを避けるためにも、あなた自身の名義の通帳を用意して自分で管理しましょう。楽天銀行、ローソン銀行などのインターネットバンクで管理するのも良いでしょう。

そして、「離婚」というキーワードは感情的になっても配偶者に絶対に口走ったりしない心構えでいてください。

離婚後の資金調達の準備と心構え資金確保のあの手この手

https://www.pakutaso.com/

配偶者と離婚したいと思う原因は、人それぞれにあるはずです。しかし、どのような原因にせよ、資金が貯まるまでは、配偶者は生活を保証してくれるありがたい相手だと割り切ることです。それ以外は何も期待せずに、努めてにこやかにいてください。仕事やパートをしているなら隙間時間で副業を始めたり、定年まで働ける正社員の職を探してみるのも良いでしょう。専業主婦なら、資金確保のためにパートに出たり、在宅でできる内職を始めるのもおすすめです。

また、タンス預金を出来るだけ増やすことも忘れないようにしてください。生活費を節約して、その分へそくりを貯めておくのも良いでしょう。500円玉貯金も毎日続ければ、かなり貯まるのでバカにはできません。離婚に向けては、どんな小さなお金でも無駄にせずコツコツ貯めておきましょう。これをチャンスにお金の勉強をしても良いでしょう。お金に対する強い心構えが、離婚後にあなた自身を助けることになるのです。

離婚後の資金調達の準備と心構え不用品を処分

徐々に離婚に向けての断捨離をスタートさせましょう。毎日少しずついらないものを処分していくのです。使っていない食器や衣類、雑貨類など、隅々まで掃除すると使わないものがいろいろ出て来るでしょう。売れそうなものはメルカリやラクマなどで売るのも良いでしょう。思わぬニーズがあり高値で売れるかもしれません。

貴金属類やブランド品は質屋に持って行く手もあります。部屋がすっきりして掃除が行き届いていると、配偶者も「きれいに片付いてる」と思うでしょう。あなた自身も体を動かすことで気分がすっきりするだけでなく、ダイエット効果も望めるはず。何より、後々の離婚に向けての引越しは、荷物が少なければ格段に楽になります。

ただし、あまりにも断捨離しすぎると配偶者に不審がられるので、あくまでも少しずつ処分していくことがポイントですよ。

離婚後の資金調達の準備と心構え配偶者の不倫や浮気が発覚したら

https://www.photo-ac.com/

あなたが離婚を考える原因が配偶者の不倫や浮気である場合は、慰謝料が取れるのであれば、しっかり取ることです。証拠があれば、配偶者の不倫や暴力はかなりの確率で慰謝料の請求ができるのです。不倫が原因で離婚する場合は、証拠が揃っていれば、不倫期間と結婚期間が長いほど慰謝料も高額になります。もちろんあなたの精神的苦痛の大きさによっても、請求できる慰謝料の金額は大きくなるのです。配偶者の不倫や浮気は女性としても堪え難い苦痛を感じるものですよね。

しかし、証拠を集めるためには相手を油断させて尻尾をつかむのが何よりです。疑いや不信感、裏切られた気持ちで苦痛を感じるとは思いますが、あえてニコニコと知らないふりをして泳がせるぐらい余裕を持ちましょう。あなたが力及ばない時には、離婚専門の弁護士や探偵などに相談すれば証拠集めも確実にできるでしょう。

時間があるなら、これまでにあなたが発見した事実や状況をわかりやすく日記形式でまとめておくと、後々の調停や裁判で証拠を裏付ける資料として役立ちます。今まで我慢していたことが無駄にならないよう、しっかりと向き合って慰謝料をもらいましょう。負けないという心構えをしっかりと持っていてください。それは離婚後の大きな経済的支えにもなるのです。

スポンサーリンク

覚えておきたい離婚に向けた引越しの準備と心構え

スポンサーリンク