男性をドン引きさせる!痛い女特有の「嫌われる癖」もってない?

「嫌われる癖」を手放すには、場や空気を読めるようになろう

今言っていいことと悪いことがあることに気づかない、状況がよくわからないままに余計な口出しをしたり、勘違いで暴走するといった「嫌われる癖」。基本的に自分のことしか考えておらず、場や空気といったものを察していないのが元凶です。まずは、人の話をよく聞き、ここで発言したり、行動するのは適切なのか、それとも流れを止めるのかといった的確な判断力をつけていきましょう。場や空気が読めるようになれば、ある程度「嫌われる癖」は消えていくものです。

「嫌われる癖」を手放すには、学ぶ姿勢を大切に

https://www.photo-ac.com/

見栄を張ったり、知ったかぶりをする「嫌われる癖」。背伸びをして優越感に浸っていても、内容がないことから結局はボロが出て周囲に興ざめされてしまいます。誰だって、知らないことがあって当然です。知らないのは恥ではありません。知ったかぶりなどせず「知らない、教えて」と素直に言えば良いのです。「知らない、それって何なの?」とそこから学ぶ姿勢を大切にしていきましょう。

「嫌われる癖」を手放すには、聞き上手になろう

聞かれてもいないのに自分語りをし始めたり、人との話で必ず「私の場合は」「私なんかは」と自分語りへと話を持っていく「嫌われる癖」。これを手放すには、自分のことよりも、他人の話に興味を持つことです。そのためにもぜひ、聞き上手になる努力をしましょう。そして、人から聞かれていないことは基本的にしゃべらないという癖をつけていけばOKです。また、話をするときには、よく考えてから話すことを意識してみましょう。自分の気持ちがきちんと整理できてから話すことです。これで、衝動的に自分語りを始めたり、ダラダラとしゃべってしまう失敗を避けられるようになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました