スポンサーリンク

男性をドン引きさせる!痛い女特有の「嫌われる癖」もってない?
スポンサーリンク

何をするにも恋人任せで、彼が「どこで何を食べたい?」と聞いても「何でもいい」「休みはどこに行きたい?」と聞いても「どこでもいい」と言う態度が癖になっているならかなり嫌われます。恋愛は二人で作るもの。全面的に彼任せの消極的な態度は、男性にとって面白みもなく、バカにされているような気持ちになるものです。「この子はもう気がないんだ」と早々にお別れということにもなりかねません。

恋人に「嫌われる癖」デリカシーがない

https://www.photo-ac.com/

いくら長く付き合っていても、恋人の前で平気で大アクビや、大きなくしゃみをするのは最低限のマナーが必要です。しかし相手に油断して、肌をボリボリ掻く、オナラをするといったことが平気で癖になっているなら、確実に嫌われるルートに入っていると言えるでしょう。彼の心からは、あなたの女性らしさや清潔感がどんどん目減りしていきます。

学生時代から付き合っている彼女。付き合いが長いといっても、僕の彼女なんだから少しはおしゃれに気を使って欲しいし、メイクもちゃんとして欲しいと言ったら「あんたがありのままでいいって言ったんじゃん」と逆ギレされて笑った。3つも下なのにこの先どんどんおばさん化するだろう。別れよう。(27歳・会社員・男性)

恋人に「嫌われる癖」舌打ち

普段どんなに上品で優しい態度でいても、イライラしたり、怒っているときに舌打ちする癖がある女性は、恋人だけでなく周囲にも相当嫌われます。舌打ちして睨みつける行為は、暗い本性がむき出しになっていることです。あなた自身が気づかないうちに舌打ちが癖になっているなら、その癖が周囲をドン引きさせていることに早く気づいて改めることです。

美人で優しくて、仕事ができるあこがれの先輩。商談中、部下が出してきた書類のミスに気づいて思いっきり舌打ちしたので驚いた。周囲の視線も一気に先輩に集中して。あのときの先輩の「しまった」っていう青ざめた顔が忘れられない。癖はいつ出るかわからないのが怖いと思った。(26歳・ディーラー)

恋人に「嫌われる癖」ネガティブアピール

https://www.photo-ac.com/

心配、不安、体調が悪いなど、病気アピールで恋人の気を引く癖は、毎回されていると鬱陶しくて確実に嫌われます。ちょっとしたことで落ち込んだり、急に黙り込んだりする癖も恋人を疲れさせるだけ。あなたのネガティブアピール癖が強ければ強いほど、恋愛は陰気でつまらなくなるため当然関係も長続きできません。

美人の元カノが、かまってちゃんでめちゃくちゃ面倒な女だった。別れ話を切り出したら、薬を飲んだと自殺をほのめかす電話があって大変だった。慌てて駆けつけると、風邪薬を1瓶飲んだみたいで、救急車を呼んで搬送した。実際には薬はちょっとしか飲んでなかったみたいで、狂言だったんだけど。気分悪かったなぁ。ああいうタイプの女性はもうこりごり!(28歳・テレビ局勤務・男性)

恋人に「嫌われる癖」約束を破る

https://www.photo-ac.com/

デートや旅行の約束をしていたにも関わらずドタキャンしたり遅刻したり。体調や気分、天気によって、ぐずぐずしてしまい約束が守れないといった癖がある女性も少なからずいるものです。しかし、彼がデートのために予約したり下調べをして楽しみにしていた予定がいつもいつもドタキャンで破棄されたり、遅刻で台無しになったりしていれば、テンションが下がるだけでなく、信用もなくなってしまうでしょう。

恋人に「嫌われる癖」大きな音を立てる

怒っているとドアをバタンと音を立てて閉めたり、気に入らないことがあるとわざと大きな音を立てる癖は周囲や恋人にとって非常に不快なものです。

怒っていないときでも、お客様にコーヒーやお茶などを出すときに音を立てて置くと、配慮がなく怒っているような印象を与えてしまいがちです。物の扱いが乱暴な癖も「キツイ女」と思われ、どんどん距離を置かれることに。

彼女に誕生日のプレゼントを渡したら、受け取るや否やリボンやラッピングをめちゃくちゃに破り捨てる姿に驚きました。店員さんにラッピングの指定までして珍しいリボン結びにしてもらったのにあんまりだと。浅ましくガサツな彼女の姿に、付き合ったことを軽く後悔しました。デリカシーがない女。残念ですけど恋は冷めましたね。(36歳・会社員・男性)

「嫌われる癖」を手放して、愛される女性になるには?

なくて七癖と言われますが、嫌われる癖はあなたにとってデメリットばかりです。

今までの「嫌われる癖」の中に、自分のことかもと思った項目があれば、今すぐその癖を手放していきましょう。「嫌われる癖」を手放して、愛される女性になるには日頃からちょっとした心がけが必要です。

「嫌われる癖」を手放すには自尊心を身につけること

https://www.photo-ac.com/

「嫌われる癖」を手放すための一番の方法は自尊心を高めることです。自尊心とは、あなた自身が自分を愛し、認めること。そして、誰からも愛される心の明るさを取り戻すことです。

心のどこかでコンプレックスや自信がなさが、あなたを「嫌われる癖」に固執させてしまいます。「嫌われる癖」を改めるためには、まずは自分を好きになること。そして、いつも「これって、周囲や恋人から見るとどう見えるんだろう」と、自分を客観的に見つめることです。「嫌われる癖」を手放すために、自尊心を身につける方法を見ていきましょう。

「嫌われる癖」を手放すには、感謝の気持ちを大切に

https://www.pexels.com/

恋人や周囲の人に「してもらって当然」ということはありません。他人からの親切には、感謝の気持ちを表すのが当たり前なのです。感謝する気持ちは、あなたの心にも潤いと癒しを与えてくれるものです。自分がどれほど周囲の人や恋人に優しく親切にされているかを今一度思い出しましょう。そして、「ありがとう」という言葉があなたの口から自然に出てくるようになれば、固執していた「嫌われる癖」はあっという間に消えていくことでしょう。

「嫌われる癖」を手放すには、自分を褒めよう

自分を誰かに認めてもらいたくて、気づかないうちに「嫌われる癖」に走ってしまう人もいるでしょう。人の話を遮って自分語りをしてみたり、嫉妬したり、わがままを言って恋人を困らせたり。そういった「嫌われる癖」はあなたが自分のことを、もっと褒めることで消えていきます。

自分自身の改めるべき癖に気づいたら、まずは気づけた自分を褒めてあげましょう。そして、嫌な癖を改める努力をし、何か一つ達成するごとに、自分を褒める癖をつけていきましょう。そうすることで脳と心にポジティブなエネルギーが生まれ、「嫌われる癖」は簡単に克服できるようになるでしょう。

「嫌われる癖」を手放すには、謙虚になろう

https://www.photo-ac.com/

ほとんどの「嫌われる癖」に共通するのは、あなたの自己中心的な価値判断がやや暴走していることです。自分が一番、自分が上といった理由のない優越感や損得勘定で考える傲慢な癖は周囲に最も「嫌われる癖」です。これを手放すためには、謙虚になることが最も効果的です。

自信があるのはわかりますが、言動やものごしに謙虚さを取り戻すだけで、あなたの評価は上がります。人の長所を褒め、自分の短所を受け止めることで、あなただけでなくギスギスしていた周囲の雰囲気も一変するでしょう。

「嫌われる癖」を手放すには、場や空気を読めるようになろう

今言っていいことと悪いことがあることに気づかない、状況がよくわからないままに余計な口出しをしたり、勘違いで暴走するといった「嫌われる癖」。基本的に自分のことしか考えておらず、場や空気といったものを察していないのが元凶です。まずは、人の話をよく聞き、ここで発言したり、行動するのは適切なのか、それとも流れを止めるのかといった的確な判断力をつけていきましょう。場や空気が読めるようになれば、ある程度「嫌われる癖」は消えていくものです。

「嫌われる癖」を手放すには、学ぶ姿勢を大切に

https://www.photo-ac.com/

見栄を張ったり、知ったかぶりをする「嫌われる癖」。背伸びをして優越感に浸っていても、内容がないことから結局はボロが出て周囲に興ざめされてしまいます。誰だって、知らないことがあって当然です。知らないのは恥ではありません。知ったかぶりなどせず「知らない、教えて」と素直に言えば良いのです。「知らない、それって何なの?」とそこから学ぶ姿勢を大切にしていきましょう。

「嫌われる癖」を手放すには、聞き上手になろう

聞かれてもいないのに自分語りをし始めたり、人との話で必ず「私の場合は」「私なんかは」と自分語りへと話を持っていく「嫌われる癖」。これを手放すには、自分のことよりも、他人の話に興味を持つことです。そのためにもぜひ、聞き上手になる努力をしましょう。そして、人から聞かれていないことは基本的にしゃべらないという癖をつけていけばOKです。また、話をするときには、よく考えてから話すことを意識してみましょう。自分の気持ちがきちんと整理できてから話すことです。これで、衝動的に自分語りを始めたり、ダラダラとしゃべってしまう失敗を避けられるようになるでしょう。

スポンサーリンク

「嫌われる癖」を自覚すれば、愛される女性に生まれ変われる!

https://www.photo-ac.com/

周囲や恋人となぜかうまくいかないと悩んでいる人ほど、自分の「嫌われる癖」に気がついていないことが多いものです。誰でも癖はあるものですが、自分で気づけば改めたり、コントロールできることがほとんどです。「嫌われる癖」は気づいたときがリカバリーのチャンス。誰かがそれを指摘してくれたなら、意見に感謝して、素直に受け入れるように心がけましょう。

「嫌われる癖」は自覚すれば必ず消えていきます。あなたも愛される女性に生まれ変わって、男運を上げていきましょう。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク