男性をドン引きさせる!痛い女特有の「嫌われる癖」もってない?

怒っているとドアをバタンと音を立てて閉めたり、気に入らないことがあるとわざと大きな音を立てる癖は周囲や恋人にとって非常に不快なものです。

怒っていないときでも、お客様にコーヒーやお茶などを出すときに音を立てて置くと、配慮がなく怒っているような印象を与えてしまいがちです。物の扱いが乱暴な癖も「キツイ女」と思われ、どんどん距離を置かれることに。

彼女に誕生日のプレゼントを渡したら、受け取るや否やリボンやラッピングをめちゃくちゃに破り捨てる姿に驚きました。店員さんにラッピングの指定までして珍しいリボン結びにしてもらったのにあんまりだと。浅ましくガサツな彼女の姿に、付き合ったことを軽く後悔しました。デリカシーがない女。残念ですけど恋は冷めましたね。(36歳・会社員・男性)

「嫌われる癖」を手放して、愛される女性になるには?

なくて七癖と言われますが、嫌われる癖はあなたにとってデメリットばかりです。

今までの「嫌われる癖」の中に、自分のことかもと思った項目があれば、今すぐその癖を手放していきましょう。「嫌われる癖」を手放して、愛される女性になるには日頃からちょっとした心がけが必要です。

「嫌われる癖」を手放すには自尊心を身につけること

https://www.photo-ac.com/

「嫌われる癖」を手放すための一番の方法は自尊心を高めることです。自尊心とは、あなた自身が自分を愛し、認めること。そして、誰からも愛される心の明るさを取り戻すことです。

心のどこかでコンプレックスや自信がなさが、あなたを「嫌われる癖」に固執させてしまいます。「嫌われる癖」を改めるためには、まずは自分を好きになること。そして、いつも「これって、周囲や恋人から見るとどう見えるんだろう」と、自分を客観的に見つめることです。「嫌われる癖」を手放すために、自尊心を身につける方法を見ていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました