スポンサーリンク

40代転職の厳しい現実と失敗しないための転職術
スポンサーリンク

40代の転職が厳しい理由

40代の転職が厳しい理由は様々ありますが、応募を受け入れる側の企業の声も参考に、主な理由をご紹介していきます。

40代の転職が厳しい理由①新しい環境への適応力に疑問

https://pixabay.com/ja/

40代ともなると、長年の環境下での文化が染み付き、新しい環境への適応が難しいのではないかと、受け入れる側の企業から懸念されてしまうのが厳しい現実です。同業種からでの転職であればなお、即戦力として期待されると同時に、そのキャリアが逆に邪魔をして扱いづらいのではないかと思われることも否めません。

真っ白な状態で、適応力のポテンシャルも高い若い世代と比べられると、40代の転職はこの部分がまず厳しく見られる点です。

40代の転職が厳しい理由②物覚えの効率が悪いと思われる

https://pixabay.com/ja/

もちろん個人差はあると思いますが、一般的な考え方として若い人より物覚えが悪いであろうと思われるのが、40代転職の厳しい現実です。また若い人と比べ年齢的なスタートが遅いわけですから、その会社でのキャリアを積む年数が短い現実もあるため、覚えるスピードを懸念されるのは仕方のないことです。

また、指導する側が40代転職者より若い可能性もありますから、プライド的な部分で大丈夫な人物かどうかも、企業側からは厳しくチェックされる点です。

40代の転職が厳しい理由③職種が限定される

https://pixabay.com/ja/

40代の転職は、よほどニーズのある職種以外では未経験から最前線で働くことは厳しいのが現実です。そのため、未経験からの転職を希望するのであれば狭き門になり、同業種で給料アップを目指すには、相当のスキルと実績がなければその可能性は低いと言わざるを得ません。

ですから、下準備せず生半可な気持ちで挑み、厳しい現実に心が折れ、転職を諦める40代が多いのも事実です。

40代転職では、転職先の職種が限定されてしまう厳しい現実があることをよく理解し、挑まなければなりません。

スポンサーリンク

転職で失敗する40代の現実 ~失敗する人とは~

40代の転職で失敗してしまう理由は様々ありますが、その中でも、実際に転職で失敗を経験した方の声、また企業側の不採用にした理由などをもとに、主なものをご紹介していきます。

周囲のアドバイスを聞かない

https://pixabay.com/ja/

40代の転職活動は一般的に、長期戦になる場合がほとんどです。ですから、転職がなかなか決まらなければ、前職を辞めた後は収入がなく、生活費ばかりが嵩むことになります。そして仕事のブランクが長くなればなるほど、採用にも不利に、ますます厳しくなっていきます。

だからこそ、40代の転職は慎重に、周りの方からの意見やアドバイスを聞くことがとても大事です。また転職を考える時は衝動的になっている場合が多いため、客観的に現実を踏まえて話をしてくれる方の言うことには、特に耳を傾けましょう。その上で自分の気持ちを再確認することも大切です。

結果的に転職に失敗した方の経験談でも、後から、周りのアドバイスの大切さに気づいたり、企業側からも、面接の際に自己中心的な部分が見えてしまったりと、自分だけの考えで突っ走ることはよい結果を招きません。

転職した後も色々な人に支えられていくことを考えて、周りの意見を素直に聞く気持ちを持って転職に挑みましょう。

入念な準備なく挑戦しようとする

https://pixabay.com/ja/

40代転職には想像以上の厳しい現実があることを考えれば、入念な事前準備が必要なのは言うまでもありません。

まず自分が新しい会社でどんな仕事がしたいのか、またその仕事に転職できる可能性はあるのか、あるのであればどういった手順で進めていけばよいのか、40代転職には、気持ちはもちろん、進める手順が何より大事です。若い頃のように勢いだけで飛び込めるほど、40代の転職は甘くありません。準備不足で転職に失敗してしまう例も少なくありません。

キャリアを積んだ40代だからこそ、厳しい現実に向き合いながら、思慮深く慎重に、目標に向かって確実に進めていきましょう。

スポンサーリンク

転職する40代に企業が求めること

40代転職に失敗しないためには、自分の努力はもちろん、企業側がどんな人材を求めているのかを正しく知る必要があります。これが的外れだと努力も無駄になります。40代転職を受け入れる企業側の意見も交えながら、ご紹介していきます。

豊富な経験とスキル

https://pixabay.com/ja/

企業側が40代転職者に求めることは、何よりも豊富な経験と、今まで培ってきたスキルです。そして社会人としてのマナー、総合的な人間力も、40代転職者には当然のように求められるところです。また、即戦力として期待し採用される場合が多いため、それは大きなプレッシャーになることは間違いありませんが、そこで頑張れてこそ、さらなるスキルアップ、人間力のアップになると言えます。まさに自身の応用力が試されるのです。

ですから40代の転職に際して、厳しい現実に対して自信を持って挑む、というよりは、とにかくどういう環境でも今までの経験を活かして、対応してみせる、という意気込みが大切です。

マネジメント能力・判断力

https://pixabay.com/ja/

転職した後、与えられた自分の仕事をこなしていくのはもちろん、若い人にはないマネジメント能力を求められるのが40代の転職です。

会社の仕事はチームワークでするものです。人とのコミュニケーション能力や、人の適性を見抜いて上手く配分する能力、いざ厳しい状態になった時の判断力などが必要になります。これまで経験を重ねてきた40代には、こういったマネジメント能力があるであろうという前提で、考えているのが企業側の本音です。未経験の仕事であっても、その判断力が試されるところです。

それは、面接などの際に質疑応答で求められる回答が返ってくるか、自分の特性をしっかり理解してアピールできているか、などでも見られます。40代転職は、仕事以外の部分でも、いつも総合的に人間力を見られていることを意識するのが大事です。

40代未経験者でも転職可能な職種とは

40代で転職する理由は様々あると思います。このコロナ渦で現在の会社への雇用不安から同業種で給料アップを求める方、また、自分のいる業界自体に不安を感じ、新たな業界にチャレンジする方、また日常が当たり前でなくなったからこそ、自分の本当にやりたいこと、やってみたいこと、家族のために、挑戦したいという方、様々です。

ここでは、この厳しいコロナ渦の中、40代未経験者でも転職の可能性が高い、注目したい職種をご紹介していきます。

応募者が集まらない職種

https://pixabay.com/

企業か求人募集するにあたり、色々な条件がありますが、経験不問や年齢不問など比較的条件が甘いものは、当然応募者は多くなります。確かに応募しやすいですが、企業側はたくさんの応募者の中から選考できるため、それならば経験者であったり、年齢が若かったりと、より良い人材を確保しようとします。結果狭き門になり、40代転職者には厳しい結果となってしまうことが多いのが現実です。

ですから実は、条件を絞った求人の方が、応募者が集まりにくく、40代転職には現実的には狙い目です。その業種の経験者であるならもちろんですが、仕事内容の他に、自分の特性、得意なこと、未経験でも特殊な勤務時間帯や勤務場所への柔軟性など、働く上での他の条件が合うのであれば、チャレンジする価値はあります。

40代の転職は、企業側の応募条件もよくチェックして、厳しい選考をクリアしていきましょう。

IT関連でのマーケティング・広告関連

https://pixabay.com/ja/

コロナ渦の現在、対面営業やイベント開催が難しい中、オンライン広告での集客・オンライン上でのイベント開催などがますます拡大しています。そのため、広告関連やIT関連でのマーケティング能力のある人材が、今求められています。今までそういった分野をあまり得意としなかった企業でも、今後の社会のニーズを考え動き出しているのが現実です。

転職サービス会社でも、未経験へ向けての支援サービスなどを打ち出しているところもあり、需要拡大により経験者以外にも転職のチャンスが生まれています。

40代転職者で、未経験であっても新しい分野に興味があり、それが苦手な分野でないのであれば、需要のあるこれからのニーズに合った職種から転職先を考える、というのも1つの転職の方法です。

物流業界

https://pixabay.com/ja/

コロナ渦で在宅勤務や外出を控える人が多くなった中、さらに需要が高まっているのが物流業界です。ネットショッピングや宅配便のさらなる利用増加により、業績は好調です。また、フードデリバリーやネットスーパーの配達サービスなどの普及もあり、今後さらに人材が求められる業界であることは言うまでもありません。

また、自分のペースで働くことのできる新しい雇用体型なども手伝い、物流業界は未経験者の採用率も上がっています。副業としても考えることもできるため、厳しい現実を抱える40代転職者には注目の業界です。

スポンサーリンク