スポンサーリンク

40代転職の厳しい現実と失敗しないための転職術

スポンサーリンク

40代の転職が厳しい理由

40代の転職が厳しい理由は様々ありますが、応募を受け入れる側の企業の声も参考に、主な理由をご紹介していきます。

40代の転職が厳しい理由①新しい環境への適応力に疑問

https://pixabay.com/ja/

40代ともなると、長年の環境下での文化が染み付き、新しい環境への適応が難しいのではないかと、受け入れる側の企業から懸念されてしまうのが厳しい現実です。同業種からでの転職であればなお、即戦力として期待されると同時に、そのキャリアが逆に邪魔をして扱いづらいのではないかと思われることも否めません。

真っ白な状態で、適応力のポテンシャルも高い若い世代と比べられると、40代の転職はこの部分がまず厳しく見られる点です。

40代の転職が厳しい理由②物覚えの効率が悪いと思われる

https://pixabay.com/ja/

もちろん個人差はあると思いますが、一般的な考え方として若い人より物覚えが悪いであろうと思われるのが、40代転職の厳しい現実です。また若い人と比べ年齢的なスタートが遅いわけですから、その会社でのキャリアを積む年数が短い現実もあるため、覚えるスピードを懸念されるのは仕方のないことです。

また、指導する側が40代転職者より若い可能性もありますから、プライド的な部分で大丈夫な人物かどうかも、企業側からは厳しくチェックされる点です。

40代の転職が厳しい理由③職種が限定される

https://pixabay.com/ja/

40代の転職は、よほどニーズのある職種以外では未経験から最前線で働くことは厳しいのが現実です。そのため、未経験からの転職を希望するのであれば狭き門になり、同業種で給料アップを目指すには、相当のスキルと実績がなければその可能性は低いと言わざるを得ません。

ですから、下準備せず生半可な気持ちで挑み、厳しい現実に心が折れ、転職を諦める40代が多いのも事実です。

40代転職では、転職先の職種が限定されてしまう厳しい現実があることをよく理解し、挑まなければなりません。

転職で失敗する40代の現実 ~失敗する人とは~

40代の転職で失敗してしまう理由は様々ありますが、その中でも、実際に転職で失敗を経験した方の声、また企業側の不採用にした理由などをもとに、主なものをご紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました