スポンサーリンク

40代転職の厳しい現実と失敗しないための転職術

スポンサーリンク

周囲のアドバイスを聞かない

https://pixabay.com/ja/

40代の転職活動は一般的に、長期戦になる場合がほとんどです。ですから、転職がなかなか決まらなければ、前職を辞めた後は収入がなく、生活費ばかりが嵩むことになります。そして仕事のブランクが長くなればなるほど、採用にも不利に、ますます厳しくなっていきます。

だからこそ、40代の転職は慎重に、周りの方からの意見やアドバイスを聞くことがとても大事です。また転職を考える時は衝動的になっている場合が多いため、客観的に現実を踏まえて話をしてくれる方の言うことには、特に耳を傾けましょう。その上で自分の気持ちを再確認することも大切です。

結果的に転職に失敗した方の経験談でも、後から、周りのアドバイスの大切さに気づいたり、企業側からも、面接の際に自己中心的な部分が見えてしまったりと、自分だけの考えで突っ走ることはよい結果を招きません。

転職した後も色々な人に支えられていくことを考えて、周りの意見を素直に聞く気持ちを持って転職に挑みましょう。

入念な準備なく挑戦しようとする

https://pixabay.com/ja/

40代転職には想像以上の厳しい現実があることを考えれば、入念な事前準備が必要なのは言うまでもありません。

まず自分が新しい会社でどんな仕事がしたいのか、またその仕事に転職できる可能性はあるのか、あるのであればどういった手順で進めていけばよいのか、40代転職には、気持ちはもちろん、進める手順が何より大事です。若い頃のように勢いだけで飛び込めるほど、40代の転職は甘くありません。準備不足で転職に失敗してしまう例も少なくありません。

キャリアを積んだ40代だからこそ、厳しい現実に向き合いながら、思慮深く慎重に、目標に向かって確実に進めていきましょう。

転職する40代に企業が求めること

40代転職に失敗しないためには、自分の努力はもちろん、企業側がどんな人材を求めているのかを正しく知る必要があります。これが的外れだと努力も無駄になります。40代転職を受け入れる企業側の意見も交えながら、ご紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました