髪の毛の乾かし方も重要!冬でも美髪になるための正しいヘアケア

髪の毛がキシキシ…冬は髪が傷みやすい?

冬になると髪の毛がキシキシ傷みやすいと感じた事はありませんか?ヘアケアをしているのに、なぜか冬になると髪の毛が傷みやすくなる。髪の毛が傷むと指通りが悪くなるだけではなく、髪の毛が広がりやすくなったり、スタイリング中に髪の毛が切れたりしますよね。そのキシキシした髪の毛に更に追い打ちをかけるようにヘアアイロンを使ったり、カラーリングをするともっと傷みは進行してしまいます。

髪の毛にツヤが無くなると、実年齢よりも老けて見える事があります。若々しさを保ちたいなら、スキンケアだけではなくヘアケアもする必要があります。

冬に髪の毛が痛む理由は?

夏は紫外線が強かったり、海水浴やプールなどが理由で髪の毛が傷んでしまうことは良くありますよね。では、なぜ冬になると髪の毛が傷みやすくなるのか、分かりますか?冷たい風や暖房の熱など、色々な理由が上がるかと思いますが、実はこんな理由で髪の毛が傷んでしまいます。

冬に髪の毛が痛む理由①乾燥する

冬は空気が乾燥し、お肌の水分も奪われてしまいます。それは髪の毛にも同じような現象が起こっています。冬の冷たい空気で、髪の毛に必要な水分はどんどん失われていきます。髪の毛の水分量が一定量を下回ると、髪の毛の内部にあるたんぱく質の量が少なくなってしまいます。そうなると、髪の毛の表面を覆っているキューティクルの状態も悪くなってしまうのです。

キューティクルとは、髪の毛の表面をまるで魚の鱗みたいに覆っており、ダメージから髪の毛を守ります。ですが、キューティクルが乱れると、髪の毛の表面に凸凹が出来てしまい、摩擦が起こります。摩擦が起こると髪の毛はどんどん痛むので、髪の毛の乾燥を放置してはいけません。乾燥する冬こそ、髪の毛もうるおいを与えるようなヘアケアに変える必要があります。

特に毛先へ行けば行くほど、髪の毛のダメージはひどくなってしまいますので、枝毛や切れ毛がひどい場合、ダメージヘア専用のヘアケアを行いましょう。

冬に髪の毛が痛む理由②静電気

冬になると静電気で悩む人はいませんか?ニットを着ると静電気がバチっときたり、ドアノブを触る時や誰かと手がぶつかった時にバチっとくることはありますよね?

実は、冬になると髪の毛は静電気が起こりやすい状況になります。静電気が起こると髪の毛はどうなるのか・・・まず髪の毛同士がくっついてしまったり、切れ毛が発生しやすくなります。
静電気が起こりやすい服の素材も分かっています。ポリエステル・ナイロン・ウールは特に静電気が起こりやすい素材なので、切るときには注意をしましょう。

冬に髪の毛が痛む理由③頭皮の乾燥

ヘアケアというと、髪の毛を中心に行っている人が多いかと思います。しかし、ヘアケアとは、髪の毛だけに気をつけるわけではありません。肌や髪の毛が乾燥するという事は、頭皮も乾燥している状態であると考えられます。頭や顔、体など全ての皮膚は繋がっています。夏は汗や皮脂でベタベタしますが、冬は乾燥してフケやかゆみの原因になることも。

フケが気になって何度もシャンプーをしてしまう人も居ますが、逆に頭皮に必要な皮脂を洗い流してしまいます。皮脂が無くなると、頭皮は乾燥から守るために更に皮脂を分泌するため、頭皮がべたつく原因になる事も。ヘアケアをする際には頭皮の乾燥にも注意をしなければいけません。

冬に髪の毛が痛む理由④ドライヤーの熱

https://pixabay.com/ja/

髪の毛の乾かし方、あなたは正しく出来ていますか?ほとんどの人が髪の毛の乾かし方として、ドライヤーの熱をパパ―っと当てて何となく乾かしているのでなはいでしょうか?しかし、その乾かし方では髪の毛の乾燥や傷みを加速させています。

髪の毛のキューティクルはドライヤーの熱に弱い性質があります。なので、高温でなんとなく髪の毛にドライヤーの熱を当てているだけの乾かし方では、髪の毛にダメージを与えているだけです。

じゃあ、タオルドライなど自然乾燥などの乾かし方の方が、髪の毛にはダメージが少ないのでは?と思いますよね・・・。実は、タオルドライや自然乾燥という乾かし方は、髪の毛に摩擦というダメージを与えてしまうため、お勧めできません。

髪の毛が痛むとどうなるの?

タイトルとURLをコピーしました