【冬の乾燥肌】顔も体もガサガサ!その対策間違ってない?

ヒリヒリするような冬の乾燥肌。冬の暖房時期の乾燥肌対策は女性にとって悩ましい問題ですよね。今年こそ、お肌の砂漠化を阻止してしっとり肌で過ごしたいもの。肌のターンオーバーを促進させる正しい乾燥肌の防ぎ方や、肌の潤いをアップさせるライフスタイルまで、冬の乾燥肌をがっちり改善する対策の数々をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

砂漠化した冬の乾燥肌。対策を怠ると大変なことに

https://pixabay.com/ja/

乾燥肌は不規則な生活や睡眠不足、栄養の偏り、ストレスなどさまざまな原因で起こるものですが、1年を通して女性が最も恐れているのは冬場の乾燥肌ではないでしょうか!

特に職場の暖房はお肌を気にする女性にとって頭をかかえることばかり。暖房で1日中暖められた室内は、まるでオーブンの中にいるような状態に。その環境で長時間を過ごすなると、毎朝しっかり乾燥対策をしていても、肌の水分はあっという間に奪われてしまいます。

特に多いのは、目のまわりや頬がかさついて、シワが目立つようになってしまうこと。下手すると体が全体的にかさついてかゆくなってしまったり、肌が粉を吹いたような状態になってしまったりもしますよね。こうなってしまうと、水を撒けど保水効果なしの砂漠乾燥肌に。その後のリカバリーが大変です。

美肌対策が追いつかない!乾燥肌ってどうなってるの?

https://www.photo-ac.com/

乾燥肌はカサカサ、ヒリヒリし始めて気がつくものですよね。違和感を感じる前に美肌対策ができれば良いのですが、暖房による乾燥にはなかなか勝てません。

そもそもハリのある健康な肌は、細胞間脂質と天然保湿因子が角質細胞同士を肌の角質層に十分な水分を蓄えているものです。これによって「バリア機能」が正常に働き、紫外線やホコリなどアレルゲンになる物質から肌を守ってくれるのです。

https://pixabay.com/ja/

しかし、エアコンをかけっぱなしにする冬などは、湿度に気を配っていないとあっという間に空気が乾燥し、細胞と細胞の隙間を埋めていた角質層に隙間ができて、肌内部にある「セラミド」や皮脂などの水分が減ってしまいます。これが大乾燥肌の仕組みです。乾燥した肌は掻いたり、ひび割れたりして傷ついているため、バリア機能も大幅に低下。滑らかだったお肌のキメが壊れてピリピリ、ヒリヒリ、カサカサすることになるのです。

絶体絶命!冬の乾燥肌対策を怠ると老化が加速?

https://www.photo-ac.com/

冬が来るたびに憂鬱になる冬の乾燥肌のダメージ。職場のエアコンを止めるわけには行かず、どうやって保湿を確保するか頭を悩ませている女性も多いはずです。

何と言っても乾燥肌は放っておくわけにはいきません。なぜなら、シワやシミ、肌荒れ、全身のかゆみに発展する可能性があるからです。

乾燥肌対策をしないと、数年後にかなり老け見えします。よく、同じ年齢の人でもやたら老けて見える人と、若々しく見える人がいますよね。あれは紫外線対策や乾燥対策をしているかしていないかで違ってくるのです。肌が乾燥状態のままで放置されると、皮膚をバリアしていた皮脂量がどんどん低下して、肌が厚ぼったく硬くなったり、シワができやすくなってしまいます。何もしていない人は、今は良いかもしれませんが、のちに確実に老けて見られることになりかねませんよ!誰だって不自然な老化は嫌なものです。アンチエイジングのためにも、特に冬場の乾燥対策を確実にクリアしていきましょう。

朝、鏡を見ると乾燥シワがすごくて人生真っ暗に感じる。うちの会社の暖房はかなりきついので、冬は職場に行きたくないほど。加湿器を要求してるけどなかなか許してもらえない(27歳・会社員)

冬の乾燥肌、粉ふき状態になったら早めの対策が必要

https://pixabay.com/ja/

毎日きちんと手入れをしているにも関わらず、冬はあっという間に肌が乾燥してしまいますよね。特に目の下あたりやおでこのあたり、体では背中などが、白く粉を吹いた感じに乾燥することはないでしょうか。

これは、肌が乾燥しすぎて表面の角層細胞がめくれあがっている状態です。気になって触ってしまったり、衣類でこすれたりすることで、乾燥肌をこじらせている状態と言えるでしょう。拡大鏡で見てみると、薄い皮がめくれてヤバい状態になっていることがわかるはず。

こうなると、ファンデーションをつけると悪目立ちしたり、かゆみや刺激が出てくることも少なくありません。それ以上悪化させないためにも、とにかく早急に対策をするべきです。

下着を脱いだらフワって白い粉が舞う!背中とかデコルテとか、冬は気をつけていても体のあちこちがガッサガサになる。特に発熱素材の下着を着るとてきめんに肌荒れする。でも寒いし、使わないと凍え死ぬし。 毎日保湿のためにどれだけ時間を費やしてるのって感じ。疲れる。(35歳・デザイン)

冬の乾燥肌対策はターンオーバーの促進が鍵!

https://pixabay.com/ja/

肌は代謝を繰り返し、一定のサイクルで新しく生まれ変わります。これがよく知られる「ターンオーバー」です。ターンオーバーを正常に保つためには、肌の水分量を十分に保つスキンケアが重要ですが、冬の乾燥肌になると、このターンオーバーのサイクルが乱れるためなかなか回復しないのが痛いところです。

特に肌は加齢と共に新陳代謝がどんどん悪くなってくるものです。若々しい健全な肌の新陳代謝のサイクルは28日周期ですが、30代はターンオーバーに30日から40日、40代になると35日から50日、50代になると40日から70日もかかるのです。これをなんとかリカバリーするには、年齢を重ねるほどに保湿と美肌対策を念入りにする必要があるでしょう。

特に冬の乾燥対策は早いに越したことはありません。シワや粉ふき状態にしない、させないことが何より大切なのです。

冬の乾燥肌って、なってからでは何をやってもダメなんですよね。乾燥しすぎてヒリヒリかゆくて、無意識に掻いちゃってるし。乾燥肌対策の通販サプリや保湿液にも毎回騙されて嫌になって、皮膚科に通ってやっとしのげている状態。会社のデスクでは気休めかもしれないけど、USBのミニ加湿器を使っています。(31歳・会社員)

冬の乾燥肌を原因別に徹底対策しよう!

肌荒れに関係の深いターンオーバーの乱れは暖房による湿度不足だけでなく、毎日の生活習慣やライフスタイルと関係することが多いものです。憂鬱な冬の乾燥肌。原因別にチェックして徹底的に対策していきましょう。

冬の乾燥肌の原因と対策暖房による湿度不足

https://pixabay.com/ja/

自分では切り替えることができない職場のエアコンや暖房。自分で進んで加湿対策をしていないと、全身が干物化してしまいかねません。特にエアコンの吹き出し口が近くにあるデスクに座っていると大変ですよね。肌はもちろん、目の乾燥に苦しむことにもなるでしょう。

対策としては、エアコンをもろに浴びる位置にデスクがある場合は、上司に直訴してデスクの配置換えをしてもらうのも良い方法です。また、空気が乾燥すると暖房の効果も下がる上にウイルスが飛散する原因になります。部署などに加湿器の設置を提案するのも良いでしょう。

https://pixabay.com/ja/

しかし、そういった要望を聞いてもらえない職場なら、せめて自分のデスクだけでも乾燥対策を行いましょう。デスク上でこっそりできる保湿対策は、いろいろな形の簡易USB加湿器や、電池や電気を使わない簡易帰化式加湿器なども出ています。

また、花瓶に水を入れて、ちょっとした花や緑をさしておけば、良い乾燥対策になります。濡れタオルを畳んでデスクに置いておくだけでも随分違うでしょう。職場などの暖房環境では、濡れタオルは朝仕込んでも、場合によっては午後には乾いていることも少なくありません。放置せず、こまめにタオルを濡らしておくことが大切です。

https://pixabay.com/ja/

湿度計もチェックしてみましょう。室温と湿度のアプリなどを使うと便利です。しかしアプリによって誤差があるので、きちんと知りたい場合は小さな温度計・湿度計をデスクに置いておくと良いでしょう。ちなみに湿度は40%以下になると目や肌の乾燥を感じやすくなります。30%以下になると乾燥肌のトラブルが表面化しがちになるはずです。肌に快適に過ごせる湿度は5060%を目安に加湿しましょう。

冬は会社の暖房がかなりすごいです。デスクに湿度計を置いたら20%を切っていて、喉が痛いし、命の危険を感じますよ。最近はスプレーボトルに水道水を入れてデスク周りを加湿してますけど、瞬間的に乾燥する感じです。休憩時にはエビアンのフェイシャルスプレーをして、その上からしっかり蓋をするようにクリームを塗ってますが、ここまでしても尚乾燥しがちでつらいです。(29歳・会社員)

関連記事