【冬の乾燥肌】顔も体もガサガサ!その対策、間違ってない?

砂漠化した冬の乾燥肌。対策を怠ると大変なことに

https://pixabay.com/ja/

乾燥肌は不規則な生活や睡眠不足、栄養の偏り、ストレスなどさまざまな原因で起こるものですが、1年を通して女性が最も恐れているのは冬場の乾燥肌ではないでしょうか!

特に職場の暖房はお肌を気にする女性にとって頭をかかえることばかり。暖房で1日中暖められた室内は、まるでオーブンの中にいるような状態に。その環境で長時間を過ごすなると、毎朝しっかり乾燥対策をしていても、肌の水分はあっという間に奪われてしまいます。

特に多いのは、目のまわりや頬がかさついて、シワが目立つようになってしまうこと。下手すると体が全体的にかさついてかゆくなってしまったり、肌が粉を吹いたような状態になってしまったりもしますよね。こうなってしまうと、水を撒けど保水効果なしの砂漠乾燥肌に。その後のリカバリーが大変です。

美肌対策が追いつかない!乾燥肌ってどうなってるの?

https://www.photo-ac.com/

乾燥肌はカサカサ、ヒリヒリし始めて気がつくものですよね。違和感を感じる前に美肌対策ができれば良いのですが、暖房による乾燥にはなかなか勝てません。

そもそもハリのある健康な肌は、細胞間脂質と天然保湿因子が角質細胞同士を肌の角質層に十分な水分を蓄えているものです。これによって「バリア機能」が正常に働き、紫外線やホコリなどアレルゲンになる物質から肌を守ってくれるのです。

https://pixabay.com/ja/

しかし、エアコンをかけっぱなしにする冬などは、湿度に気を配っていないとあっという間に空気が乾燥し、細胞と細胞の隙間を埋めていた角質層に隙間ができて、肌内部にある「セラミド」や皮脂などの水分が減ってしまいます。これが大乾燥肌の仕組みです。乾燥した肌は掻いたり、ひび割れたりして傷ついているため、バリア機能も大幅に低下。滑らかだったお肌のキメが壊れてピリピリ、ヒリヒリ、カサカサすることになるのです。

絶体絶命!冬の乾燥肌対策を怠ると老化が加速?

https://www.photo-ac.com/

冬が来るたびに憂鬱になる冬の乾燥肌のダメージ。職場のエアコンを止めるわけには行かず、どうやって保湿を確保するか頭を悩ませている女性も多いはずです。

何と言っても乾燥肌は放っておくわけにはいきません。なぜなら、シワやシミ、肌荒れ、全身のかゆみに発展する可能性があるからです。

乾燥肌対策をしないと、数年後にかなり老け見えします。よく、同じ年齢の人でもやたら老けて見える人と、若々しく見える人がいますよね。あれは紫外線対策や乾燥対策をしているかしていないかで違ってくるのです。肌が乾燥状態のままで放置されると、皮膚をバリアしていた皮脂量がどんどん低下して、肌が厚ぼったく硬くなったり、シワができやすくなってしまいます。何もしていない人は、今は良いかもしれませんが、のちに確実に老けて見られることになりかねませんよ!誰だって不自然な老化は嫌なものです。アンチエイジングのためにも、特に冬場の乾燥対策を確実にクリアしていきましょう。

朝、鏡を見ると乾燥シワがすごくて人生真っ暗に感じる。うちの会社の暖房はかなりきついので、冬は職場に行きたくないほど。加湿器を要求してるけどなかなか許してもらえない(27歳・会社員)

冬の乾燥肌、粉ふき状態になったら早めの対策が必要

https://pixabay.com/ja/

毎日きちんと手入れをしているにも関わらず、冬はあっという間に肌が乾燥してしまいますよね。特に目の下あたりやおでこのあたり、体では背中などが、白く粉を吹いた感じに乾燥することはないでしょうか。

これは、肌が乾燥しすぎて表面の角層細胞がめくれあがっている状態です。気になって触ってしまったり、衣類でこすれたりすることで、乾燥肌をこじらせている状態と言えるでしょう。拡大鏡で見てみると、薄い皮がめくれてヤバい状態になっていることがわかるはず。

こうなると、ファンデーションをつけると悪目立ちしたり、かゆみや刺激が出てくることも少なくありません。それ以上悪化させないためにも、とにかく早急に対策をするべきです。

下着を脱いだらフワって白い粉が舞う!背中とかデコルテとか、冬は気をつけていても体のあちこちがガッサガサになる。特に発熱素材の下着を着るとてきめんに肌荒れする。でも寒いし、使わないと凍え死ぬし。 毎日保湿のためにどれだけ時間を費やしてるのって感じ。疲れる。(35歳・デザイン)

タイトルとURLをコピーしました