専業主婦が感じる「むなしい気持ち」を解消する方法とは

スポンサーリンク

専業主婦を選んだ理由は?

専業主婦と一口にいっても、自ら望んで専業主婦を選んだ人もいれば、外で働くのが難しいために専業主婦をしている人もいて、女性が専業主婦でいる理由はさまざまです。

その中でも、専業主婦である理由として、よく耳にするものを選んでみました。
あなたにも当てはまるでしょうか。

<専業主婦である理由>夫の転勤のため、仕事を辞めた

結婚したいほど好きな男性の仕事には、転勤がある。しかも、海外の可能性も…。

「じゃあ、結婚するのは辞めよう!」そんなふうには、いきませんよね。

夫の仕事に転勤がある。妻のあなたからすれば、どうしようもないことですし、夫も新しい仕事に挑戦したいから、転勤もいとわない。そんな気持ちかもしれませんね。

現実は、夫の仕事に転勤があると、どうしても妻である女性のほうが、仕事を続けたくても、辞めざるを得ないでしょう。

さらに、子供が産れても、地元を離れてしまえば、頼る人がいないため、外で働くことが難しい、となってしまいます。二人目、三人目にめぐまれたならば、専業主婦である期間は当然、長くなります。

妻は、新しい土地で出会いを求めて、仕事探しをしたくても、「転勤がまたあるかも」と考えると、腰を据えて働きに出づらくなります。また、子供がいると、さらに仕事に出るのは難しくなります。

近くに頼る人がいないと、どうしても、妻が専業主婦として、家事、育児をこなしていくことになってしまいます。

<専業主婦である理由>出産のために、やむなく退職をした

正社員で働いていても、中小企業、零細企業であれば、産後休暇や育児休暇を取りにくいのが実情でもあります。制度はあるけれども、今まで、だれも産休、育休を取ったことがなく、退職するのが慣例、という会社ですと、休暇を取る権利があるとはいえ、言い出しにくく、退職してしまうケースがあります。

また、マタニティハラスメントが起ることもあります。人件費を減らしたい経営者は、産休、育休を取らせて、継続して正社員として、雇用するよりも、派遣社員に変えたいがために、退職に追い込む、という悪質なケースもあります。

派遣社員の女性も、妊娠が分かると、契約先から契約終了を伝えられるケースが多く、出産後も元いた職場に戻れることは、ほぼないと言われています。育児休暇をとり、保育園を見つけた後、新しい派遣先を見つけることになりますが、小さな子供を抱えた派遣社員を雇う職場は少なく、よほどのスキルがないと仕事復帰は難しい、という現実があるようです。

産休、育休を利用できずに、退職を迫られてしまったり、専業主婦を選ばざるを得ない状況になってしまう女性がいます。

<専業主婦である理由>2人目の育児が大変すぎた

https://www.pakutaso.com/

子供が一人いても、毎日綱渡りのような生活をしながら、なんかとやってきた家庭がありますが、二人目ができると、「もう限界…」と感じてしまう女性がいます。そこで、専業主婦を選んでしまうことになります。

二人目の保育園が見つからない。兄弟別々の保育園になってしまい、送迎の負担が重い。家事、育児の分担を巡って、夫とケンカが絶えなくなってきた。仕事と家事、育児の両立に疲れてしまった。家族の数だけ、いろいろな理由があるでしょう。

一旦、仕事を辞めて、しばらくは、家事や子育てに専念したほうが、幸せ。そう考える女性もいます。

タイトルとURLをコピーしました