スポンサーリンク

おひとりさまで生きると決めたあなたへ。老後資金の考え方と作り方

スポンサーリンク

おひとりさまを選んだけど老後の資金が不安すぎませんか?

https://www.pexels.com/

結婚せずに独身を選んだ人、チャンスや出会いがなくて惜しくも婚期を逃した人、最近は男性も女性も晩婚型の人が増えています。日頃は仕事や趣味に忙しく、特に改めて考えることもない「おひとりさま」な自分。しかし、「このままずっと独身?」とふと思うとき、急に不安になることがあるものです。特に老後資金についての話は切実です。

テレビで「老後の資金は2000万円以上は必要」「いやそれでは足りない、もっと必要」などと議論しているのを見たときの絶望感といったらありません。「まだ全然貯金なんてできてないのに、このままだと自分の老後はどうなっちゃうんだろう」と底なしの不安に飲み込まれている人も多いのではないでしょうか。

「自分自身の老後は誰が見てくれるんだろう、下手すると孤独死かな?」などというリアルな不安も頭をよぎります。

おひとりさまは親の老後も心配。介護や相続等資金の不安も

https://www.pexels.com/ja-jp/

一人っ子、または長女や長男だったりすると実家の親の介護の不安も出て来ます。しっかりと相続関係や、親が万が一のときの預金などの資金の話をしっかりとノートに書いていてくれれば良いのですが、親との別れは突然来たりするものです。著者も親が突然亡くなってしまい、実家のどこに何があるのかもわからず途方に暮れた経験があります。

こういったときのために兄弟姉妹がいる場合は、誰かが親と一緒にいてくれると助かるのですが、そうもいきません。親の資金管理を把握しておかなかったことで、相続関係や、葬儀費用、葬儀の段取りや残された親の介護など、それにかかるあらゆる資金と煩雑な手続きで押しつぶされそうになりました。

https://www.pexels.com/ja-jp/

特にどのようなサービスにしても、セット買いして業者におまかせにするのはラクですがその中身をよく吟味することは必要だと感じます。必要なものと必要ではないものをしっかり見極めないと思いの外無駄な出費がかさむのです。

そういったことも含めて、できれば親御さんが元気なうちに相続や預金管理のことなどを日頃から話し合っておくと、いざというときに慌てずに済むかもしれません。おひとりさまは、自分の老後の前に親の老後問題にも直面する時期が来ることだけは、覚悟しておくべきかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました